カードローンの返済が苦しいなら借り換えで負担を減らすしかない

カードローンの返済が苦しいなら借り換えで負担を減らすしかない

来店不要でお金が借りられるカードローンは、便利だからと利用に慣れてしまうと余計な借り入れを重ねがちです。

 

気が付いたときには大きな借金総額になっていた、というケースも決して少ないわけではありません。

 

借金が増えて苦しいからとカードローンの返済が遅れるようだと大きな問題となってしまうので、早い段階で借り換えを考えるなどして、苦しい返済を軽くできるようにしてみましょう。

 

金利が下がれば返済は楽になりやすい

金利が下がれば返済は楽になりやすい
カードローンの月々の返済はそれまでかかっている利息と、借りている金額の一部を支払う形となります。

 

かかる利息が少なくなれば同じ入金額でも借りている金額への返済額が多くなるため、利息を減らすことができればカードローンの苦しい返済はいくらか楽にはなります。

 

利息は金利と借りている金額、そして期間によってかかり、毎月の返済に対して借りている金額や期間を少なく短くするのは現実的ではないため、利息を減らすとなると金利を下げるしかありません。

 

金利はそう簡単には下がらない

ただ、金利による利息はカードローンを提供する会社やサービスの収益源となり、そうそう簡単に下げてくれるものではありません。

 

そこで考えてみたいのが、今借りているカードローンよりも低い金利で借りられるところへの借り換えです。

 

今の金利よりも低いところへ借り換えることができれば、実質的に金利を引き下げたことになり、今後の返済にかかる利息を大幅に減らすことができるようにもなるのです。

 

上限金利で借りている場合は特に借り換えを考えたい

消費者金融のカードローンで少額を借りている場合は特にそうですが、金利は貸し付け条件で定められている上限となっていることが多いです。

 

例えば消費者金融大手のプロミスなら実質年率17.8%、アイフルなら実質年率18.0%といったように、それぞれ下限と上限では大きな幅が持たれているものの、初めての借り入れで少額の限度額となっている場合には上限が適用されることが多くなってしまいます。

 

上限金利であっても一昔前のグレーゾーン金利時代に比べればマシとは言え、それでも多くの利息を支払うことにはなってしまうので、高い上限金利で借りている場合には、借り換えを考えてみても良いかもしれません。

 

借り換え先はしっかりと考える

借り換え先はしっかりと考える
苦しい返済を軽くするための借り換えも、借り換え先はしっかりと選ぶようにしないとあまり意味がありません。

 

18.0%の金利で借りているなら15.0%以下程度の金利で借りられる見込みがあるところを選ばないと、借り換えをしたところで大した金利差が生まれず、苦しい返済から抜け出すこともできません。

 

同じ金利に借り換えることは手間がかかるだけで返済負担の面での意味はなく、借り換えの目的は返済を軽くすることであるため、この点はしっかりと考えながら選ぶようにしてください。

 

借り換え先として候補にあがる銀行カードローン

低金利となると銀行のカードローンが候補に挙がりますが、問題となるのは審査に通るかどうかです。

 

銀行カードローンは条件に優れる分だけ審査が厳しく、借り換えとして使いたいとしても肝心の審査に通らない、お金が借りられないといった結果ともなりかねません。

 

借り換え先を選ぶにあたってはまず金利が第一ではありますが、次いで審査の基準も考えなければならないのです。

 

消費者金融系でもおすすめはある

銀行のカードローンは金利が魅力でも審査基準で引っかかることがあり、その場合に考えてみたいのが、消費者金融系での借り換え先として人気が高いSMBCモビットです。

 

金利は実質年率3.0%~18.0%とアイフルと変わりませんが、借り換え目的での申し込みであれば金利は考慮される可能性があるため、今の苦しい返済から多少は軽くなる期待が持てます。

 

SMBCモビットには借り換えやおまとめ専用のローンがあるわけではないので、借り換え利用としても申し込みは通常通りであり、目的を借り換えとするだけで余計な手間がかからないのも一つのメリットと言えます。

 

グレーゾーン金利時代から借り換え先として人気

多くの消費者金融が出資法と利息制限法の間のグレーゾーン金利で貸し付けを行っていた時代においても、SMBCモビットは金利上限を今と同じ水準としていました。

 

