消費者金融や銀行のカードローン、キャッシングについて個人的に考えています。

カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト

カードローン

カードローンの返済は月々少しずつの金額で進められる

投稿日:

カードローンと聞くと金利が高い、利息の負担が重い、返済が苦しくなるといったイメージが先行しがちですが、実際には異なるものとなっている場合が多いです。

金利が高い、利息が重いというのは住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどと比べれば当然そうなりますが、目的型ローンよりも金利が高いとなればクレジットカードも何も同じです。

無担保でお金を借りる以上はある程度の金利の負担があるのは仕方がないことですが、金利が目的型のローンよりも高いとしても、カードローンは月々の返済に関しては大きな負担とはならないように設定がされている場合が多いです。

借り入れ金額に応じた毎月の返済

カードローンの返済の基本は、借り入れ残高に応じて設定がされている約定返済金額を、予め決められた返済期日までに入金をする方法で行います。

借り入れ残高が大きくなればなるほどに一回あたりの返済金額も大きくなりますが、逆に借りる金額を少なく抑えておけば、毎月の返済金額自体も大きくはなりません。

例えば、カードローンの中でも人気が高いプロミスの毎月の返済金額を見てみると、借り入れ残高に応じて以下のように設定がされています。

借り入れ残高が5万円以下の場合
毎月の返済金額は2,000円

借り入れ残高が10万円以下の場合
毎月の返済金額は4,000円

借り入れ残高が20万円以下の場合
毎月の返済金額は8,000円

借り入れ残高が30万円以下の場合
毎月の返済金額は11,000円

限度額ではなく借り入れの残高によって返済の金額が変わるので、審査の結果によって大きな限度額が設定されているとしても、借りる金額を少なくしておけば毎月の返済が大きくなることはありません。

借り入れ先によっては限度額に応じた返済金額設定となる銀行等もあるので、借りる際には返済金額はしっかりと確認をするようにしてください。

最低返済金額の罠

毎月の返済は少しずつでの支払いで借りられるのがカードローンですが、少しずつの返済、つまり毎月の最低返済金額だけでの返済はできることなら避けたいのが本音です。

カードローンは金利が決して低くはなく、毎月の返済金額自体は大きくならないとしても、かかる利息自体が少なくなるわけではありません。

つまり、毎月の返済金額が少ない状態、最低返済金額だけの入金といった返し方を続けてしまうと、入金額に対する利息の割合が増えてしまい、なかなか返し終わらないといった事態を招きかねません。

利息はいくら払っても返済が終わらないため、効率的に返済を進めるために、無駄な利息を増やさないためには、毎月の返済金額を少しでも多くするといった積極的な入金が求められます。

上記の例で10万円を30日間、17.8%の金利で借りた場合には、かかる利息は1,463円です。入金を最低額の4,000円としてしまうと3分の1ほどは利息で差し引かれてしまうので、思うように返済が進まないのです。

ギリギリの返済で借りないことが大事

カードローンの返済は毎月に決められた金額を入金すれば契約上は何ら問題はないため、例えば毎月の返済が4,000円までならできるといった方は、4,000円までの返済になるようにカードローンでお金が借りられます。

しかし、4,000円までの返済で4,000円の返済になるように借りてしまうと、毎月の返済はそのまま4,000円しかできません。

それでは利息が大きくかさんでしまうので、4,000円までの返済までならできるのであれば、毎月の返済が2,000円や3,000円程度になる範囲でカードローンを利用し、毎月の返済金額に上乗せをして入金をしたほうが良いでしょう。

金額を増やせば返済は大幅に進む

決められている返済金額は何もその金額しか受け付けないわけではなく、あくまで最低ラインの金額です。お金に余裕があるなら上乗せをしての入金も可能で、2,000円の返済金額のところを3,000円や4,000円の入金で返済を進めても問題ありません。

多めに入金をすると増やした分は借り入れ残高への返済に充てられるため、効率的に返済が進められます。返済を進めて残高が減ればかかる利息も軽くなり、同じ返済金額でもより残高が減る良いサイクルを作り出せます。

カードローンの返済は少しずつで進められるからと言ってだらだらと返してしまうのは良くないので、なるべく早めに返し終えられるように計画的な利用をするようにしてください。

無利息サービスも活用したい

カードローンの中には一定の条件を満たすと、無利息でお金が借りられるサービスを提供しているところもあります。無利息期間内の借り入れは利息がかからないため、その期間内に返済をしてしまえば利息負担はありません。

無利息期間中に全額の返済ができないとしても、利息がかからない期間で多めの返済をしておけば借り入れの残高が大きく減り、借り入れ残高に対して発生がする利息を翌月以降の返済分で抑えられます。

一括で返せないと無利息サービスも意味がないとは考えずに、お得なサービスは最大限に活用し、より良いカードローン利用に繋げるようにすると良いでしょう。

-カードローン

Copyright© カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト , 2019 All Rights Reserved.