カードローンとクレジットカードはどちらが便利で使いやすいのか

投稿日:

カードローンとクレジットカードはどちらが便利で使いやすいのか

カードを作りたいけどカードローンにするかクレジットカードにするか、どちらが良いかで迷ってしまう方もいるかもしれません。

どうせなら便利で使いやすいカードが作りたいものですが、カードローンとクレジットカードは一概にどちらが良いと言えるものではないのです。

そもそもの使い方に大きな違いがあるので、どちらが優れているということはありません。

来店不要で最短30分融資!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

それぞれのカードの使い方を確認

カードローンもクレジットカードも似ているように感じられてしまいますが、その仕組みは大きく異なります。

カードローンは基本的に現金を借り入れてその現金を生計費の範囲内で自由に使えるのに対し、クレジットカードは支払い等に使うのがメインです。

買い物の際にカード払いとしたり、ネットショッピングの決済を行ったり、公共料金の支払いを行ったりというのがクレジットカードの基本です。

手持ちの現金がなくても払えるのがクレジットカードの利点であり、この点はクレジットカードが便利で使いやすいと感じる部分でもあります。

対するカードローンはクレジットカードのようにカード払いとしては使えず、現金として借りてそのお金で支払いをするというものになります。

現金があれば困ることはありませんが、カードでサッと払いたいというときや、ネットショッピングで即座に決済をしたいときなどはカードローンでは対応がしづらくなってしまいます。

限度額の範囲内で現金を借りるカードローン

クレジットカードは利用枠の範囲内であれば支払いに使えますが、カードローンの限度額は枠があってもカードを使っての支払いはできません。

限度額は現金が借りられる枠となるため、限度額の範囲内で現金を借りて支払い等に備えるという使い方になります。

カードで払えないとなると少し不便に感じられてしまうかもしれませんが、結局が現金があれば大体のことは対応ができるという側面もあります。

例えば、

  • カードのエラーで決済ができない
  • 利用枠が不足していて使えない
  • 有効期限切れに気付かず使えなかった

こういったことはクレジットカード決済では起こり得ますが、現金として持っていれば全て気にする必要はありません。

現金払いがエラーということは起こり得ませんし、手持ちの現金の範囲内での支払いなら枠も何もありません。

また、当然ながら現金に有効期限もないので、現金さえ持っていれば支払いは済ませられるわけです。

カード払いのようなスマートさはありませんが、やはり持っていると安心なのは現金と言えます。

クレジットカードの弱点

支払い時のスマートさや便利さではクレジットカードが勝るのは事実ですが、クレジットカードには上にあげた以外にも弱点があります。

最も大きなものは「カード払いが使えない」場合です。

例えば、冠婚葬祭でお金が必要になってしまったとき、手持ちの現金がないからといってカード払いで対応をすることはできません。

急な訃報で香典を包むとなったときに、まさか香典がクレジットカード払いで、とかはできるはずもないわけです。

そのときに強いのは間違いなく現金で、現金があればお葬式の香典も結婚式の祝儀も対応可能です。

この点に関しては現金として借りられるカードローンが大きく優れているところであり、対応ができないクレジットカードの大きな弱点となってしまいます。

カードローン 最強
最強のカードローンって結局どれ?すぐに借りたい方におすすめはこれ!

カードローンを探しているときに、どれを使えば良いのか、何が良いのかというのはどうしても迷ってしまうのです。 それもそのはず、どこを見ても同じような条件で同じようなサービスで、代わり映えしないのでなかな ...

