メガバンクのカードローンで借りるならどこが一番借りやすい?

メガバンクのカードローンで借りるならどこが一番借りやすい?

日本が誇る3大メガバンクの三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行は、それぞれ個人向けのカードローンサービスの提供も行っています。

 

カードローンと聞くと消費者金融のイメージが強いものですが、メガバンクでも地方銀行でもネット銀行でも、銀行で借りるカードローンも人気が高いです。

 

人気の高さの理由には金利面であったり、銀行という安心感、信頼感があったりと様々な理由がありますが、その中でも特に信頼ができると感じる方が多いメガバンクのカードローンについて、金利なども含めて比較をしていきます。

 

メガバンクのカードローンを金利で比較

 

メガバンクのカードローンは、銀行によってそれぞれ以下のサービスとなっています。

 

銀行 カードローン
三菱UFJ銀行 バンクイック
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン

 

みずほ銀行と三井住友銀行はそのまま銀行名+カードローンですが、三菱UFJ銀行の場合にはカードローン「バンクイック」となります。

 

それぞれのカードローンにおける金利と、ついでに限度額は以下の通りです。

 

銀行 金利 最高限度額
三菱UFJ銀行 年1.8%~
14.6%
500万円
みずほ銀行 年2.0%~
14.0%
800万円
三井住友銀行 年4.0%~
14.5%
800万円

 

メガバンクだけあって、上限金利は比較的抑えている水準と言えます。

 

消費者金融であれば大手のプロミスでも上限は実質年率17.8%、アイフルやSMBCモビットは18.0%です。

 

それらに比べると、メガバンクのカードローンなら上限金利で3~4%は低い水準で借りることができるようになっています。

 

また、メガバンク同士での金利差は、見た目よりは大きくはありません。

 

下限金利で見ると三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックが最も優れ、三井住友銀行カードローンが劣っていますが、下限金利で借りられることは多くはないので気にする必要はありません。

 

見るべきは上限金利であり、上限金利での比較なら年14.0%、年14.5%、年14.6%で大きな違いはないのです。

 

メガバンクのカードローンを利用するための条件で比較

3大メガバンクのカードローンの利用条件にも、上限金利同様に大きな違いはありません。

 

それぞれ以下の通りとなり、大まかにまとめるなら満20歳以上で安定した収入がある方なら申し込みが可能で、保証会社の保証が受けられれば借りられることになります。

 

三菱UFJ銀行の利用条件

・満20歳以上65歳未満の方
・安定した収入を得ている方
・国内に居住している方
・保証会社の保証が受けられる方

 

みずほ銀行の利用条件

・満20歳以上66歳未満の方
・安定した収入を得ている方
・保証会社の保証が受けられる方

 

三井住友銀行の利用条件

・満20歳以上69歳以下の方
・安定した収入を得ている方
・保証会社の保証が受けられる方

 

利用条件に大きな違いはない

利用条件を見てみると、メガバンクのカードローンそれぞれに大きな違いがないのが分かります。

 

みずほ銀行と三井住友銀行には「国内に居住」の条件は書かれていませんが、当然ながら利用のためには日本国内に居住をしている必要があります。

 

その点を含めて、年齢の上限に対象の違いはあるものの、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイック、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンには大きな違いは見られません。

 

審査時間も最短翌営業日で変わりはない

メガバンクのカードローンは、3行とも審査回答が最短で翌営業日です。

 

あくまで最短であり、必要書類の提出や確認が済んでいるという条件は付きますが、審査が遅い銀行がある中ではいくらか早いほうだと言えます。

 

特にオリックス銀行カードローンなどは、申し込みから審査、契約、そして借り入れまでには長い日数がかかることでも知られており、それに比べればメガバンクのカードローンはまだ良いほうでしょう。

 

それでも最短であることから、申し込み内容や審査結果、確認状況によっては回答に時間を要することがあり、借り入れまでも日数がかかるかもしれません。

 

銀行のカードローンは、どこであっても審査自体がどんなに早くても最短翌営業日回答となることから、申し込み当日の即日融資の利用はできなくなっています。

 

契約後であればカードを使ってその日のうちにすぐに借りられますが、初回借り入れに関しては、借りられるようになるまでいくらか日数がかかると考えておいたほうが良いです。

 

毎月の返済金額はどのメガバンクが軽いのか

 

カードローンの多くは、借り入れ残高によって毎月の返済金額が決まります。

 

