カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

カードローンの利息ははっきり言って高いです。

 

住宅ローンなどと比べるまでもなく高く、借りすぎてしまえば利息負担によって返済が苦しくなるのは目に見えています。

 

しっかりと考えて使わないと、カードローンの利息によって返済がうまく進まなくなる可能性もあります。

 

利息は払いすぎることはない

一昔前まではグレーゾーン金利があったことにより、利息を払いすぎてしまうこともありました。

 

「過払い金」がそれで、払いすぎた利息があれば貸金業者に過払い金請求ができます。

 

しかし、現在はグレーゾーン金利がなくなったことで、いくらカードローンの利息が高いとは言っても払いすぎることはありません。

 

利息が高いとは言ってもしっかりと法律で決められた範囲内とはなっているので、利息が高いからと言って利息を払わないというわけにもいかないのです。

高く付く利息はしっかりと計算をする

カードローンの利息計算は、じつは簡単にできます。

 

以下の計算式に当てはめるだけでかかる利息が算出できるので、カードローンでお金を借りるといくらの利息がかかるのかは、実際に掲載をしてみると良いでしょう。

 

利息=借り入れ金額×金利(実質年率)÷365×借り入れ日数

 

いくつかの例を挙げてみます。

 

10万円を17.8%の金利で10日間借りた場合

10万円×0.178(17.8%)÷365×10(日間)

 

これを計算すると487、つまり10万円を17.8%の金利や実質年率で10日間借りた場合の利息は487円ということです。

 

30万円を15.0%の金利で30日間借りた場合

30万円×0.15(15.0%)÷365×30(日間)

 

この場合だと利息は3,698円となります。

 

決して安くはありません。

 

計算して分かるカードローンの高い利息

カードローンは返済時の明細や返済計画をしっかりと見ない限り、どれぐらいの利息がかかっているのかが分かりません。

 

せいぜい数百円程度だろうと思っていても、実際には多くの利息がかかっているものです。

 

利息を考慮して返済を進めないと、入金額のほとんどが利息で持っていかれてしまい、元金分への返済があまりされていないといった状況にもなりがちです。

 

毎月返済額の多くは利息になっている

カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

 

借り入れ金額ごとに決められている場合が多い毎月返済額は、多くは利息分の支払いになっています。

 

例えばプロミスの場合。

 

10万円を借りた際の毎月返済額は4,000円となっていますが、上限である17.8%の実質年率で30日間借りていた場合は、1,463円もの利息が発生しています。

 

4,000円の返済金額に対して1,463円の利息となると、元金分への返済にあたるのは2,537円です。

 

4,000円ずつ元金が減っていくわけではないので、入金額ほど元金分への返済が進まないのがカードローンの罠とも言えます。

 

毎月に無駄な利息ばかりを払ってしまう

利息のことを知らずに返済を進めると、毎月に無駄な利息ばかりを支払ってしまうことになります。

 

特に気を付けておきたいのは毎月返済額で、多くのカードローンでは余裕を持たせるために少しずつでの返済ができるようになっていますが、この通りの返済では利息総額が膨らみすぎます。

 

お金がないときにはどうにもならないのですが、少しでも余裕があるなら、毎月返済額に上乗せをして返済をするなどして元金を積極的に減らすようにしてらすようにしてください。

 

追加入金分は元金への返済にあてられる

毎月返済額は最低額であればそれまでの利息と、残りが元金分への返済となります。

 

しかし、追加で上乗せをして入金をした分に関しては丸々元金分への返済となるため、多く入金をすればするほど元金が減ります。

 

4,000円の返済時

利息が1,463円で元金分への返済は2,537円

 

4,000円+1,000円で5,000円の返済時

利息は1,463円で変わらず、元金分への返済は2,537円から追加入金分の1,000円が上乗せされて3,537円

 

少しでも追加で入金をしておくことで、元金の返済がより進みやすくなります。

 

元金が減れば上に挙げた計算式の借り入れ金額の部分が少なくなるので、翌月以降にかかる利息が減っていくのです。

 

最低額だけの返済はしないようにしたい

カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

 

カードローンは毎月に少しずつの返済で借りられるようにはなっています。

 

毎月に多くの返済ができない方でも、「これぐらいの返済なら借りられる」と思ってしまうものですが、最低額だけを見るのはやめたほうが良いです。

 

最低額だけの返済では完済までに借り入れ金額によって3年や5年、あるいはそれ以上の期間がかかります。

 

そこまでの長い期間を借りてしまうと、最終的に支払う利息総額もどうしても膨れ上がってしまうのです。

 

毎月に返済を上乗せできる範囲で借りる

理想は、毎月の返済額が上乗せできる範囲で借りることです。

 

毎月に10,000円ずつの返済までいけるなら、最低返済額が6,000円や8,000円程度までの借り入れに留めておくと良いです。

 

どこで借りるかによっても変わりますが、大体は20万円程度の借り入れとなるでしょう。

 

最低返済額が6,000円なら4,000円も追加ができることになるので、完済までにかかる期間が大幅に短くなり、最終的に支払う利息も少なくなります。

返済に余裕を持っておけば困ることも少ない

ギリギリの返済金額で借りてしまうと、出費が重なったときなどにお金が足りなくなる可能性があります。

 

お金が足りずに延滞となると遅延損害金がかかる、信用情報に問題が生じる、限度額の増額ができなくなるなどデメリットだらけです。

 

なるべく余裕を持っておけば、多少はキツくても最低額だけの返済でとりあえずはやり過ごすことができるようにもなります。

 

カードローンの利息を減らすためにも、延滞をしないためにも、お金を借りるにあたっては余裕のある返済金額の範囲としておくことが大切です。