バンクイックはすぐ借りられる?できるだけ早くにお金を借りたい

バンクイックはすぐ借りられる?できるだけ早くにお金を借りたい

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、いつでもどこでもWebで申し込みが行えるようになっています。

 

手間はかからず、三菱UFJ銀行の口座がない方でも申し込みは行えますが、気になるのはすぐに借りられるのかどうかです。

 

特に急ぎで借りたい場合、すぐに現金が必要な場合には、バンクイックですぐ借りられるかどうかはよく知っておかなければなりません。

 

バンクイックは当日中の即日融資ができない

 

バンクイックだけに限らずですが、銀行のカードローンは申し込み当日の即日融資の利用ができません。

 

審査回答がどんなに早くても翌営業日となってしまうためで、その日のうちに契約ができることもなく、借り入れもどんなに早くても翌営業日以降になってしまいます。

 

それでもバンクイックはまだ良いほうで、書類の確認などの必要な手続きが終わっているのであれば、審査回答は最短で翌営業日です。

 

平日の月曜日に申し込みをして翌日の火曜日も平日であれば、最短で火曜日には審査結果の連絡が届き、契約ができるようにもなります。

 

ただ、これはあくまで最短の場合の話であり、申し込み内容等によっては審査回答にいくらかの日数を要することもあります。

 

「すぐ」が「今日」を指すならバンクイックでは難しい

すぐ借りられるかどうかの「すぐ」が「今日中」という意味であれば、バンクイックでは希望通りの借り入れができることはありません。

 

明日や明後日に借りられるようになっては意味がない、今日に借りられないと使う必要がないというのであれば、バンクイック以外のカードローンを選ぶことになるでしょう。

 

バンクイック以外と言っても銀行カードローンは選択肢から外れることになり、今日に申し込みから契約、借り入れまで済ませるなら、当日中に借りられる大手消費者金融しかありません。

 

プロミスやアイフルなどの有名消費者金融なら、日本全国どこからでも、申し込み当日の即日融資も可能としています。

 

銀行振り込みでも近くのコンビニなどの提携ATMでもすぐに借りられるので、バンクイックでは対応ができない即日融資でのカードローン利用が可能です。

 

その代わり、金利は多少は妥協をする必要があります。

 

銀行と消費者金融ではカードローン金利にはどうしても差が出てしまい、利息負担も変わってくるので、そこはしっかりと考慮した上で利用をするようにしなければなりません。

 

バンクイックと消費者金融の金利差

 

バンクイックと消費者金融の金利はそれぞれ以下のようになります。

 

バンクイックは金利、消費者金融は実質年率という違いはありますが、基本的な利息計算に違いはないので気にするまでもありません。

 

カードローン 金利
バンクイック 年1.8%~14.6%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

 

これを見ると、カードローンで重要になる上限金利ではバンクイックと消費者金融で3%超の違いがあり、利息負担の差へと繋がることになります。

 

この3%超の差を、すぐに借りられる分の手数料として受け入れるか、または妥協をせず少し待ってでもバンクイックで借りるかは、状況によって決めることになるでしょう。

 

ただ、バンクイックでもどこでも、カードローンは希望をすれば必ず誰でも借りられるというものではありません。

 

審査に通らなければならず、カードローンの基本として金利が低いほど審査が厳しくなるため、バンクイックの金利に魅力を感じて申し込みをしても、審査に通らず結局は意味がなかったとなってしまうことも少なくないのです。

 

少額を借りるなら利息の金額自体に大きな差はない

割合で見れば利率が違う分だけ差はありますが、実際に支払う利息の金額で見てみると、借りる金額が少額なら大した違いはありません。

 

それぞれ上限金利で借りたとして、バンクイックで年14.6%、プロミスで実質年率17.8%、アイフルかSMBCモビットで実質年率18.0%で10万円を借りたとした場合、30日間で発生する利息はそれぞれ以下のようになります。

 

カードローン 利息(30日間)
バンクイック 1,200円
プロミス 1,463円
アイフル 1,479円

 

凡その利息となり、実際に支払う利息には僅かな誤差が生じることはありますが、10万円を30日間借りたとした場合の利息は大体はこの金額です。

 

3%超の金利差と見れば大きな差ですが、利息の差だと200円ちょっととなり、そこまで大きな金額の差にはなりません。

 

借りる金額が少なければ、それに合わせて利息の金額や差もさらに小さくなります。

 

繰り返しにはなりますがもちろん割合で見れば大きな違いです。

 

とは言え、割合を支払うわけでなく返済時に支払うのは利息の金額であるため、この差をどう捉えるかでカードローンの選び方も変わってきます。

 

金利が低く利息も抑えられるほうが良いのは言うまでもありませんが、みんながそう思ってカードローンを選ぶため、それが審査基準の厳しさにも繋がります。

 

そもそもの目的としての「お金を借りること」を実現しないことには意味がないので、利息の差を知った上で、希望通りに借りられるかどうかもよく考えなければなりません。

 

すぐ審査に通るカードローンを選びたい

すぐ借りられるカードローンを選ぶ上では、すぐ審査に通るかどうかも重要です。

 

すぐ借りたいのに審査に落ちてまた他のカードローンに申し込みという時間はかけられないので、とにかくすぐ借りたいなら、自身の状況から審査に通るカードローンを選ぶことが大きなポイントとなるのです。

 

バンクイックは借りられれば消費者金融よりも金利が抑えられることで、利息の支払い金額も少なくできます。

 

ただ、審査基準はその分だけ厳しくなり、アルバイトやパートの方、他社での借り入れがある方ではどうしても審査に通りにくくなってしまいます。

 

すぐ借りたいならすぐ借りられるカードローン

すぐ借りられるかを気にしているのにバンクイックに申し込みをして、翌営業日までまった審査がNGとなってしまっては目も当てられません。

 

審査が翌営業日に終わるかも分からず、場合によっては数営業日待ってから審査落ちの連絡ということもあり得ます。

 

これではすぐに借りたいといった希望が満たせないことになってしまうので、すぐに借りられるカードローンを探しているなら、とにかく審査が早いところとしておくのが基本です。

 

そうではなく、バンクイックで借りたいと決めていて、バンクイックがすぐ借りられるのかどうかを気にしているのであれば、すぐは厳しいの数営業日は待つことになると頭に入れておくと良いでしょう。

 

いくらか時間がかかると予め知っておけば、審査回答が遅れてもそこまで慌てることもなくなります。