みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?借りたいけど審査に通るか不安

みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?借りたいけど審査に通るか不安

カードローンの中でも信頼性が高く感じられるのが、銀行で借りるカードローンです。

 

銀行の中でも誰もが知るメガバンクであればさらに信頼ができるものですが、メガバンクのカードローンで気になるのは審査の厳しさです。

 

メガバンクのうちの一つ、みずほ銀行カードローンでも審査が厳しいのかどうか、審査に通るか不安と感じている方も少なくないので、みずほ銀行カードローンの審査について考えてみます。

 

カードローンの金利と審査の関係

 

カードローンの基本として、金利が低くなればなるほどに審査が厳しくなるということがあります。

 

ここで言う金利とは下限金利ではなく、貸付条件にある上限金利を指します。

 

みずほ銀行カードローンは金利が年2.0%~14.0%となり、上限でも年14.0%は一般的には低金利とされるカードローンに分類されます。

 

消費者金融と比べてみると明らかで、以下の表はTVCMでもお馴染みの大手消費者金融と金利を比べたものです。

 

みずほ銀行カードローンは金利(年)、消費者金融は実質年率となりますが、基本的な金利としての捉え方に違いはないので細かく気にする必要はありません。

 

カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

 

みずほ銀行カードローンは上限金利が年14.0%に対して、消費者金融は上限が実質年率17.8%~18.0%です。

 

その差は4%ほどとなり、この金利差の分だけ審査基準は厳しくなっています。

 

簡単に借りられるカードローンではない

みずほ銀行カードローンは、他の銀行カードローンと比べても上限金利では優れた水準です。

 

以下は3大メガバンクに加え、主要地方銀行やネット銀行も含めた銀行カードローンの金利一覧ですが、ざっと見ればみずほ銀行カードローンの上限金利が優れていることがすぐに分かります。

 

カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三菱UFJ銀行バンクイック 年1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 年1.5%~14.5%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5%
PayPay銀行カードローン 年1.59%~18.0%
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8%
横浜銀行カードローン 年1.5%~14.6%
福岡銀行カードローン 年3.0%~14.5%

 

銀行カードローンといっても、大体は上限金利は年14.5%前後です。

 

PayPay銀行やオリックス銀行は上限金利で見れば消費者金融と変わりがなく、みずほ銀行カードローンの上限金利が優れているのが分かります。

 

これだけ優れた金利になっていれば、他銀行よりも審査が厳しいとなるのも当然で、そう簡単に審査に通るカードローンではないというわけです。

 

審査に通るためにはある程度の高い水準での安定した収入が求められることになり、余計な他社借り入れがないことも条件となり得ます。

 

みずほ銀行カードローンの申し込み条件、利用条件には記載はありませんが、実際に借りるとなると、やはりそういった条件は求められることになるのです。

 

申し込みができるのと借りられるのとでは話が変わってくる

 

みずほ銀行カードローンに限らず、どのカードローンでも公式サイト上に利用条件の記載があります。

 

みずほ銀行の場合には、

  • 契約時の年齢が満20歳以上66歳未満
  • 安定した収入がある方
  • 保証会社の保証が受けられる方

が利用条件となります。

 

年収や勤続年数、雇用形態の制限はないので多く方が申し込みができますが、申し込みをした多くの方が審査に通るかとなると難しいです。

 

特にアルバイトやパートの方、就職や転職したての方などは、申し込みをするだけなら問題はありませんが、審査通過の面ではどうしても問題が出てきてしまいます。

 

収入が安定していてもそこまで多くはない方、他社での借り入れが多い方も同様に、申し込みはできますが審査に通るかとなるとどうしても難しくなってしまうのです。

 

審査が厳しいみずほ銀行カードローン

みずほ銀行に限らず、銀行のカードローンは審査が厳しいです。

 

消費者金融と比べても明らかに審査通過率は低くなっており、申し込みをしても無駄に終わってしまう可能性も高くなります。

 

特に審査に通るか不安に感じている方、審査に自信がない方は、みずほ銀行カードローンに申し込みをしても、希望通りに借りるのは難しくなる可能性が高いです。

 

審査落ちでもすぐに連絡が来れば他のカードローンを選べば良いですが、みずほ銀行カードローンは審査回答の時間を要することがあるのも厄介な点となってしまいます。

 

なるべく早くに借りたい、審査結果が知りたいのに、申し込みから数営業日経ってから審査落ちの連絡がきたのでは遅いのです。

 

それなら自身に合った、希望内容に一致するカードローンを選ぶべきで、まずは審査に通るかどうか、自分自身の状況で借りられるかどうかを基準にして、多くのカードローンから決めると良いでしょう。

 

審査が不安なら消費者金融

 

消費者金融だからといって誰でも借りられるわけではありませんが、少なくとも、アルバイトやパートの方、収入がそこまで多くはない方なら、みずほ銀行よりは借りられる可能性は高くなります。

 

また、年齢も重要です。

 

みずほ銀行カードローンは満20歳以上を利用条件としていますが、あまりにも若い世代の方では審査に通りにくく、30代前半までの方は審査落ちとなることも多くなってしまいます。

 

そのため、

  • 収入がそこまで高くない方
  • 30代前半までの若い世代の方
  • 勤続年数が短い方
  • 少しの他社借り入れがある方

などは、お金を借りるという最も大きな目的を達成するためにも、みずほ銀行カードローンよりも消費者金融を選んだほうが良い場合が多くなります。

 

消費者金融なら最短で申し込み当日に借りられる強みもあり、すぐにお金が必要なときには、みずほ銀行カードローンでは対応ができない即日融資でも利用も可能としているのも良い点です。

 

手間と時間がかかるみずほ銀行カードローン

審査とはまた違った話にはなりますが、みずほ銀行カードローンは契約までに手間と時間がかかります。

 

みずほ銀行の普通預金口座とキャッシュカードがあればいくらか手続きが進めやすいですが、口座とキャッシュカードがない場合には、通帳を発行しない「みずほe-口座」の開設手続きも必要となります。

 

消費者金融のようにカードローンの手続きだけで借りられるわけではなく、さらにみずほ銀行カードローンでは審査を保証会社も行うため、審査時間も長くかかるデメリットがあります。

 

みずほ銀行カードローンの保証会社は株式会社オリエントコーポレーションとなっており、両社の審査に通らないことにはカードローンの利用ができません。

 

そういった点も審査を厳しくしている部分でもあるので、審査に通るか少しでも不安に感じる方、すぐに借りたい方、なるべく手間なく契約まで完結させたいという方は、日本全国来店不要でWeb契約が可能な消費者金融を選んでおいたほうが良いかもしれません。