金利負担の軽減という考え方から、今回の改正により、平成22年6月18日以降、出資法の上限金利が20%に引き下げられ、グレーゾーン金利が撤廃されます。これによって、上限金利は利息制限法の水準(貸付額に応じ15%~20%)となります。

 

貸金業法のキホン:金融庁

 

高いところでは上限で29.2%の金利としていた時代でさえSMBCモビットは18.0%としていたこともあり、借り換え先としての人気が高く、その流れは今も続いていると言えます。

 

現在ではグレーゾーン金利がなくなり、大手消費者金融では上限金利は18.0%となっていますが、それでもSMBCモビットは借り換え先としての人気が高いのはこのためです。

 

借り換え以外の選択肢

借り換え以外の選択肢
毎月の返済金額が大きくてカードローンの返済が苦しい場合は、借り換えを使わなくても返済金額の変更で毎月のお金のやりくりに余裕が生まれる可能性もあります。

 

既に最低金額での返済になっているとどうにもなりませんが、完済までの返済期間が延びてしまうとしても、毎月の返済金額が少なくできれば月々の支払いはそこまで苦しくはなりません。

 

借り入れ先によっては会員専用ページから行えたり、またはコールセンターや店舗等での相談によって毎月の返済金額の変更が行えるようになっているので、借り換えまではしたくないと考える方は、一度借り入れ先に相談をしてみると良いでしょう。

 

余裕のある返済で無理なく使う

カードローンはその便利さ故に、どうしても借りることばかりを考えて利用をしてしまいがちです。

 

しかし、お金を借りるのであれば、しっかりと返済も考えて借りなければならず、できることなら借りる時点で返済が苦しいような借り入れになっていないかをしっかりと確認をする必要があります。

 

無理のない返済計画で利用をすればカードローンは便利で暮らしに役立つ良いサービスとなるので、緊急でお金が必要になったときなど、カードローンでお金を借りるなら返済で苦しくならないような適度な借り入れに留めるようにしてください。

 

多重債務にも気を付けたい

カードローンやキャッシングは借り入れ先が増えると返済の負担が非常に大きくなります。

 

いわゆる多重債務(参考:多重債務に陥らないために|一般社団法人 全国銀行協会)の状態になると毎月の最低返済金額を回すだけで精一杯になってしまい、借り換えを考える余裕も、毎月の返済金額を増やす余裕もなくなります。

 

そうなってしまってからではどうにもならないので、なるべく余計な借り入れは重ねないようにして、必要最低限のカードローン、キャッシング利用に留めることも重要です。

人気カードローン一覧
プロミス
プロミスの特徴

プロミスなら近くのコンビニにある提携ATMでも、対応する金融機関宛の24時間の振り込み融資も可能となっているため、バレずにすぐにお金を借りたい方に特に人気です。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短25分
融資時間 最短25分
SMBCモビット
SMBCモビットの特徴

Web完結申し込みなら電話も郵送物もなく、バレにくい契約ができるようになっています。借り換えやおまとめとしての利用も可能となっており、他社での返済負担が重いと感じている方の借り換え先にも人気です。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日

申し込み内容や時間によってはご希望に添えない場合があります。
借り換えやおまとめの専用ローンはありませんが、カードローンで借りたお金で利用が可能です。

アイフル
アイフルの特徴

申し込み時の勤務先への電話確認を原則として行っていないため、会社にバレるのは困るという方に特に人気です。契約後は近くの提携コンビニATMでも借り入れが可能で、もちろん土日も対応をしています。
※ 申し込み内容によっては確認が入る場合があります。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 最短25分※
融資時間 最短25分※

※最短25分はWeb申し込みの場合

アコム
アコムの特徴

アコムは申し込み時の在籍確認なしとなっているため、会社にバレたくない方におすすめです。カードレス契約で自宅宛の郵送物もなく、会社にも家族にもバレずに最短30分での借り入れが可能となっています。
※ 申し込み内容によっては確認が入ることがあります。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
申し込み時の年齢が18歳、19歳の場合は収入証明書類の提出が必須となります。