消費者金融や銀行のカードローン、キャッシングについて個人的に考えています。

カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト

カードローン

カードローン契約時の郵便物を郵便局留めとするのは難しい

投稿日:

カードローンはWeb上で契約をすると、後日にカードが自宅宛に郵送がされるのが基本となります。

契約時以外の郵便物は自宅宛ではなくでも勤務先が指定できるようになっているところもありますが、契約時の郵便物に関しては自宅以外は不可としているところがほとんどです。

自宅宛しか受けられないために郵便局留めも不可となり、郵便物でバレたくないから近くの郵便局留めとしても、各借り入れ先では受け付けてくれません。

契約時の郵便物は本人確認も兼ねている

契約時に送られてくる郵便物は借り入れ先にもよりますが以下のようになっています。

  • 借り入れや返済を行うためのローンカード
  • 約款等が記載されている契約書類

借り入れ先によってはローンカードと使い方が書かれている紙が同封されている郵便物が届く場合もありますが、基本的には上記のいずれか、または両方が郵便物として届けられます。

これらの重要な郵便物や書類が他人の手に渡ってしまうのは非常にまずく、受け取りを行うにあたってはしっかりと本人であると確認ができなければならないので、送り先は自宅のみで受け取りも本人に限定されています。

家族の方が代わりに受け取るといったことも基本的にはできないので、本人が不在の場合には持ち戻りとなり、後日の再配達か窓口での直接の受け取りとなります。

郵便局留めでは住所の確認ができない

これが郵便局留めでローンカードや契約書類を送れてしまうとすると、自宅住所の確認もできずに届けてしまうことになるため、貸し手側が詐欺などの被害に遭う可能性が出てきます。

住所や名前等を偽って申し込みをし、郵便局留めでカードを受け取ってお金を引き出してしまうようなことがあれば大問題です。

そういったことを避ける意味は当然として、あわせて間違いがないようにしっかりと本人に届けるためにも郵便局留めは不可とし、自宅宛の本人の受け取りに限定しているのです。

そもそも郵便局留めとはどんなサービスか

郵便局留めは相手側に住所などの自分の個人情報を渡したくない場合や、ネット通販等で家族に受け取りがバレたくない荷物の際に利用がされるサービスです。

局留めは、ネット個人取引や通販で郵便物等の受け取りを家族に内緒にしたい場合に主に利用される。また、差出人に自宅住所を教えずに郵便物等を受け取りたい場合や、大口郵便物(懸賞応募葉書など)を日々の配達ではなく郵便局でまとめて受領したい企業にもよく利用されている。

郵便局留め - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%B5%E4%BE%BF%E5%B1%80%E7%95%99%E3%82%81

基本的にはどのような郵便物であっても郵便局留めは使えるようになっているのですが、カード類や役所関係の書類など、受け取る際に本人確認が必要となるようなものに関しては郵便局留めは使えなくなっています。

それ以外のものであれば大体は郵便局留めで対応ができるので、カードローンの郵便物はどうにもなりませんが、何かネット通販等で家族に知られたくないものを購入したり、オークション等で個人間の名前や住所のやり取りをしたくないといった場合には利用をしてみると良いでしょう。

契約後の郵便物も郵便局留めは難しい

最近のカードローンでは契約後の郵便物もほとんどなくなっており、利用明細などに関してもWeb上での交付が多くなっているため、契約後の郵便物といっても特に思いつくものはありません。

あるとすれば何らかのパンフレットとなりますが、わざわざ借り入れがバレてしまうようなパンフレットを送りつけてくることも稀なため、基本的には契約後の郵便物に関してはほとんどないと考えておいても問題はありません。

ただ、それでも借り入れ先によっては明細を送ってきたりといったことがありますが、契約後の郵便物であっても郵便局留めでは対応ができないので、自宅、または勤務先への郵送となる場合がほとんどです。

契約後の郵便物なら勤務先が指定できる場合も

契約時のカードの受け取りは自宅に限られますが、契約後の郵便物であれば勤務先が指定できる場合があります。

例えばプロミスの場合、契約後に送られてくる可能性がある書類として以下にように記載がされています。

  • 提携ATMでご利用やご返済をいただいた場合
  • お支払いに遅れが生じ、お客さまとご連絡が取れない場合
  • 振込キャッシングをご利用いただいた場合
  • その他、お客さまとのご連絡の中で書類送付をご希望された場合

提携ATMや振り込みキャッシングの利用で郵便物が届くとなるとはっきり言って迷惑ですが、明細のWeb交付サービスを忘れずに登録をしていれば、基本的には明細の郵送はありません。

簡単に言ってしまえば遅れや連絡の不備なく正常な返済をしている限りは契約後はいちいち郵便物が届くこともなく、仮に届いたとしても「事務センター」名義で送られてくるので、あまり頻繁に届くでもなければバレることも少ないでしょう。

プロミスの使い方を徹底解説!すぐにお金が借りられるカードローンのプロミス

プロミスは最短1時間で借りられるカードローンとして人気が高く、すぐにお金が必要なときに大変便利で頼れるサービスとなります。 とは言え、初めての方ではプロミスの使い方、借り方は戸惑ってしまうもので、いく ...

続きを見る

郵便物なしのサービスも活用したい

カードローンは正常な利用をしている限りは契約後には余計な郵便物は届きにくくなっていますが、それでもWeb契約としてしまうとどうしてもカードなどの郵便物が自宅宛に届いてしまいます。

カードが送られてくるのも避けたいといった方はWeb契約ではなく自動契約機を使う手続きで直接カードを受け取るか、またはカードレスで郵便物がない契約を進めるのが良いでしょう。

プロミスの自動契約機での手続きなら在籍確認の相談もしやすい

プロミスには様々な手続き方法が用意されており、最も手軽で利用者も多くなっているのが来店不要のWeb契約です。 パソコンやスマートフォンでプロミス公式サイトから申し込みを行い、審査完了後にそのままプロミ ...

続きを見る

プロミスやアイフル、SMBCモビットのWeb完結手続きならカードレスともできるので契約時の郵便物がなく、契約後に関しても明細はWeb交付で同じく郵便物はありません。

借り入れや返済はスマホアプリを使って提携ATMでカードありのときと同じように利用ができるので、郵便物が届くのが困るという方は郵便局留めを考えるのではなく、カードレスでの郵便物がない契約を考えてみるようにしましょう。

-カードローン

Copyright© カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト , 2019 All Rights Reserved.