プロミスの審査に落ちたらもう二度とプロミスでは借りられないのか

プロミスの審査に落ちたらもう二度とプロミスでは借りられないのか

プロミスでお金を借りるためには、当然ながら審査が必要となります。

 

申し込みをすれば誰でも借りられるといったものではないので、審査に通らないとプロミスではお金は借りられません。

 

審査落ちとなるとその時点ではプロミスからはお金が借りられないということになってしまいますが、今後もプロミスで借りられないかと言えばそうでもありません。

 

もちろん状況等にもよるので二度とプロミスで借りられないといったケースもないわけではないのですが、単なる審査落ちであれば、期間を空ければプロミスで借りられる可能性はあります。

 

プロミスでの審査落ちの理由による

プロミスの審査に落ちても今後にプロミスで借りられる可能性があるかないかは、審査落ちとなってしまった理由による部分が大きいです。

 

審査可否に問わずにプロミスでは理由は教えてはくれませんが、それでも審査に落ちてしまう理由というものはある程度であれば推測はできます。

 

例えば借り入れが多い方なら

  • 年収の3分の1の借り入れの総量規制
  • 借り入れの件数が多すぎる

などが代表的な審査落ちの理由となります。

 

これらが原因となったと思われる審査落ちであれば、借り入れの状況が改善されればプロミスで借りられる可能性はあります。

 

しかし、今現在の借り入れの状況ではなく、過去のトラブルなどが原因となったと思われる審査落ちの場合には、今後のプロミスでの借り入れは難しいかもしれません。

 

プロミスでトラブルを起こしていると難しい

過去にプロミスで大きな返済の遅れや、プロミスで借りていたお金を債務整理で片付けてしまった場合などは、今後のプロミスでの借り入れは難しくなる可能性があります。

 

返済の大きな遅れなどによるトラブルは信用情報機関に「異動」としてネガティブな情報が記録されますが、対象となる債務を完済すれば、一定の期間を超えない範囲で情報が消えるようになっています。

 

異動とは

 

・返済日より61日以上または3ヵ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
・返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
・裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

 

出典:指定信用情報機関のCIC

 

しかし、各社各サービスで独自に保有する情報に関しては、特に期限は決められていません。

 

例えばプロミスでの借り入れを債務整理し、3年後に完済をしてそこから5年が経って信用情報機関に記録がされている情報が消えたとしても、プロミス側ではいつまでも債務整理をした顧客という情報が残っている可能性があります。

 

この情報がある限りはプロミスで審査に通るのは難しくなってしまうので、過去のトラブルによる審査落ちの場合には、二度とプロミスでは借りられないかもしれません。

 

プロミスで審査に落ちても他社ならOKの場合も

大手消費者金融となるプロミスで審査落ちとなると、大手ではもどこも借りられないと感じてしまうかもしれません。

 

しかし、実際には他の大手消費者金融なら、プロミスで審査に落ちていても借りられる可能性はあります。

 

消費者金融で借りる以上は総量規制の影響を受け、年収に対する一定以上の借り入れができないのは共通をしていますが、それ以外の審査基準については各社各サービスで異なります。

 

プロミスで審査に落ちてプロミスでは二度と借りられないとしても、アコムやアイフルなどの他大手消費者金融なら、審査に通ってお金が借りられることも珍しくありません。

 

他社なら信用情報を見るだけ

過去に何らかのトラブルを起こしてしまっているとしても、他社では審査の際に確認をするのはプロミス側で保有する情報ではなく、あくまで信用情報機関に記録がされている情報です。

 

ネガティブな情報、いわゆるブラックの情報とされる「異動」が信用情報機関に記録がされている間はプロミスでも他社でも審査通過は難しいですが、情報が消えた後なら他社なら異動があったかどうかは分かりません。

 

異動情報がある間に申し込みをしてしまうと、他社にも余計なネガティブな情報を渡してしまいますが、情報が消えてからであれば異動があったかどうかは分からないので、プロミスで審査に落ちていても借りられる可能性はあるのです。

 

プロミスの審査に落ちないためには

プロミスの審査に落ちたらもう二度とプロミスでは借りられないのか

 

審査の攻略法やコツなどといったものは存在しませんが、プロミスでの審査を不利にしないことで、審査落ちのリスクを下げることはできるかもしれません。

 

これはプロミスだけに限らずカードローンやキャッシングの申し込み全般に言えるのですが、以下それぞれの内容をしっかりと確認して申し込みを行うことで、審査で不利にはなりにくくなります。

  • 情報は嘘なくミスなく正しく入力する
  • 他社との多重申し込みはしない

 

嘘なくミスなく申し込みを進める

カードローンやキャッシングの審査は虚偽内容で通るほど簡単ではないので、申し込み内容で嘘を付くのは論外です。

 

嘘を付いたつもりはなくても、ミスによって虚偽内容の申し込みやいたずらとして扱われてしまう可能性もあるので、しっかりと確認をしながら申し込みを進めるのも重要です。

 

申し込みは1社に絞って審査を受ける

審査に通るかは申し込みをしてみないと分からないため、複数のカードローンやキャッシングに立て続けに申し込みをしてしまう方もいます。

 

たしかに審査結果を受け取ってみないと借りられるかは分かりませんが、多重申し込みはどの消費者金融でも銀行でも嫌うため、審査落ちの大きな原因となってしまいます。

 

余計な審査落ちの原因を作らないためにも、申し込みは1社に絞る必要があります。

 

審査に落ちても諦めることはない

できることならプロミスの審査に落ちずにお金を借りたいものです。

 

しかし、総量規制がある今となっては、申し込みをしても審査に通らない、審査に落ちてしまう方も多いのも事実です。

 

審査に落ちてしまうともうどこからも借りられないのかと思ってしまうかもしれませんが、プロミスで審査に落ちてしまったとしても、借り入れ自体を諦める必要はありません。

 

他の大手消費者金融でも借りられる可能性はまだまだあるので、収入や借り入れの状況に問題がないのであれば、プロミスで審査に落ちてしまったとしても他社での借り入れを考えてみると良いでしょう。