アコムの増額ができない!増額審査に落ちる理由と対策

アコムの増額ができない!増額審査に落ちる理由と対策

アコムは契約後に限度額の増額ができるようになっていますが、増額は誰でも必ずできるものではありません。

 

増額審査に通らないとアコムでの限度額の増額はできないため、状況によってはアコムで増額ができない、増額審査に落ちてしまったという方も出てきてしまいます。

 

増額ができないとなると今の限度額を超えてはアコムからは借りられませんが、アコムで限度額の増額ができないとしても、その分を他社で借りることは十分に可能です。

多く見られているカードローン
プロミス 実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
近くのコンビニですぐ使える

契約後は近くのコンビニにある提携ATMで借り入れも返済も可能で、周りに知られることなくすぐにお金が引き出せます。セブン銀行ATMかローソン銀行ATMなら、カード不要でスマホアプリとATM操作だけでも利用ができます。

アイフル 実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 最短25分
融資時間 最短25分
Web申し込みでとにかく早い

勤務先への電話連絡を原則として不要としているため、会社への電話確認なく契約まで完結できます。契約後はコンビニの提携ATMや銀行振り込みでの借り入れが可能で、Web申し込みなら最短25分ととにかく早くに借りられます。
※ 申し込み内容によっては電話連絡が入ることがあります。

SMBCモビット 実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日

申し込み内容や時間によってはご希望に添えない場合があります。

Web完結で電話なし

Web完結申し込みなら電話も郵送物もなく契約まで完結可能です。通常のカードローンとしての借り入れでおまとめや借り換えにも利用が可能で、他社での金利負担が重い方の借り換え先としても人気が高くなっています。

アコムで限度額の増額ができない理由を考える

アコムで限度額の増額ができない理由を考える
限度額の増額審査に落ちてしまい、アコムで増額ができなかったとしても、増額ができない理由を細かく教えてはくれません。

 

自身でなぜアコムで増額ができなかったのか、増額審査に通らなかったのかを考える必要がありますが、大体は以下のいずれかに該当をしてしまうことで、アコムの増額ができないとなってしまいます。

 

アコムでの利用実績が足りない
アコムでの利用内容に問題がある
収入に対して借り入れが多い

 

これらを全て含めて、アコムの増額審査基準を満たせずに増額ができないといったこともありますが、各項目ついてはそれぞれ次のようになります。

 

アコムでの実績が足りずに増額ができない

アコムでの限度額の増額は、大体は契約をしてから半年以上の利用実績が必要とされています。

 

これはアコムに限らず他のカードローンでも同様の基準を持っているところも多く、カードローンの増額を成功させるためのポイントとして、半年間というのは分かりやすい目安となっています。

 

そのため、契約直後にアコムに増額の申請をしても増額ができないことが多くなり、さらには契約をしてから期間は経過していても、一度も使っていないなどで実績がゼロとなると、同じくアコムでの増額ができないことになります。

 

アコムでの利用状況に問題があると難しい

契約からの利用期間に問題がなくても、アコムでの返済が遅れがちであったり、不足入金を繰り返していたりすると、それは大きなマイナス要素となってアコムの増額審査に落ちる原因になってしまいます。

 

増額は今よりも大きな金額を貸し付けることで、アコム側としてもより慎重な審査を行うため、返済に問題が生じている顧客に対しては大きな枠を付与することはありません。

 

逆に、返済に問題があると限度額が減額されるなどのケースも見受けられるため、限度額の増額には正常な利用状況は欠かせない条件となります。

 

収入に対する借り入れが多くても難しい

限度額の増額と言えども、アコムでの借り入れは総量規制で定める年収の3分の1までという点に違いはありません。

 

そのため、既に他社と合わせて年収の3分の1まで、または近い水準まで借りていれば、利用実績やそれまでの利用内容に問題がないとしても、アコムで限度額を増額するのは難しくなってしまいます。

 

総量規制の範囲内であれば他社借り入れがあっても増額ができることはありますが、総量規制を超えて増額となると、アコムでも他の消費者金融のカードローンでも不可となってしまうのです。

 

Q2-1. 総量規制とは何ですか?

 

A2-1. 借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。
例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

 

引用:貸金業法Q&A:金融庁

 

他社より早いアイフルの借り入れ/
アイフル
Web申し込みなら平日も土日も最短25分融資!

