カードローン

主婦でもカードローンでお金借りられる?旦那に内緒で50万ぐらい借りたい

投稿日:

主婦の方でもお金がない、カードローンを利用したいと感じるときはあるかもしれません。

ただ、そのときに気になるのが「主婦でもカードローンは利用ができるのか」ということです。

合わせてどうしても確認をしておきたいのが、旦那に内緒で借りられるかどうかです。

カードローン 主婦

主婦は主婦でも何主婦かによって変わる

「主婦」と一言でいっても、大きく分けて二通りの主婦の方がいます。

配偶者の収入が柱となる専業主婦の方、自身でも仕事をしている兼業主婦の方です。

それぞれの違いは「自身で収入を得ているか」で、これはカードローンを選ぶ上でとにかく重要になる点です。

パートでもいいので働いていて自身で収入を得ている主婦の方であれば、カードローンでお金を借りることも、配偶者である旦那さんに内緒で契約をすることも可能です。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

消費者金融系カードローンは自身での収入がないと厳しい

プロミスやアコムなどの消費者金融系カードローンは、申し込み者本人が安定した収入を得ていないと利用ができない場合がほとんどです。

プロミスは年収いくらならお金が借りられる?嘘をついても審査に通らない!

プロミスでお金を借りるためには安定した収入が必要不可欠です。 ただ、安定した収入とはいくらを指しているのかは、プロミス公式サイトを見ても明記はされていません。 あくまで「安定した収入」としか書かれてい ...

続きを見る

パート収入でも主婦本人が得ていれば年収が高くないとしても申し込み自体に問題はありませんが、専業主婦で自身の収入がゼロとなると厳しいです。

一応、貸金業法では専業主婦の方でも利用ができるようにと、配偶者貸付という制度は設けてはいます。

配偶者様と合わせた年収の3分の1以下の借入が認められます。配偶者貸付けをご希望のお客様は、貸金業法で定められた手続きにより配偶者様の同意を得て、配偶者様と合わせた年収の3分の1以下の借入が認められます。

配偶者貸付けについて | クレジットカードならセディナ[Cedyna]

ただ、実際にこの制度を利用して貸付を行っている消費者金融というものは、決して多くはありません。

大手の有名消費者金融は全滅といっていいぐらいです。

配偶者貸付で借りるとしても旦那さんに内緒は難しい

一部で配偶者貸付によるカードローン、キャッシングの利用を認めている準大手、中堅どころ、または信販会社は存在しています。

あるにはありますが、配偶者貸付でお金を借りるためには、

  • 配偶者の同意
  • 配偶者の収入証明書類
  • 配偶者との婚姻関係を証明する書類

あたりを得る、用意をしなければならないので、旦那さんに内緒で借りるというのもなかなかにハードルが高いです。

セディナカードは配偶者貸付に対応をしている

上で配偶者貸付に関する説明を引用させていただいたセディナカードでは、説明をしているだけあって配偶者貸付による専業主婦の方の契約を可能としています。

可能としているだけあって簡単に利用ができるわけではないのですが、必要な条件や書類等を見るとたぶん嫌になります。

  1. 配偶者貸付申込書
  2. 配偶者の収入証明書
  3. 婚姻関係証明書

これが必要になります。

パッと見ると「なんだこれだけか」と思うかもしれません。

しかしこれ、配偶者貸付申込書が厄介です。

配偶者が「必ず自筆で」名前や住所、電話番号、勤務先などの情報を記入しなければならない箇所があります。

専業主婦の方であれば旦那さんに書いてもらわなければならないので、内緒で借りるのは不可能です。

ネットで気軽に申し込みができるというわけでもなく、配偶者貸付でお金を借りるのも結構大変なのです。

主婦は旦那バレせずに借りられないのか

主婦でもバレずに借りたい

配偶者貸付を使う以上は旦那さんに内緒でお金を借りるのは難しいですが、配偶者貸付を利用しないのであれば話は別です。

配偶者貸付を利用せずに借りられるカードローンもあるので、専業主婦の方はそれを選ぶようにすれば問題ありません。

一部銀行カードローンは専業主婦OK

消費者金融ではなく一部の銀行カードローンでは、自身で収入を持たない専業主婦の方でも利用ができるようになっています。

配偶者に安定した収入があればOKとしていますが、配偶者貸付で借りるわけではないので配偶者である旦那さんの同意や収入証明等は不要です。

正直、配偶者貸付を利用して借りようとするぐらいなら、専業主婦対応の銀行カードローンを探したほうが良いです。

銀行は貸金業者ではないからこその対応

そもそもがなぜ専業主婦だとお金が借りられない、借りにくいかという話を少しだけしてみます。

消費者金融でお金を借りる場合には、貸金業法でガチガチに固められた規制がどうしても壁になります。

改正がされた貸金業法には、年収の3分の1までの借り入れに制限をする総量規制があります。

総量規制とは
総量規制の基本を知ろう!総量規制を超えてお金は借りられません

「総量規制」というもの、カードローンやキャッシングの利用を考えると必ずと言ってもいいほどに目にする言葉です。 このサイト内でも色々な記事に「総量規制が~」などと書いていますが、総量規制についての基本を ...

