バンクイックってサラ金なの?アコムとの違いは何?

バンクイックってサラ金なの?アコムとの違いは何?

バンクイックとアコム、どちらもよく聞くカードローンですが、違いがいまいち分からないという方もいます。

 

違いが分からないためにバンクイックがサラ金であるのかと勘違いをしてしまったりもするもですが、先に書いておくと、バンクイックはサラ金ではありません。

 

サラ金とは一般的に消費者金融のことを指すので、消費者金融ではないバンクイックは、サラ金ではないということになります。

多く見られているカードローン
プロミス 実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
初めての方は30日間無利息

メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で、プロミスを初めて利用をする方は借り入れ翌日から30日間が無利息になります。平日も土日も最短30分での早い借り入れだけでなく、返済面でも頼れるのがプロミスの特徴です。

アイフル 実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 最短25分
融資時間 最短25分
Web申し込みならとにかく早い

TVCMでお馴染みのアイフルは、Web申し込みなら最短25分で借り入れまで完結ができるため、他カードローンよりも早くに借りられるようになっています。とにかく早くに借りられるところを探している方には、Web申し込みで最短25分融資のアイフルが適しています。

SMBCモビット 実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日

申し込み内容や時間によってはご希望に添えない場合があります。

Web完結で電話なし

利用条件は少し厳しくなりますが、Web完結申し込みで進めれば勤務先への電話連絡も、契約後の自宅宛の郵送物もなく契約まで完結可能です。お金を借りたいけど勤務先への電話連絡は嫌だと感じる方は、利用条件を確認した上でWeb完結申し込みで進めると良いでしょう。

バンクイックとアコムとの大きな違い

バンクイックとアコムとの大きな違い
バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」であるため、サラ金とされる消費者金融ではなく、銀行のカードローンとなります。

 

対してアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループではありますが三菱UFJ銀行のカードローンではないため、銀行系のサラ金に分類される消費者金融です。

 

バンクイックは銀行、アコムは消費者金融(サラ金)という大きな違いがあり、この違いがカードローン利用においても様々な面で大きな影響を与えることになります。

 

サラ金ではないバンクイック

サラ金、消費者金融ではないバンクイックは、銀行のカードローンとなるために審査回答がどれだけ早くても最短で翌営業日になります。

 

反社会的勢力への貸付を行わないようにするために、2018年より、銀行のカードローンは審査時に警視庁のデータベースに情報照会を行わなければならなくなりました
参考:反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について | 2018年 | 一般社団法人 全国銀行協会

 

この照会は当日中には行えず、最短でも1営業日はかかってしまうことになるので、バンクイックでもどこでも、銀行カードローンの審査回答は早くても翌営業日以降です。

 

サラ金となるアコム

対してサラ金、消費者金融となるアコムは、銀行ではないので審査時に警視庁のデータベースへの情報照会が義務付けられておらず、申し込み当日の審査を可能としています。

 

アコムでも最短30分での審査回答となっていることから、平日でも土日でも、内容に問題がなければ最短でその日のうちに審査が終わります。

 

契約もその日のうちに進めることができるので、バンクイックでは不可となる申し込み当日の融資が、アコムを含む消費者金融では可能となっているのです。

 

消費者金融と銀行の大きな違い

消費者金融と銀行の大きな違い
サラ金と呼ばれることもある消費者金融と、銀行には様々な違いがあります。

 

特に大きなものは「貸金業者であるかどうか」で、サラ金とされる消費者金融は貸金業者となるため、貸金業法に影響を受けた貸し付け、利用になるのに対し、銀行は貸金業ではないので貸金業法の影響外となっています。

 

貸金業法といっても内容は複雑ですが、最も単純で分かりやすく、利用者にも影響が大きいものが総量規制です。

 

借りられる金額の上限が決まっている

総量規制は年収の3分の1までの貸付に制限をする貸金業法の柱となるものであり、消費者金融、あるいは信販会社等のクレジットカードのキャッシングは全てこの影響内での貸付となってしまいます。

 

アコムを含むサラ金、消費者金融からの借り入れは、貸金業者からの借り入れ総額が年収に応じて以下のようになるイメージです。

 

・年収150万円:総額50万円まで
・年収200万円:総額66万円まで
・年収300万円:総額100万円まで
・年収500万円:総額166万円まで

 

総額での規制となるので、仮に年収150万円の方が既にプロミスで50万円を借りてしまっていると、これからアコムで新規で借りることはできません。

 

総量規制の影響を受ける受けないは消費者金融であるか、銀行であるかの大きな違いとなるため、バンクイックがサラ金だと勘違いをしてしまうと、この部分もあわせて勘違いをしてしまうことにもなりかねないのです。

 

総量規制がなくてもあまり変わらない

とは言え、バンクイックなどの銀行カードローンが総量規制の影響を受けなくても、年収不問で無限に借りられるわけではありません。

 

総量規制によってアコムでは利用ができない専業主婦の方でも、以前は配偶者の安定した収入によって銀行カードローンが利用できましたが、審査が厳しくなった今では利用がしにくくなってしまっています。

 

銀行はたしかに総量規制の対象とはなってはいませんが、それでも審査の際には年収の3分の1を明確な基準にしているため、そのラインを超えて借りるのは現実的ではないのです。

 

金利もアコムとは大きく異なる

金利もアコムとは大きく異なる
その他、銀行カードローンとなるバンクイックと、サラ金とされる消費者金融のアコムでは、金利を含む貸付条件も異なります。

 

以下がバンクイックとアコムの金利条件を比較したものですが、バンクイックは銀行カードローンだけあって、上限金利ではアコムよりも低い水準となっています。

 

