今すぐにお金が欲しいときはどうする?本当にどうしてもお金が欲しい

今すぐにお金が欲しいときはどうする?本当にどうしてもお金が欲しい

お金は誰もが欲しいものですが、緊急でどうしてもお金が欲しい、現金が必要といった状況となると話は変わります。

 

何となく「お金がほしいな~」と感じるのとはワケが違うので、どうしてもお金が欲しいならお金を調達する方法を考えてみるしかありません。

 

正直、手っ取り早いのはお金を借りることですが、一応はそれ以外にもお金を手にできる方法はあります。

 

いつもより長くなってしまったので覚悟して読んでください。

 

今すぐにお金が欲しいなら借りるのが早い

1秒でも無駄にしたくないぐらいにすぐにでもお金が欲しい方のために、最も早くにお金が手にできる方法から書いておきます。

  • プロミスにWebで申し込み
  • 審査でOKならWeb契約
  • 対応口座宛の振り込みで借り入れ

これが最速です。

 

1~3までの所要時間は最短で1時間、平日も土日も曜日を問わずにいけます。

 

振り込みで借りる場合ならカードが届く前、発行される前でも借りられ、さらにプロミスなら対応する金融機関宛で原則24時間最短10秒での振り込みも可能としてくれます。

 

口座の登録は21時までに行う必要はありますが、口座登録さえ済ませておけばすぐに借りられるのがプロミスです。

 

セブン銀行ATMが近くにあるならそれも良い

近くにセブン銀行ATMがあるなら、振り込みでなくてもすぐにお金を手にできます。

 

プロミスはセブン銀行ATMを使う場合なら、カードがなくてもスマホとATMの画面上の操作でお金が借りられるようになっています。

 

「アプリローン」というもので、これが使える環境にあるなら、銀行振り込みでなくても契約後は近くのセブン銀行ですぐにお金が借りられます。

 

振り込みで借りるか、セブン銀行ATMで借りるかは好きなほうを選んでください。

 

なぜ銀行やアコムやアイフルではなくプロミスなのか

お金を借りる前提での話ばかりになってしまっていますが、どうせならなぜプロミスなのかについても説明します。

 

今すぐお金は欲しいけどお金を借りるつもりはない、という方は読み飛ばしてください。

 

審査時間や融資時間という部分だけで見ると、じつはプロミスもアコムもアイフルも違いはありません。

 

いずれの借り入れ先においても

  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短30分

となっています。

 

実質年率の下限と限度額上限に意味はない

こんな書き方をするのも少し乱暴ですが、実質年率の下限と限度額の上限にはハッキリ言って何の意味もありません。

 

実質年率の下限、プロミスなら4.5%、アコムとアイフルなら3.0%。

 

消費者金融でそんな実質年率で借りるのは現実的ではない、というか不可能とまで言ってもいいぐらいです。

 

限度額の上限にしても同じです。

 

消費者金融での借り入れは年収の3分の1までに制限がされる総量規制があるため、仮に限度額上限の500万円や800万円を借りるとするなら、

  • 500万円の借り入れ:年収1,500万円以上
  • 800万円の借り入れ:年収2,400万円以上

が必要となるわけです。

 

年収1,000万円を超える人でもカードローンでお金を借りてはいますが、それでも500万円も800万円も枠を持っている人は見かけません。

 

借りられても数十万円、増額を繰り返して限度額が増えても、せいぜい100万円前後といったところです。

 

現実的に適用されることのない実質年率の下限や、借りられもしない金額の最大限度額で比較をして優れているというのは、何の意味もないことなのです。

 

条件が変わらないならサービス内容で優れるところが強い

プロミスもアコムもアイフルも借り入れは最短30分となりますが、借り方に違いがあります。

 

例えば銀行振り込み。

 

プロミスは契約後、対応する金融機関宛で原則24時間最短10秒での振り込みを可能としているのに対し、アコムは振り込み時間はある程度拡大はしているものの、24時間対応は楽天銀行宛だけです。

 

借りる以外の選択肢でお金を調達するなら

今すぐにお金が欲しいときはどうする?本当にどうしてもお金が欲しい

 

お金を借りる話が長くなってしまいましたが、カードローンで借りる以外にお金を調達するなら以下のような方法が考えられます。

  • 家族や友人など誰かに借りる
  • 質屋を利用する
  • お金になりそうな物品を売る
  • 日払い即金アルバイトをする

怪しいビジネスや法に触れそうなものを除くとこんなもんでしょうか。

 

誰かに借りるのはできれば避けたい

この中でできれば避けたいというか、たぶん選ぶ人も少ないのが「誰かにお金を借りる」というものです。

 

家族や友人にお金を貸してくれとは頼みづらく、借りられたとしてもその後の人間関係がぎくしゃくする可能性も大いにあります。

 

もし借りた後に返済が約束通りにできなかったりしたら、それはもう完全に終わり。

 

まさに「金の切れ目が縁の切れ目」です。

 

利息などは付けないでいいよと言ってくれることが多いとは思いますが、まぁおすすめはできません。

 

物品を利用してお金を調達する

お金はないけどお金になりそうな物品を持っているなら、質屋に持っていって質草にする、または買取店やインターネットオークションなどで売るというのも、お金が手にできる方法です。

 

ただ、これはかなりのハードルの高さです。

 

例えば質屋で5万円だけ貸してもらうとしても、質草として必要なものは概ね6万円~7万円程度の商品価値が必要になるようです。

 

そんな高価な物品があるかどうかという問題

買取店に出すとしても同様に、当然ながら欲しい金額分の価値がある物品を持っていなければいけません。

 

1万円だけ欲しいとかなら物品をかき集めて質屋や買取店に出せば何とかなるかもしれませんが、5万円や10万円が欲しいとなって質屋に行く、買取店に行くというのも難しいです。

 

そんな高価なもの、最新スマホ以外にありますか。

 

最新のiPhoneとか新型スマホなら質草としての価値は十分にあるのですが、スマホを預けてしまったらどうにもなりません。

 

というわけで、質屋や買取店というのもなかなか難しいです。

 

「質屋で10万円を借りようとしたらどんな質草が必要なのか」を調べてみたところ、須賀質屋という質屋のサイトに書かれていたものを参考にするなら、新品価格で100万円を超えるようなブランドバッグや時計などが並んでいます。
それでも状態などによっては10万円の値が付かないこともあるそうで、やはり質屋や買取店というのはなかなかのハードルの高さです。

 

借りて日払いで稼いで返済もありかもしれない

今すぐにお金が欲しいけど日払いで働く時間までは取れない、間に合わないなら、まずはお金を借りてから日払いで稼いで返済をするというのもありです。

 

カードローンなら借りてから返済までにはある程度の期間があるので、その間で行けるときにスポット派遣に行けば返済に困ることもありません。

 

もちろん副業が問題ないか確認をして、本業に支障が出ない程度でとはなります。。

 

この方法であれば今すぐ欲しいお金を調達しつつ、ネックになる返済も日払いで稼いだお金でカバーできるようになります。

 

ただ、現在では日雇いのスポット派遣も条件が厳しくなり、以前のように多くの仕事があるわけでもないので、時期によっては仕事は入らないこともあります。

 

そういった面も考えつつ、どのようにお金を調達するか考えるようにしてください。