続きを見る

これによって自身で収入を持たない専業主婦の方は、借りられる金額がゼロとなってしまうわけです。

しかし、総量規制は貸金業法によるものであり、貸金業者、つまり消費者金融や信販会社のキャッシング等が対象となります。

貸金業者ではないところには関係がない話で、貸金業者ではない銀行は総量規制の影響を受けないのです。

借りられる金額はそこまで大きくはならない

専業主婦対応の銀行カードローンでお金を借りるなら、配偶者貸付を利用するわけではないので同意等も不要です。

旦那さんにバレずにお金が借りられますが、限度額はそこまで大きくならない場合が多いです。

仮に50万円借りたいとなっても、審査の結果で与えられる限度額は10万円程度になるなど、少額での借り入れが主となります。

配偶者の収入から返済に回すとなるとなかなか厳しい部分もあるので、あまり大きな金額が借りられないのは残念でありながら、返済を考えると助かるとも言えます。

パート主婦なら借り入れ先はいくらでも選べる

パート主婦なら借りられるところは多い

専業主婦ではなく、自らでパートをしていて収入を得ている主婦の方であれば、借り入れ先はいくらでも選べます。

自身で収入があるのでその3分の1までなら貸金業者でも借りられ、さらには銀行カードローンも申し込みをしようと思えばできてしまいます。

専業主婦とパート主婦とでは、カードローンの選択肢は大きく変わってくるのです。

パート主婦が借りるなら消費者金融か銀行か

選べるとなると逆に困ってしまうというか、じゃあどこにすればいいのという話にもなります。

単純な選び方ではあるのですが、もし今すぐにでもお金を借りたいというのであれば、プロミスやアコムなどの大手消費者金融を選ぶようにしてください。

プロミスと銀行カードローン
プロミスと銀行カードローン、借りるならどっちがいいの?

消費者金融のカードローンの中でも人気が高いプロミスと銀行で借りるカードローン、どっちを選ぶべきか迷っているそこのあなた。 選び方は簡単です。 どのように借りたいかを明確にすれば迷う必要はありません。 ...

続きを見る

銀行カードローンは審査や契約に時間がかかるので、すぐ借りたい場合には不向きです。

必要になるのが先なら銀行ももちろんアリ

お金が必要になるのがまだ先、そのときの備えとして今のうちにカードローンを契約しておきたいというのであれば、銀行カードローンももちろん選択肢に入ります。

借り入れができるまでに日数はかかりますが、その代わりに消費者金融よりも低金利で借りられる場合が多い点は銀行の良さです。

カードローンの金利が安いのは銀行!地方銀行やネット銀行も侮れない

金利の安いカードローンを選ぶとなると、消費者金融ではなく銀行としておくのが基本です。 銀行であれば上限金利の適用となっても、消費者金融よりも3%や4%程度低い金利で借りられる場合が多いです。 金利が低 ...

続きを見る

消費者金融も銀行もカードローンは年会費等はかからないのが基本なので、備えとして契約をしても金銭的には負担がないのも良い点です。

それでも返済はしっかりと考えておきたい

これはパート主婦の方だけではなく専業主婦の方が借りる場合にも言えることですが、お金を借りるなら返済はしっかりと考えるようにしてください。

限度額があるから、借りられるからと余計な借り入ればかりを重ねていると、気が付けば借金まみれで返済が追い付かなくなる、なんてこともよくあるのがカードローンの怖さです。

借金まみれでも借りられる
借金まみれでも借りられる?借金から逆転や脱出をするにはどうすればいいか

カードローンは他社に借り入れがあっても、返済ができる範囲であれば借りられます。 もちろん借りすぎている、収入に対しての借り入れが多すぎるといった場合には話は変わります。 そこで気になるのが、借金まみれ ...

続きを見る

収入が決して多くはないパート主婦の方、自身で収入を持たない専業主婦の方が返済に困ってしまうと、頼るのは配偶者である旦那さんです。

そうなると結局は借り入れがバレる、借金を重ねているということが知られてしまいます。

そうならないように、カードローンは計画的に利用をしなければならないのです。

主婦でも頼れる便利なカードローン

返済をしっかりと考えた上で利用をするなら、カードローンは主婦の方にも頼れるサービスとなります。

配偶者貸付を利用しない借り入れなら周囲にバレることもなく、内緒で限度額内でお金が借りられます。

どうしても欲しい物がある、ちょっとお金を使いすぎてしまって今月の生活費が足りなくなってしまったなどの場合には、返済をしっかりと考えた上で対応するカードローンの利用を考えてみるのも良いでしょう。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく便利に利用ができるのが大きな特徴です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-カードローン

Copyright© カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト , 2020 All Rights Reserved.