カードローン一覧

ポケットバンクのサービスを提供していた三洋信販の現在はプロミスに合併されている

投稿日:

「ポケットバンク」というサービス名、今ではほとんど見かけることはなくなりました。

以前はプロミスの契約コーナーの看板に並んで掲げられていることも多かったのですが、今ではもう見かけることはありません。

すべてのサービスは、プロミスに吸収合併されているためです。

ポケットバンク(三洋信販)

グレーゾーン金利時代に存在した消費者金融

ポケットバンクのブランド名でキャッシングサービスを提供していた三洋信販は、グレーゾーン金利時代にはそれなりの規模で知名度もそれなりにありました。

当時は消費者金融全盛期とも呼べる時代。

大小様々な消費者金融が、全国各地で今では考えられないような金利や取り立て方法で貸し付けを行っていました。

ポケットバンクもそんな時代に沿った金利設定になっています。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

ポケットバンクの最大金利は実質年率29.0%

今では考えられませんが、グレーゾーン金利時代の消費者金融の多くは、上限金利を実質年率29.2%で定めていました。

ポケットバンクにもそういった時代があり、最大金利は実質年率29.0%です。

この金利は出資法と利息制限法の間のいわゆる「グレー」な部分であり、そのままグレーゾーン金利と呼ばれていました。

今では撤廃がされているのでグレーゾーン金利で貸し付ける消費者金融は存在しませんが、ポケットバンクはまさにグレーゾーン金利時代の消費者金融、というわけです。

グレーな金利による利息は払う必要がないという判決

グレーゾーン金利によって発生した利息は「過払い金」と呼ばれ、本来は支払う必要がない利息として全国で返還請求が行われました。

その結果、体力のない中小の消費者金融は過払い金返還によって廃業や、大手への吸収に追い込まれています。

当時は大手ですら経営が傾き、銀行のグループ化をするなどして何とか再建したのが今の大手消費者金融です。

中にはあまりにも悪評が立ちすぎてどうにもならず、当時の超大手だった消費者金融Tなどは見る影もなくなりましたが。

三洋信販も吸収されることに

ポケットバンクの三洋信販も他の消費者金融同様、大手に吸収されました。

2010年10月1日、その吸収先が現プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)です。

プロミスは1日、完全子会社の三洋信販を吸収合併したと発表した。消費者金融業界は規制強化などで事業環境が大幅に悪化しており、グループ内再編で業務を効率化する。

プロミス、三洋信販を吸収合併:日本経済新聞

わざわざ今になってポケットバンクで借りたいと思う方もいないですが、もし何かの縁でポケットバンクで借りたいと感じるなら、吸収されたプロミスへということです。

プロミス 免許証
プロミスなら免許証などの本人確認書類でお金が借りられる

カードローンは色々な書類を用意しなければならないと感じている方もいるかもしれませんが、プロミスは免許証などの本人確認書類でお金が借りられます。 免許証などの本人確認書類があればそれで良いので、余計な面 ...

続きを見る

しかし、書いてて思うのは「すごい時代だったなぁ」と。

東証1部上場も果たしていた三洋信販

ポケットバンクの三洋信販、全盛期には東証1部上場を果たすほどの規模でした。

東証1部上場企業なんてものは言うまでもなく大手も大手、超大手企業と言ってもいいほどです。

それほどの規模のところがプロミスに吸収され、今はもうなくなってしまっているというのも、いかにグレーゾーン金利の撤廃と過払い金返還請求が大きな衝撃だったかが分かります。

