カードローンが払えないときの最善の対処法は知っておくべき

カードローンが払えないときの最善の対処法は知っておくべき

お金を借りたのはいいものの、返済ができなくなってしまって払えなくなったとき、どうすべきなのかは知っておきたいところです。

 

お金を借りる際には返済をしっかりと考えて借りる場合がほとんどで、払えないときにどうするかということまでは考えていない方も多いことでしょう。

 

実際には払えないときなどは来ないのが最も良いのですが、何らかの事情によってカードローンが払えないときが来てしまった場合には、最善の対処法によって大きなトラブルにならないようにしなければなりません。

 

カードローンが払えないときにはどうすべきか

返済期日が来てしまったにも関わらず払えない場合には、まずは借り入れ先のコールセンターにすぐにでも連絡を入れるようにしてください。

 

何も嘘を付く必要はなく、お金が足りなくて返済ができない、払えないといったことを素直に伝えるようにしましょう。

 

今は払えないとしても少し経てば給料などによって払えるようになるのであれば、返済を待ってもらうように相談をする必要があります。

 

ただ、今だけでなく継続しての返済ができそうもない、もう今後に払える見込みがなくなってしまった場合には、コールセンターに相談をしてもどうにもなりません。

 

これからずっと払えるとは思えない場合

その月にだけ払えないのではなく、今後の返済についても払えない場合には、自分ひとりではどうにもならないケースが多いです。

 

継続して返済ができない、カードローンが払えないとなると

  • 職を失うなどで収入がなくなった
  • 借り入れを増やしすぎて返済が回らなくなった

などが考えられます。

 

いずれにしてもこれからの返済ができないことには変わりはないので、今後のことについて考える必要があります。

 

継続しての返済ができないとなると考えられるのは債務整理が多く、今のままだといくら催促をされても払えないものは払えないので、返済を見直して何とか支払っていくという形をとります。

 

債務整理によって返済を見直す

債務整理の中でもカードローンやキャッシングで多く見られるのが、任意整理です。

 

任意整理とは簡単に言えば債権者と債務者側で話し合い、今後の返済の計画を見直すものとなります。

 

「任意」と付いているようにこの手続き自体はあくまで任意のものとなるので、債権者側である消費者金融や銀行、信販会社等が応じてくれなければ、任意整理は成立しません。

 

そのため、借り手側である個人が返済についての話し合いをしたところで、多くの債権者側は応じてはくれないでしょう。

 

そこで力を借りるしかないのが、弁護士や司法書士などの専門家です。

 

借金の整理を任せてしまう

弁護士や司法書士の中には借金問題に強い、または専門としているところがあります。

 

そういったところで相談をすれば、良い方向に向かって手続きを進めてくれる可能性が高いです。

 

任意整理は債権者側の合意を得る必要があるためにどうしても借金整理の経験が重要となり、経験がある弁護士や司法書士でないとうまくいきません。

 

弁護士や司法書士なら誰でもうまく任意整理を進めてくれるとは限らないので、カードローンが払えなくなってしまってどうにかしたい場合には、借金問題を専門とする、または得意とする弁護士や司法書士に相談をするようにしてください。

 

借金整理には大きなデメリットが存在する

カードローンが払えないときに頼れる借金の整理も、行ってしまうと信用情報機関にネガティブな情報が記録されることになります。

 

一度でもネガティブな情報が記録されると、今後の審査で不利になり、どこでもお金が借りられないという事態を招きます。

 

信用情報機関に記録がされる情報は長い期間に渡って残り、さらに返済に関するトラブルの情報となる「異動」とされるものについては、完済をしてから5年を超えない期間に渡って残ってしまいます。

 

払えないなら整理をすればいいと簡単に考えるのではなく、借金の整理に関しては信用情報機関へのネガティブな情報の記録のデメリットを知ったうえで、慎重に検討をしなければなりません。

 

借り入れが増えて払えないなら

カードローンが払えないときの最善の対処法は知っておくべき
カードローンやキャッシングの借り入れが増えてしまって払えないなら、借金を一本化するおまとめローンのような借り方を考えてみるのも良いでしょう。

 

借り入れをまとめれば返済は一回で済むので楽になり、さらに大きな金額を1社から借りることになるので、金利の大幅な低下にも期待が持てます。

 

おまとめとしての利用となると審査はどうしても厳しくなってしまいますが、それでもおまとめ利用は考えてみるだけの価値はあります。

 

もしおまとめ審査に落ちてしまったら今まで通りの返済をするか、それとも借金をどうするかを考えればいいだけで、おまとめ審査に通らなくても状況が悪化するわけではありません。

 

今までの返済実績が良好でおまとめ審査に通れば、楽になった返済で計画を立て直すだけです。

 

債務整理は簡単に考えるものではない

カードローンが払えない、払えなくなりそうと感じても、すぐに債務整理を考えるのは良くありません。

 

債務整理ははっきり言って手続き自体は簡単です。

 

弁護士や司法書士に相談をして必要な書類の提出等をするだけで丸投げできるので、何も難しいことはありません。

 

その分だけ「借金で困ったら債務整理を」、「おまとめローンよりも借金の整理の相談を」といった具合に、弁護士や司法書士は宣伝をしています。

 

依頼をするにもタダではなく、弁護士や司法書士にはお金を払う必要があるので「儲け」になるためです。

 

依頼をして整理をすれば役目は終わり

弁護士も司法書士もボランティアではなく仕事として成り立たせなければなりません。

 

つまり、儲けるために借金の整理をしてくれる人を集めなければなりません。

 

その対象となるのが、カードローンが払えないと困っている方々なのです。

 

返済に追われて困っている、カードローンが払えなくて頭を抱えているといった方からしてみれば、「相談をしてくれれば今後の借金返済が楽になります」「過払い金があれば返済をしなくていいかもしれません」と言われれば相談をし、依頼をしてしまうことでしょう。

 

しかし、相談をして依頼をしても、その後の信用情報機関へのネガティブな情報の記録が与える影響に関しては、当然ながら弁護士や司法書士は面倒を見てくれません。

 

軽い気持ちで依頼をすると後悔をする可能性

いくらカードローンが払えないからといって簡単に考えて相談をして依頼をしてしまうと、今後のローン審査やクレジット審査が何年も通らなくなるので慎重に考えなければなりません。

 

どんなにいい弁護士でも司法書士でも、依頼をされて借金の整理ができればそれで仕事は終わりです。

 

その後に依頼者が「ローンが組めなくなった!」といくら騒いでも、当たり前ですが知ったことではないのです。

 

そのあたりも考えて、カードローンが払えないときは借り入れ先への相談で何とかならないか、おまとめで返済が楽にできないか、最終手段としての借金の整理かを考えるようにしてください。