プロミスは土日でも申し込みも融資もオペレーター対応も可能

プロミスは土日でも申し込みも融資もオペレーター対応も可能

プロミスは土日でも平日同様のサービスが受けられる部分が多いです。

 

すべてにおいて平日と同じというわけではありませんが、利用における大きな部分に関しては土日でも対応可能です。

 

恐らく最も気になる方が多い「土日でも借りられるか」という点については、問題なく可能です。

 

土日でも申し込みも契約も行える

プロミスなら土日でもネットや契約機、電話での申し込みが行えます。

 

申し込みが行えるだけなく審査回答もその日のうちに受けとることが可能で、プロミスの審査回答時間である9時~21時までの間の申し込みなら、最短30分での審査回答となります。

 

プロミスでは土日だからといって申し込みができても当日中に審査が行われない、ということはありません。

 

土日でもその日のうちに借りられる

申し込みや審査ができるだけでなく、プロミスなら土日でもその日のうちにお金が借りられます。

 

土日に借りる方法も様々で、

  • プロミスATMで借り入れ
  • コンビニなどの提携ATMで借り入れ
  • 銀行振り込みで借り入れ

と、土日だからといって使い方が限られることもありません。

 

プロミスなら土日の振り込みも可能

全国の対応する金融機関の口座をお持ちの方であれば、土日でも契約後は24時間振り込みが可能です。

 

プロミスで契約後、会員専用メニューから口座の登録と振り込みを行うだけで、土日でも夜間でもすぐに振り込まれます。

 

土日は振り込みができない、というのは昔の話です。

 

一部提携ATMならカードがなくても借りられる

プロミスのアプリローンを使う借り入れなら、カードがなくても一部の提携ATMでお金が借りられます。

 

アプリローンについては以下の記事にまとめているのでここでの説明は省きますが、プロミスならWeb契約後、カードを受け取らなくても借り入れが可能です。

 

銀行振り込みと一部提携ATMでの借り入れ、返済しか行わないなら、プロミスではカードが不要のカードローンとなるわけです。

 

もしカード自体がいらない、いちいち発行して郵送しなくてもいいと考えるなら、カードレスでの契約ができるのもプロミスの大きな特徴の一つです。

 

土日でもオペレーターは対応してくれる

プロミスのオペレーターは土日でも仕事をしています。

 

電話をかければ対応をしてくれるので、プロミスでお金を借りてみたいけどよく分からないところがあるなぁって方は、問い合わせれば土日でもしっかりと対応をしてくれます。

 

お金が必要になるのは何も平日に限らないので、土日でも対応をしてくれるのは助かります。

 

土日では不可となるプロミスのサービスもある

プロミスは土日でも申し込みも融資もオペレーター対応も可能

 

申し込みも審査も契約も借り入れも、そして問い合わせも土日でも対応ができるのであれば、プロミスを土日に使いたいとなっても困ることはありません。

 

ただ、だからといってすべてのプロミスのサービスが土日でも使える、というわけでもないのです。

 

一部で土日祝日は不可となるところもあるので、念のため確認をしておくと良いでしょう。

 

店舗窓口は土日祝日はお休み

プロミスは一部の地域に、有人店舗となるサービスプラザが設置されています。

 

Webでのサービスがこれだけ充実している今の時代、わざわざ店舗まで行くこともほとんどなくなりましたが、店舗は土日祝日はお休みとなるので注意が必要です。

 

返済の相談などで土日祝日に店舗に行きたいこともあるかもしれませんが、平日に行くしかありません。

 

契約コーナーは土日祝日でも営業をしている

有人の店舗ではなくブース内は無人となるプロミスの契約コーナーは、土日祝日でも多くの場所で平日同様に営業、稼働をしています。

 

契約機で申し込みから進めると手間がかかるのであまりおすすめはできませんが、以下のような手順で申し込みをするなら契約機は便利です。

 

空いた時間にWebで申し込み

審査OKなら近くの契約機へ

契約機でその場で契約手続き

カードの受け取りと借り入れ

 