 

アコムで増額ができなくても他社で借りられる

アコムで増額ができなくても他社で借りられる
アコムで増額ができないとなると、これ以上にお金を借りることはできないのではないかと感じられてしまうかもしれません。

 

しかし、増額の審査と新規借り入れの審査では基準が異なり、借り入れが総量規制に達していたり、返済状況に問題があるといった場合を除けば、アコムで増額ができないとしても他社での新規借り入れは可能です。

 

特に、アコムでの利用期間が短いために増額ができなかった、増額審査に落ちてしまったと考えられる場合には、他社への申し込みで何ら問題なく審査に通ることもあるのです。

 

アコムの利用実績が足りない場合

アコムで契約をしたばかり、少し前の契約といった方は、アコムでの増額審査に通るのは難しくなります。

 

しかし、他社での借り入れなら問題はなく、例えばプロミスアイフルといった他カードローンなら、アコムでの利用実績が足りずに増額審査に落ちてしまった方でも、問題なく借りられることも少なくありません。

 

もちろん、繰り返しにはなりますが総量規制で定める年収の3分の1までの借り入れであり、返済に問題がないといった条件は付きますが、それらの点に問題がないのであれば、アコムの利用実績の少なさはあまり気にする必要はないのです。

 

増額は審査基準が厳しくなる傾向

アコムに限らずですが、増額は審査が厳しくなる傾向にあります。

 

やはり1社から大きな金額を貸し付けるとなると審査もより慎重になるためで、例えばアコムで30万円の限度額があり、増額で50万円まで借りたいとなっても、収入等の状況によっては厳しくなります。

 

しかし、アコムの限度額は30万円のままで、他社で20万円、またはもっと少なく10万円を希望して新規で申し込みをすると、アコムでは増額ができなかった方でも何ら問題なく審査に通るケースも少なくありません。

 

1社からの借り入れは少ないほうが審査のハードルは下がる

カードローンは限度額が大きくなればなるほどに審査が厳しくなるため、増額によってまとまった金額を借りようとすると、それだけ審査が厳しくなってしまいます。

 

上の例よりもさらに金額を上げて、アコムで30万円を追加する増額申し込みをしてもなかなか通らないこともありますが、他社での30万円の新規申し込みなら、収入や信用情報次第とはなるものの、審査通過は可能です。

 

これは50万円のラインも関係しており、アコムの増額においても50万円を跨ぐような審査となると、どうしても厳しくなってしまいます。

 

他社より早いアイフルの借り入れ/
アイフル
Web申し込みなら平日も土日も最短25分融資!

 

アコムの限度額増額は50万円を跨ぐと慎重になる

アコムの限度額増額は50万円を跨ぐと慎重になる
アコムでは、限度額が50万円を超える契約となると収入証明書類の提出が求められます。

 

これはアコムに限らず貸金業法で決められていることとなるためにどの貸金業者にも当てはまりますが、この関係上、1社から50万円を超えて借りようとすると、どうしても審査が厳しくなってしまうのです。

 

アコムで限度額の増額ができなかった場合、もし限度額が50万円を跨ぐような申し込みとなっていたのであれば、このラインによって増額審査落ちとなってしまった可能性も考えられます。

 

個人が借入れをしようとする場合において、①ある貸金業者から50万円を超えて借入れる場合、②他の貸金業者から借入れている分も合わせて合計100万円を超えて借入れる場合、のどちらかに当てはまると、「収入を証明する書類」の提出が必要です。

 

引用:年収を証明する書類とは【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

 

他社との合計ならラインは下がる

収入証明は1社から50万円を超えて借りる場合か、または他社との合計で100万円を超えて借りる場合に提出をしなければなりません。

 

つまり、アコムで51万円以上の限度額となると収入証明が必要となりますが、以下のような借り入れの場合には、審査の結果で求められる場合を除き、収入証明の提出なく借りられることになります。

 

・アコムの限度額が30万円
・プロミスの限度額が30万円

 

合計すると60万円の限度額となりますが100万円は超えておらず、さらにはそれぞれの借り入れ先では30万円の限度額であるため、収入証明不要で借りることができます。

 

収入証明の提出ラインで審査は厳しくなる

収入証明を求めるということは、単に手続きにかかる手間が増えるだけでなく、貸す側としても念入りに収入を確認することになります。

 

当然ですが収入証明の提出がなくても収入は確認しているものの、書類の提出を求めるということは、それ以上に慎重に確認をしています。

 

そのため、アコムで50万円を跨ぐような限度額の増額審査は、どうしても審査落ちが多くなってしまい、増額ができないといった結果になりやすいという傾向にもあるのです。

 

ある程度の収入が求められる

収入証明を求められるラインでの限度額増額となると、やはりそれなりの水準での安定した収入が求められることになります。

 

アルバイトやパートの方では増額ができないことも多く、増額希望額と同じ金額を他社申し込みなら借りられるとしても、アコムでの増額では通らないといったことが増えてきてしまいます。

 

増額ができないからといってその金額がもうどこからも借りられないわけではなく、単にアコムでの増額ができないだけなので、実際にはそこまで悲観をすることでもないのです。

 

他社より早いアイフルの借り入れ/
アイフル
Web申し込みなら平日も土日も最短25分融資!