カードローン 金利 限度額
バンクイック 年1.8%~14.6% 10~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1~800万円

バンクイックは金利(年)、アコムは実質年率という表記の違いはありますが、利息計算に大きな違いはありません。

 

これを見ると、バンクイックはさすが銀行カードローンというだけあって、金利比較では重要となる上限金利でアコムより優れているのが分かります。

 

完済までにかかる利息も大きな違いに

上限金利で比較をすると、アコムが18.0%に対してバンクイックは14.6%と、じつに3%超もの違いがあります。

 

これだけの金利差があれば借り入れ後にかかる利息にも大きな違いがあり、借り入れから完済までに支払う利息総額には大きな差が生じることになります。

 

それぞれ上限金利での借り入れで返済期間を36か月とした場合にかかる利息総額は、当初借り入れ金額ごとに以下のようになっています。

 

10万円借り入れ時

バンクイック:24,092円
アコム:30,140円

 

30万円借り入れ時

バンクイック:72,276円
アコム:90,456円

 

50万円借り入れ時

バンクイック:120,460円
アコム:150,736円

 

シミュレーションの結果となるために実際の利息総額とは差が生じる可能性はありますが、大体はこれぐらいの利息がかかることになります。

 

また、このシミュレーションでは返して再び借りるということは考慮をしていないため、返済をして再度借りた場合には、シミュレーション結果よりも多くの利息がかかることがあります。

 

金利の違いは返済負担の違いに繋がる

バンクイックとアコムでは金利に違いがあるため、返済時にかかる利息にも大きな違いが出てきます。

 

金利の違いはそのまま返済負担の違い、差にも繋がってくるので、少しでも負担を軽くして借りたい方の場合には、上限金利で差がついているバンクイックを選ぶべきと言えます。

 

ただ、バンクイックは優れた条件である分だけ審査が厳しく、申し込みをしても審査に通らない可能性も出てきてしまうので、そのあたりも考えてから選ぶようにしたほうが良いでしょう。

 

バンクイックとアコムの審査の違い

バンクイックとアコムの審査の違い
銀行のカードローンとなるバンクイックと、消費者金融のカードローンとなるアコムでは、お金を借りるために通る必要がある審査の基準で違いがあります。

 

上でも少し触れていますが、総量規制の有無だけでなくバンクイックとアコムには大きな審査の違いがあるので、いくら金利に魅力を感じてバンクイックに申し込みをしたとしても、基準を満たせない方では審査に通らず、お金が借りられないことになってしまいます。

 

カードローンは審査に通らないことには意味がないため、バンクイックとアコムの審査の違いについてもしっかりと知っておく必要があります。

 

バンクイックはアコムより審査が厳しい

バンクイックは安定した収入があれば申し込みができるようになっており、申し込みだけならアルバイトやパートの方でも問題はありません。

 

ただ、申し込みができても借りられるかどうかは別で、アルバイトやパートの方ではバンクイックに申し込みをしたとしても、審査に通ってお金を借りるのは難しくなってしまいます。

 

バンクイックは正社員の方の利用が多くなっており、さらには年齢層もアコムより高い傾向にあり、多くは40代前後の方の利用となっているため、若い世代の方も注意が必要となります。

 

アコムは若い世代の方でも利用可能

対してアコムは、アルバイトやパートの方、若い世代の方でも審査通過が十分に可能です。

 

アコムの利用者の大半は30代までとなっており、年収も300万円前後の方が多くなっているため、バンクイックでは審査通過が難しい方でもアコムなら借りられる可能性があります。

 

アコムはバンクイックに比べて金利に劣る分だけ、多くの方にとって利用がしやすくなっているのです。

 

目的に合ったカードローンを選びたい

バンクイックとアコムの大きな部分での違いを見てきましたが、色々な部分で違いはあっても、とにかく重要なのは目的に合ったところで借りるようにすることです。

 

早さや金利、審査基準など様々な部分でバンクイックとアコムには違いがあり、それぞれで目的に合ったカードローンを選ぶべきです。

 

特に気を付けておきたいのは早さと審査の部分となるため、どうしてもすぐに借りたい、今日中に借りられないと意味がないといった方は、金利面ではいくらか妥協をすることにはなっても、最短30分で借りられるアコムを選ぶようにしなければなりません。

人気カードローン一覧
プロミス
プロミスの特徴

平日も土日も来店不要で最短30分で借りられるプロミスは、契約後なら対応する金融感宛で24時間最短10秒振り込みも可能となっているため、とにかくすぐにお金が必要なときに便利です。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
アイフル
アイフルの特徴

Web申し込みなら他社より早く最短25分で借り入れが可能で、今すぐにお金が必要なときに頼れます。初めての方は契約翌日から30日間の無利息サービスもあり、返済負担の軽減も可能です。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 最短25分※
融資時間 最短25分※

※最短25分はWeb申し込みの場合

SMBCモビット
SMBCモビットの特徴

Web完結申し込みなら電話も郵送物もなく、バレにくい契約ができるようになっています。借り換えやおまとめとしての利用も可能となっており、他社での返済負担が重いと感じている方の借り換え先にも人気です。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日

申し込み内容や時間によってはご希望に添えない場合があります。
借り換えやおまとめの専用ローンはありませんが、カードローンで借りたお金で利用が可能です。

アコム
アコムの特徴

「はじめてのアコム」でお馴染みで、文字通り初めてのカードローンで利用する方も多いです。近くのコンビニにある提携ATMでも利用が可能となっているため、わざわざアコムATMを探す必要もありません。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分