続きを見る

キャッシング機能を付ければ対応可能

クレジットカードは審査に通ればキャッシング機能が付けられるため、キャッシング枠を持っているなら弱点は補えます。

利用枠の範囲内で現金としてお金が借りられるので、カードローンがなくてもキャッシング枠があれば問題はないわけです。

クレジットカードのキャッシング枠はそこまで大きくはならない場合が多いですが、それでも急な出費に対応をする分として見れば事足りる範囲です。

クレジットカードにキャッシング枠を付けておけば、支払いにも使えて現金としても借りられて、とにかく便利な1枚になることは間違いありません。

カードローンの出番はないのか

カードローンの出番はないのか

クレジットカードの弱点である現金の部分も、キャッシング機能で補えるとなるとカードローンの出番はなさそうに思えます。

しかし、カードローンは現金としての借り入れに特化している分だけ、クレジットカードのキャッシング機能よりも便利に素早く借りられるのが特徴です。

一例をあげると、

  • 最短30分程度で借り入れ可能
  • 契約後は24時間振り込み融資可能
  • 多くの提携コンビニATMで使える

などがあります。

クレジットカードのキャッシング機能を付ける審査は時間がかかる場合があり、今日すぐに必要、早くに現金を借りたいとなっても対応ができないことが多々あります。

対してカードローンは平日でも土日でも、申し込みをしたその日のうちに、早いところであれば最短30分程度で借り入れが可能です。

プロミス 土日
プロミスは土日でも申し込みも融資もオペレーター対応も可能

プロミスは土日でも平日同様のサービスが受けられる部分が多いです。 すべてにおいて平日と同じというわけではありませんが、利用における大きな部分に関しては土日でも対応可能です。 恐らく最も気になる方が多い ...

続きを見る

また、契約後の利用においてもカードローンは優れています。

クレジットカードでは時間が限られることがある振り込み融資も、大手のカードローンなら契約後は対応する金融機関宛で24時間可能です。

より素早く現金を借りたい方にとっては、クレジットカードよりもカードローンが優れているということになります。

どちらが便利とは決められない

カードローンとクレジットカード、そもそもの使い方も異なってくるので、どちらが便利で優れているかというのは決められません。

使い方に合わせて選ぶしかなく、どのようにカードを使いたいか、何を求めるかによって選ぶべきカードが変わってくるのです。

支払いだけに使いたい、買い物をするときの決済手段をして使いたいならクレジットカードでしょうし、現金が必要ならカードローンです。

クレジットカードもキャッシング機能を付ければ現金は借りられますが、現金を借りる目的だけならカードローンのほうが早い分だけ便利かもしれません。

キャッシング機能が付けられるとは言っても、クレジットカード発行=利用開始までに日数を要してしまうためです。

現金があれば大体のことは何とかなる

上でも触れていますが、何をするにも大体は現金があれば何とかなります。

支払いをするにも当然ながら現金があれば良いわけで、クレジットカードが対応しているか、カード払いが使えるかなども確認する必要もありません。

カードローンで借りた現金は生計費の範囲内なら用途自由ですし、何に使ったかという申告も当然ながら必要ありません。

当初は生活費目的でカードローンを契約したとしても、別の目的のために借り入れても何ら問題はないわけです。

また、限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し借りられるのもカードローンの良い部分でもあるため、万能な現金として借り入れで使えるカードローンは困ったときに助かります。

カードローンの大きな欠点

最後に、カードローンの大きな欠点についても触れておきます。

カードローンは現金として借りるという性質上、あまり利用がバレたくないという側面があります。

現金として借りるカードということは、利用が知られると「お金に困っている人」というレッテルが貼られる可能性があります。

この点に関してはクレジットカードのキャッシング枠にも同じことが言えます。

一応はカードローン会社も配慮をしてくれるのでバレないように、バレにくいようにしてくれますが、クレジットカードとは異なり持っていること、契約をしていること、利用をしていることが知られたくないというのは大きな欠点です。

クレジットカードなら無理なリボ払いなどをしない限り、カード払いに後ろめたい気持ちは特にはありません。

しかし、カードローンはバレたくないという思いから後ろめたい気持ちも出てしまうので、これはどうしてもカードローンの大きな欠点となり得るところなのです。

それでもどうしても現金が必要なときなどはカードローンを利用する機会もあるかもしれないので、使う際には返済の計画はしっかりと立て、使いすぎには気を付けるようにして必要最低限の利用に留めてください。

カードローンなら年会費もかかりませんし、さらに担保も保証人も不要なので、困ったときには便利なものとなるのは事実ではあるのです。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
30分

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

アイフル

アイフル

申し込み後に受け付け完了メールが届いたら、専用ダイヤルに電話をすると審査を優先して進めてくれます。急ぎの方には助かる、独立系消費者金融ならではの対応が魅力です。初めて借りる方は契約翌日から30日間が無利息で、利息を抑えたい方にもおすすめです。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
25分※
最短
25分※
※Web申し込みの場合

-カードローン

Copyright© カードローンやキャッシングを知ろう , 2021 All Rights Reserved.

   SMBCモビット
   SMBCモビット