プロミスに吸収されるまでは色々あった

ポケットバンクとプロミス

ここではかなり大雑把に書いていますが、三洋信販がプロミスに吸収されるまでは完全子会社化されていたりと色々な動きがあります。

最終的にはポケットバンクのブランドはなくなり、三洋信販もなくなり、プロミスに吸収された、という話です。

以下はまだ今でも存在する三洋信販のサイトを開いた際のキャプチャ(一部編集しています)です。

三洋信販ホームページ右上にはとある銀行名と「三洋信販は〇〇グループの一員です」との記載があり、現在は存在しないので削除をしています。

この表示のまま何年も放置がされているので、銀行名の部分であったりはそのままになっているのでしょうか。

当時の消費者金融は問題が山積みだった

プロミスに吸収される遥か前の話です。

ポケットバンクだけに限らずですが、当時の消費者金融はグレーゾーン金利以外にも様々な問題を抱えていました。

  • 店舗ごとに課せられる厳しいノルマ
  • ノルマを達成するための過剰な貸し付け
  • 返済能力を超えて貸した分の強引な取り立て

などなど、それ以外にも挙げればキリがありませんが、利用者側からして影響が大きいのはこのあたりです。

特に当時のノルマというのはテレビや新聞を賑わすほどのもので、ノルマが達成できないと厳しい叱責や、研修という名の罰のようなものもあったとされています。

これは今の時代でも職場によっては同じですが…。

そんな厳しいノルマを達成するために取った行動が、過剰な貸し付けです。

返せるとは思えない範囲まで貸し付ける

ノルマを達成すべく、当時はとにかくお金を貸しまくっていました。

限度額の増額もすぐに行い、とても返済ができるような収入状況でもないのに100万円の枠を簡単に出すなどめちゃくちゃな時代です。

借りる側もそこまで来るともはや感覚が麻痺しており、「借りられるならラッキー」と言わんばかりにすぐ枠いっぱいまで借ります。

そうなれば、当然ながら返済ができるはずもありません。

返済ができなければ厳しい取り立てで回収する

お金を貸しても返ってこなければ、それはそれでノルマも達成できません。

じゃあどうするかと言えば、昼夜問わず行う厳しい取り立てでの無理やりの回収です。

ドラマや漫画の世界でしか見たことがないような取り立てを本当に行っているところもあるほどで、今でいう闇金融の取り立て方法に近いことをやっていたところもありました。

そんなことばっかりしていれば社会的にも問題になります。

その結果としてグレーゾーン金利の撤廃や、年収の3分の1までの借り入れに制限する総量規制を盛り込んだ「改正貸金業法」の施行となるわけです。

総量規制とは
総量規制の基本を知ろう!総量規制を超えてお金は借りられません

「総量規制」というもの、カードローンやキャッシングの利用を考えると必ずと言ってもいいほどに目にする言葉です。 このサイト内でも色々な記事に「総量規制が~」などと書いていますが、総量規制についての基本を ...

続きを見る

貸金業法の改正が決まった2006年12月

貸金業法の改正が決まったのが、2006年の12月13日。

同月、ポケットバンクの三洋信販は顧客の取引履歴を改ざんしていたとして、金融庁から業務停止命令の行政処分を受けています。

何を改ざんしたかというと、

取引履歴を保有しているにもかかわらず、一部について保有していない旨の虚偽の回答を行い、(中略)帳簿に記載された内容と異なる内容の「推定計算書」を提出して債務者に不利な和解を行った事例や、裁判所に対して虚偽の文書年限表を証拠書類として提出した事例が含まれている。

三洋信販株式会社に対する行政処分について:金融庁
(同ページ内のPDFより引用)

ということです。

簡単に言えば

「過払い金払いたくないから利息いくら受け取ったかは分からない、書類ないってことにしておこう」

「過払い金で返す分を少なくするために受け取った利息を少なく変えておこう」

のような感じです。

当時はアイフルですら業務停止命令を受けていたりする時代なので、業務停止命令自体は正直あまり珍しいことではありません。

それでもこの内容、いかに当時の消費者金融が過払い金で厳しかったかが感じ取れます。

今のプロミスはそのようなことはありません

上でも赤文字で書きましたが、これはあくまで三洋信販があった時代の話です。

今はプロミスに吸収されているとはいえ、プロミスとこの話は関係ありません。

プロミス 安全
プロミスは安全?やばいとか悪い噂とかは特にない?

プロミスはアコムと並ぶ消費者金融最大手の一角です。 利用において安全かと言えば当然ながら安全で、金利にしても返済で何かあったときにしても安全です。 業界内でどうなっているかなどは知ることではないですが ...

続きを見る

時代が時代、今もしプロミスがこのようなことをしたら、SMBCグループ自体も危ぶまれます。

一度は傾いたプロミスもSMBCコンシューマーファイナンス株式会社がブランドを受け継ぎ、今ではカードローン最大手の一角となっているわけです。

そんなところが当時のようなめちゃくちゃなことをするはずもありません。

何だかんだ安心して借りられるようになったカードローン

ポケットバンク、三洋信販が元気だった頃に比べれば、今のカードローンはいくらか安心ができるようになっています。

カードローンは金利が高い、利息が重いなどと言われますが、当時と比べるのもどうかとは思いながらも29.0%と比べればマシです。

カードローン 利息 高い
カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

カードローンの利息ははっきり言って高いです。 住宅ローンなどと比べるまでもなく高く、借りすぎてしまえば利息負担によって返済が苦しくなるのは目に見えています。 しっかりと考えて使わないと、カードローンの ...

続きを見る

対応もその当時と比べれば丁寧になっており、仮に返済に遅れてしまうとしても少しぐらいなら普通に相談に乗ってくれます。

だからといって返済を疎かにしても良いというわけではなく、しっかりとした返済計画は必要です。

返せる範囲で、余裕をもって返済ができる範囲であれば、カードローンは何かと暮らしに役立つようにもなってきています。

お金がない
お金がない金欠状態から抜け出すためのカードローンやキャッシングはあり?

手持ちのお金がない、まさに金欠、そんな状態はなるべく早くに抜け出したいものです。 給料日がもうすぐというのであればそこまで我慢をすれば良いのですが、まだまだ先となるとお金がない状況は何とかしなければな ...

続きを見る

お金に困ってしまったとき、誰にも頼れないようなときには、ポケットバンクを吸収したプロミスでの借り入れを考えてみるのも良いかもしれません。

もちろん借りすぎには注意をしながらですが。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく便利に利用ができるのが大きな特徴です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-カードローン一覧

Copyright© カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト , 2020 All Rights Reserved.