金利や限度額が一切関係がないわけではありませんが、金利が低いからといって必ずしも毎月の返済金額が少ないわけでもありません。

 

ただ、メガバンクのカードローンに関しては、借り入れ残高に応じた毎月の返済金額は軽くなっています。

 

月々に少しずつしか返済ができない方であっても、メガバンクのカードローンなら何とか利用ができるのではないでしょうか。

 

それぞれのカードローンごとの借り入れ残高に対する毎月の返済金額は以下の通りです。

 

借り入れ残高 三菱UFJ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行
10万円 2,000円 2,000円 2,000円
20万円 4,000円 4,000円
30万円 6,000円 4,000円 6,000円
40万円 8,000円 8,000円
50万円 10,000円 6,000円 10,000円
60万円 12,000円 11,000円
70万円 14,000円 8,000円 12,000円
80万円 16,000円 13,000円
90万円 18,000円 10,000円 14,000円
100万円 20,000円 15,000円

 

借り入れ残高ごとの返済金額が最も軽いのは、みずほ銀行のカードローンです。

 

金額によっては返済額が他のメガバンクに比べて半分程度となっており、毎月に少しずつの返済で借りたい方には適しています。

 

三菱UFJ銀行と三井住友銀行は50万円までの借り入れなら同水準で違いがなく、50万円超となると差が生じてきます。

 

もし毎月の返済金額だけの基準で選ぶなら、みずほ銀行カードローンが候補にあがることになります。

 

借りやすいメガバンクはどこか

ここまで金利や限度額、返済金額といった違いが見られる点を中心にメガバンクのカードローンを比較してきましたが、それよりも気にする方が多いのが「審査に通るかどうか」です。

 

どんなに優れたカードローンであっても審査に通らなければ意味がなく、審査に通るか、自分自身が借りられるかどうかは最も重要なポイントとも言えます。

 

審査に通る可能性があるカードローンの中で最も希望内容に一致するもの、近いものを選ぶようにしたほうが無駄がなく、その点でどのメガバンクなら借りられるかはしっかりと考えておきたいものです。

 

ただ、この考え方でメガバンクのカードローンを選ぶのは難しいのも事実です。

 

メガバンクのカードローンはそれぞれ以下の保証会社の審査に通る必要があり、どれも審査基準はかなり厳しいものとなってしまっているためです。

 

銀行 保証会社
三菱UFJ銀行 アコム株式会社
みずほ銀行 株式会社オリエントコーポレーション
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

 

三菱UFJ銀行はアコム保証、三井住友銀行はプロミスでお馴染みのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社保証となり、どちらも保証会社は消費者金融系です。

 

消費者金融系の保証会社なら審査に通るのではないかと感じる方もいるかもしれませんが、金利帯が異なるため、当然ながらアコムで借りるとき、プロミスで借りるときとは審査の基準が異なります。

 

また、みずほ銀行の株式会社オリエントコーポレーションはオリコカードで有名な信販会社ですが、これも同様にオリコカードを作るときとは基準が異なるため、簡単にカードが作れるわけでもありません。

 

審査基準から通りやすいところ、借りやすいところはどこかという選び方は、メガバンクのカードローンのおいてはできないと言わざるを得ません。

 

審査を気にするのであれば、アルバイトやパートの方、年収がそこまで高くはない方でも借りられる消費者金融を選んでおくべきなのです。

 

保証会社そのもので借りるという選択肢

最後の比較項目である審査基準では明確な違いが見られず、それでも審査が気になる、借りられるところに申し込みをしたいというのであれば、メガバンク以外を選ぶという選択肢も持っておきたいものです。

 

例えば三井住友銀行カードローンの保証会社になっているSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミスなら、最短30分で審査も借り入れも完結できるため、三井住友銀行で借りるよりも大幅に早くに現金が手にできます。

 

銀行では対応ができない土日の審査も契約も可能としており、週末であってもその日のうちに借りられるのはプロミスの強みです。

 

また、プロミスなら三井住友銀行のATMでカードを使う際の手数料が無料ともなるため、余計な費用をかけずに借り入れや返済が行えるのも利点です。

 

さらに言えば、プロミスなら利用において三井住友銀行の口座が必要になることもありません。

 

ここではプロミスを例に挙げていますが、早くに借りたい、審査が気になるという場合には、メガバンク以外のカードローンも見てみると希望通りの借り入れができる可能性が高まるのです。