カードローンの融資が早いのは銀行ではなく間違いなく消費者金融

更新日:

カードローン 融資 早い

すぐにお金を借りたいときに気になるのが、融資の早いカードローンはどこかです。

とにかく早くに借りたいなら融資の早さは当然ながら重視をしておくべきで、それなら借り入れ先は消費者金融から選ばなければなりません。

カードローンの融資が早いのは、間違いなく消費者金融だからです。

最短1時間!消費者金融はとにかく早い

消費者金融のカードローンは、何といっても融資の早さ、手軽さが魅力です。

プロミスやアコムなどの大手有名消費者金融なら審査時間は最短30分、融資時間も最短1時間ととにかく早いです。

プロミス 免許証
プロミスなら免許証などの本人確認書類でお金が借りられる

カードローンは色々な書類を用意しなければならないと感じている方もいるかもしれませんが、プロミスは免許証などの本人確認書類でお金が借りられます。 免許証などの本人確認書類があればそれで良いので、余計な面 ...

続きを見る

融資の早いカードローンを選ぶなら、消費者金融の中でも特に大手が適しています。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

平日だけでなく土日も借りられる

消費者金融の営業は平日だけに限りません。

土日や祝日でも営業をしている場合が多く、年末年始などの一部の特殊な日を除けば平日も土日も借りられます。

ここで言う「借りられる」とはその日のうちに申し込みをして契約まで終えて借りられるということなので、平日も土日も今から申し込みをして当日中に借りることもできるわけです。

消費者金融なら借り方も様々

大手の消費者金融で借りるなら、融資が早いだけでなく借り方も豊富に用意されているので何かと便利です。

  • 指定口座への銀行振り込み
  • 自社ATMやコンビニなどの提携ATM
  • カードを使わずスマホアプリで

などなど、好きな方法でお金が借りられます。

特に最近はスマホアプリを使った借り入れを各社各サービスとも推しています。

昔のように店舗や自動契約機というものは、あまり使われなくなってきているのです。

プロミス 有人店舗
プロミスの有人店舗はどこにある?設置場所と営業時間はしっかり確認

プロミスは人と対面をしての手続きができる有人の店舗があります。 あるとは言っても一昔前は駅前の雑居ビル内などにそこら中にあった有人店舗ですが、プロミスでも今では設置数を大幅に減らしており、設置がない地 ...

続きを見る

スマホアプリで提携ATMから借り入れ

スマホアプリを使った借り方も主に二通りの方法があります。

  • アプリから指定口座への振り込み指示
  • 提携ATMでアプリを使って借り入れ

このうち特に推されているのが、提携ATMでアプリを使ってお金を借りる方法です。

アプリと提携ATMでお金を借りるというのも戸惑いますが、操作としては簡単です。

対応する提携ATMに行く

アプリを起動して提携ATMの画面上のQRコードを読み取るなどの操作

アプリ上、または提携ATMの画面上で指定の操作

出金

借り入れ先によって多少の手順の違いがあるので大雑把にですが、大体はこんな感じです。

専用のアプリを入れたスマホを持って対応する提携ATMに行き、あとはアプリと提携ATMの画面上の指示に従って操作すればOKってだけです。

簡単です。

ここまですべて最短当日中に対応可能

消費者金融なら、ここまでの流れのすべてがその日のうちに対応可能です。

平日も土日も、消費者金融の営業時間内や審査、契約可能時間内に手続きを終えれば、最短でその日のうちにお金が借りられます。

カードローンの融資が早いところを探しているなら、それはもう消費者金融で、その中でも特に大手の消費者金融で決まりです。

融資の早さを重視するなら銀行カードローンは避ける

融資の早いのは消費者金融か銀行か

カードローンは消費者金融以外にもあります。

一時的な色々な問題もあって勢いが弱まった銀行カードローンも、金利面や信頼性といった部分でやはり人気は高いです。

カードローン 金利 安い
カードローンの金利が安いのは銀行!地方銀行やネット銀行も侮れない

金利の安いカードローンを選ぶとなると、消費者金融ではなく銀行としておくのが基本です。 銀行であれば上限金利の適用となっても、消費者金融よりも3%や4%程度低い金利で借りられる場合が多いです。 金利が低 ...

続きを見る

ただ、銀行カードローンは融資が早いわけではないので、早くに借りたいなら不向きです。

銀行カードローンが向かない理由

銀行カードローンは、とにかく審査にも契約にも融資にも時間がかかります。

審査回答はどんなに早いところでも最短で翌営業日です。

銀行カードローンは警察庁のデータベースに情報照会をしなければならないので、どうやっても即日回答はできません。

即日融資が不可の銀行カードローン

過剰な貸し付けや反社会的勢力への融資などが過去に問題になり、銀行カードローンは即日融資ができなくなりました。

借り入れまではさらに時間がかかる

最短翌営業日となる審査回答後はそこから契約をし、借り入れとなりますが、さらに時間がかかります。

▼銀行カードローンで借りるまで▼

申し込みをして審査を受ける
(回答まで数営業日)

契約と口座開設
(審査後なら最短即日可)

カードの発行と受け取り
(郵送なら1週間程度)

ATMや振り込みで借り入れ

銀行カードローンでは口座開設が必要となる場合が多く、カードローンの契約と同時に口座開設手続きも進めなければなりません。

その手続き自体は、正直難しいものではありません。

ただ、口座開設後に発行がされるキャッシュカードを使って借りる場合も多いため、カードが手元に届かないとお金が借りられないのです。

カードが郵送されるのは1週間や2週間程度

契約と口座開設が数営業日で終えられたとしても、キャッシュカードやローンカードが届くのは1週間や場合によっては2週間程度はかかります。

今から申し込みをしても借りるのは大体10日前後程度と考えると、とてもじゃないけど早い融資とは言えないでしょう。

その代わりに消費者金融よりも金利が低い場合が多いなどのメリットもありますが、早さではどうしても劣ります。

融資の早さなら消費者金融

融資の早さで借り入れを選ぶなら、銀行ではなく消費者金融が強いです。

ただ、消費者金融は早さの代わりに金利が高い、利息が高く付くなどのデメリットもあります。

「早いから」と飛び付くのではなく、消費者金融でお金を借りるなら以下の記事も参考にしながら、計画的に利用をするようにしてください。

カードローン 利息 高い
カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

カードローンの利息ははっきり言って高いです。 住宅ローンなどと比べるまでもなく高く、借りすぎてしまえば利息負担によって返済が苦しくなるのは目に見えています。 しっかりと考えて使わないと、カードローンの ...

続きを見る

カードローン 毎月 返済
カードローンの返済は月々少しずつの金額で進められる

カードローンと聞くと金利が高い、利息の負担が重い、返済が苦しくなるといったイメージが先行しがちですが、実際には異なるものとなっている場合が多いです。 金利が高い、利息が重いというのは住宅ローンやマイカ ...

続きを見る

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-カードローン

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2020 All Rights Reserved.

プロミス
プロミス