この方法のメリットは、いくつかあります。

 

借り入れがバレたくない方、カードは発行してほしいけど郵送物をなくしたい方に特に適しています。

 

ざっとですが、メリットとついでにデメリットも挙げてみます。

 

契約機を使うメリット

  1. カードをその場で受け取れる
  2. 後日の郵送物がなくせる
  3. 併設のプロミスATMなら手数料無料

それぞれ簡単に説明すると、契約機でその場でカードを受け取るなら、Web契約後に郵送で受け取るよりも早くに手にできます。

 

今ではカードなしでも借りられる方法が増えたので、以前と比べるとプロミスのカードはなくても困りません。

 

それでも持っていればより便利に借りられるのは間違いないので、それが郵送なくその場ですぐに受け取れるのは大きなメリットです。

 

また、プロミスのカードはコンビニや金融機関の多くの提携ATMで利用ができますが、利用の際には提携ATM利用手数料がかかります。

 

利用金額 提携ATM利用手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

 

これがなかなかバカにならない負担となるので、手数料なく利用ができるプロミスATMが併設されている契約機は助かります。

 

場所によってはプロミスATMの営業情報、契約機自体の営業時間等が異なる場合があるので、利用前、来店前にはプロミス公式サイトで必ず最新情報を確認してください。

 

契約機を使うデメリット

  1. 来店をしなければならない
  2. 契約コーナーに出入りするとき周りの目
  3. どうしても緊張する

プロミスの契約機を使う上での一番のデメリットは、設置場所まで行かなければならない点です。

 

契約機は全国各地に設置がされているとはいえ、近くの場所に契約機が必ずあるとは限りません。

 

少し離れた場所にしかない場合もあり、そこまで行っても出入りするところを周囲に人に見られるのもできれば避けたいです。

 

また、契約機の中で手続きをするというのも、いくら無人とは言え何だか緊張もしてしまいます。

 

Webで申し込みをしておけば手続きは早くに進む

土日に限らず平日も含めてですが、プロミスの契約機で手続きをするなら、早くに終えてカードを受け取り、その場からさっさとと離れたいものです。

 

それなら、なおさら申し込みはWebで行っておかなければなりません。

 

仮に申し込みから契約機で進めたとすると、

 

契約機で申し込み用紙に各内容を記入

契約機で読み取って確認

審査に入りその場でじっと待つ

審査結果がOKなら確認など

契約と借り入れ

 

といった流れになります。

 

申し込み用紙に記入をするのもとにかく面倒な上に、さっさと離れたい契約コーナーの契約機の前で、審査の結果をじっと待たなければなりません。

 

通るか通らないか待っている間も気になってしまうものですが、それでも待ち続ける必要があります。

 

それでも審査に通れば良いですが、もし審査落ちとなってしまったら目も当てられません。

 

お金は借りられないのでその場から離れてむなしく帰るだけです。

 

それでも申し込みを契約機で行いますか?

 

契約機を使うならWeb申し込みが基本

これがWebでの申し込みからの契約機の利用なら、事前にWebで申し込みをしておくので契約機で進めるべき手続きが大幅に減ります。

 

申し込み、審査回答を待つという2大面倒なポイントがなくなるのがとにかくデカいです。

 

また、Webで申し込みをして審査結果がOKであることを確認してから契約機に行くので、審査落ちとなってしまっても、契約機に行く前に分かるというのも非常に良い点です。

 

プロミスなら土日もすぐに借りられる

何だか後半は契約機ばかりの話になってしまいましたが、プロミスはWeb契約でも契約機を使う手続きでも、土日も平日同様にすぐに借りられます。

 

審査回答も融資時間も最短30分というのも土日も共通しているので、週末にすぐにお金が必要になっても助かります。

 

だからといって無計画に借りるのはおすすめはできません。

 

いくら便利でもカードローンは借金であることには変わりはないので、しっかりとした計画を持ち、無理のない返済でお金を借りるようにしてください。