 

増額できない理由を考えて他社利用を検討する

増額できない理由を考えて他社利用を検討する
アコムで増額ができず、それでもどうしてもお金が必要なら、まずはここまで触れてきた内容を参考にして、アコムで増額ができなかった理由を考えてみましょう。

 

アコムの利用実績が足りなかったか、増額による借り入れ希望額が大きくなりすぎているか、アコムの利用状況に問題があるか、既に借りすぎているかなど、自身の状況を振り返ってみると理由もはっきりしてきます。

 

返済にトラブルがある、借りすぎているといった状況を除けば、アコムで増額ができないとしても他社利用は可能となるため、借りられる可能性があるカードローンを選んで申し込みを進めてください。

 

理由がはっきりしない増額審査落ちの場合

ここまでにあげてきたどの理由にも該当をしないのに、アコムでの増額ができないとなることもあります。

 

アコムでの利用実績は十分にあり、増額希望額も多くはなく、利用状況や他社借り入れにも問題がないのに増額ができないのは、そのときのアコムの増額審査基準を満たせなかっただけです。

 

アコムに限らず、カードローンの審査は基準が読みにくいところがあり、時期によっても多少のブレがあるため、現状に問題がないのにアコムの増額ができなかった場合には、他社での同額の申し込みで問題なく審査に通ることは多々あります。

 

増額ができなかった場合はどこに申し込みをするか

アコムで増額ができない、増額審査に落ちてしまったといった場合に、他社で借りるならアコムと同水準での審査基準となるところを選ぶようにしなければなりません。

 

これまでにあげてきて理由か、またはアコムの審査基準によって増額ができなかった状況で、アコムより審査が厳しいところに申し込みをしても、そこで借りられる可能性はどうしても低くなってしまいます。

 

例えば、アコムで増額ができなかった後に低金利ローンに申し込みをする、アコム保証となるバンクイックなどの銀行カードローンに申し込みをするなどは、できれば避けたほうが良いでしょう。

 

しっかり選んで増額審査落ち後に借りる

借り入れ先の候補として妥当と言えるのが、プロミスやアイフルあたりとなります。

 

SMBCモビットも一応は候補として挙げられますが、SMBCモビットは他の消費者金融のカードローンの比べて厳しくなる傾向にあり、アコムでの増額審査落ち後に借りられるかは分かりません。

 

その点、プロミスやアイフルであれば、アコムで増額ができないとしても新規での借り入れが可能であるため、アコムで増額が断られてしまった方は、まずはプロミスかアイフルから選ぶようにしたほうが良いのです。

人気カードローン一覧
プロミス
プロミスの特徴

プロミスなら近くのコンビニにある提携ATMでも、対応する金融機関宛の24時間の振り込み融資も可能となっているため、バレずにすぐにお金を借りたい方に特に人気です。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
アイフル
アイフルの特徴

Web申し込みなら他社より早く最短25分で借り入れが可能で、今すぐにお金が必要なときに頼れます。初めての方は契約翌日から30日間の無利息サービスもあり、返済負担の軽減も可能です。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 最短25分※
融資時間 最短25分※

※最短25分はWeb申し込みの場合

SMBCモビット
SMBCモビットの特徴

Web完結申し込みなら電話も郵送物もなく、バレにくい契約ができるようになっています。借り換えやおまとめとしての利用も可能となっており、他社での返済負担が重いと感じている方の借り換え先にも人気です。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日

申し込み内容や時間によってはご希望に添えない場合があります。
借り換えやおまとめの専用ローンはありませんが、カードローンで借りたお金で利用が可能です。

アコム
アコムの特徴

「はじめてのアコム」でお馴染みで、文字通り初めてのカードローンで利用する方も多いです。近くのコンビニにある提携ATMでも利用が可能となっているため、わざわざアコムATMを探す必要もありません。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分