カードローンの利息だけ払うことはできる?今月の返済がどうしても厳しい場合

カードローンの利息だけ払うことはできる?今月の返済がどうしても厳しい場合

カードローンの返済は利息と借り入れ金額の一部や全額を合わせた金額を入金しますが、お金がどうしても足り場合などは、利息だけの入金をすることもできます。

 

毎月の返済金額が本来は10,000円とした場合、利息で3,000円がかかっていれば3,000円だけの入金でとりあえずはその月の返済をやり過ごす、といった具合です。

 

利息も支払いができないとなると問題ですが、利息分だけなら何とか払える、来月以降はしっかりと返済が行える状況であれば、一時的に利息だけを払うといった返済も考えてみると良いでしょう。

 

利息だけ払う場合はどうしたらいいか

カードローンの返済時に利息分だけを払う場合、勝手に入金をしてもただの不足入金として扱われてしまうため、催促や確認の連絡が入ってしまいます。

 

そもそも入金日時点での正確な利息も分からないので、利息だけ払う場合にはコールセンターやカードデスクなどに連絡をし、利息分だけ払えないか確認をするようにしてください。

 

下手な言い訳はせずに素直に「今月だけは厳しいので利息だけ払いたいのですが…」と伝えましょう。

 

入金予定日時点での利息を計算してくれるので、その分をしっかりと入金すればその月の返済はやり過ごせます。

 

利息だけ払う返済を続けるのは問題

かと言って、毎月のように利息だけ払うのはまずいです。

 

利息だけ払う場合でもその月の返済はやり過ごせるとは言っても、当然ながら正常な返済にはなっていません。

 

利息だけ払う返済を繰り返せば信用情報にも悪い影響を与え、さらには今現在の借り入れ先での今後の限度額の増額審査にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

カードローンは初回契約時は限度額や金利の条件が良くはないですが、利用実績によって増額や金利の引き下げで条件が良くなっていくので、利息だけ払う返済を続けて信用を落とすようなことはしないようにしましょう。

 

利息だけ払い続けても返済は終わらない

毎月の返済はそれまでの利息と借りている金額の一部、または全額の入金となるので、正常な返済を続けていればいつかは完済ができます。

 

ただ、利息だけ払う返済では借りている金額に対する返済は1円も行われていないので、いくら払い続けても返済はいつまで経っても終わりません。

 

今のカードローンは上限金利もしっかりと定められているので、利息だけ払っても過払いも発生しません。

 

利息だけ払う返済は無駄な出費が増えるだけとなる大きなデメリットもあるので、本当の緊急時の手段として考えておくべきです。

 

延滞利息を払うぐらいなら利息だけ払う?

カードローンの返済は期日を過ぎると、日割りでの延滞利息が発生します。

 

延滞利息は遅延損害金と呼ばれ、通常の契約金利よりも高い利率で日々発生し続けます。

 

延滞日数が延びれば延びるほどに高く付いてしまい、もともとの利息と合わせて支払う必要があるので大きな負担となります。

 

今月の返済金が足りないからと返済を放っておいても延滞利息、遅延損害金が発生し続けてしまうので、それであれば利息だけ払うなどしてその月の返済はやり過ごしたほうがマシです。

 

今月だけではなく毎月の返済が苦しい場合

カードローンの利息だけ払うことはできる?今月の返済がどうしても厳しい場合

 

急な出費が重なるなどで今月だけ返済が苦しい、利息だけ払うというのであれば良いのですが、毎月のように返済が苦しいとなると状況としては厳しいです。

 

毎月の返済が苦しいまま続けていると、いつかどこかで返済のサイクルがパンクする可能性が出てきます。

 

完全に返済ができなくなってからではそれこそ債務整理などしか方法がなくなるので、そうなる前に金利が安いカードローンに借り換えるなどを考えてみるのも良いでしょう。

 

借り換えによって利息自体を減らす

カードローンの返済で大きな負担となるのは、間違いなく利息です。

 

目的型のローンなどと比べると金利が高くなってしまうカードローンは、返済時の利息もどうしてもかさみがちです。

 

余計な利息の支払いによってお金のやりくりに問題が生じるので、利息が高い、重いと感じているなら、早めに利息が安いところへの借り換えを考えてみるべきです。

 

借り換えは返済ができなくなってからでは審査には通らないので、まだ返済ができるうちに限られる利息軽減の方法です。

 

もし既に返済ができなくなっている、利息が重くて延滞をしてしまっているという場合には、借り換えではなく借金の整理を考えるしかありません。

 

借りすぎには注意をして計画的に使う

本来は利息だけ払うような返済をしなくてもいいように、借りすぎには注意をして返済ができる範囲で、計画的に使うのがカードローンの基本となります。

 

毎月の返済金額や発生するであろう利息を知り、完済までの計画も知った上で借りるようにしなければなりません。

 

返済に関する計画、シミュレーションは各カードローン会社の公式サイト上でも行えるようになっている場合が多いので、借りる前にはしっかりとしたシミュレーションを行い、無理がないように借りるようにしてください。