プロミスはすぐ増額できる?条件や限度額増額時の在籍確認・必要書類について

更新日:

プロミス すぐ 増額

プロミスは初回契約時には限度額は大きくなりにくく、増額を重ねてある程度の金額を借りるというのが基本になります。

はじめは10万円の限度額だった方でも、増額によって30万円、50万円と大きな金額まで借りられます。

ただそこで気になるのは、プロミスの増額はすぐにできるのかという点です。

3行で分かるこの記事の内容

  • プロミスは当日から増額可能
  • 増額を実現するための条件
  • 増額で必要な書類や手続き

完済をすればすぐ増額ができることも

プロミスの増額は、申請だけなら申し込み当日からすぐに行えます。

申請自体はすぐに行えますが、増額は審査があるので全員がすぐ増額ができるとは限りません。

例えば、

  • 収入に対しての限度額が少なすぎる
  • あまりにも返済が余裕すぎる

などの場合には、増額に通る、増額の案内が届くということになります。

「今の限度額なら返済が余裕すぎる」ということをプロミスに分からせれば、実際の増額もすぐできる可能性があるというわけです。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

返済ができる人に対しては貸したい

返済ができる人に対しては、プロミスとしてもお金を貸したいと考えています。

しかし、初めてお金を貸す人にはどうしても多くの金額は貸せません。

見知らぬ人が

100万円貸してくれんか?

と言ってきたところで、いきなり100万円を貸す人はまずいないでしょう。

プロミスとしても審査はしっかりと行っていても、実際に返済ができるのか、ちゃんと返してくれるのかは貸してみないと分かりません。

そのために初回は少額での貸し付け、その後に限度額の増額によって大きな金額を貸すという形をとっています。

これはプロミスだけに限らず、アコムの増額などにおいても同様です。

アコム 増額 すぐ
アコムの増額はすぐできる?契約後すぐに限度額の増額はできるのか

アコムをはじめとする消費者金融の多くは、初回契約時の限度額がそこまで大きくはならない傾向にあります。 申し込み内容や審査の結果によっては10万円程度の限度額となる場合もあり、もう少しお金が必要といった ...

続きを見る

増額と言えども総量規制の範囲内

限度額が増額されるとしても、その金額は年収の3分の1までとなる総量規制の範囲内となります。

総量規制とは
総量規制の基本を知ろう!総量規制を超えてお金は借りられません

「総量規制」というもの、カードローンやキャッシングの利用を考えると必ずと言ってもいいほどに目にする言葉です。 このサイト内でも色々な記事に「総量規制が~」などと書いていますが、総量規制についての基本を ...

続きを見る

いくら増額でも総量規制を超えてということはありえません。

他社で借りていて既にプロミスと合わせて借り入れ総額が年収の3分の1まで達していれば、残念ながらプロミスでの限度額増額は難しくなります。

プロミスで限度額を増額するための条件

プロミスの増額に必要な条件

プロミスで限度額を増額するためには、

  • 利用実績
  • 正常な返済履歴
  • 増額ができるだけの収入

が必要になります。

利用実績と正常な返済履歴は同じようなものですが、プロミスでお金を借りてしっかりと返済をする、というのが増額において最も重要です。

また、上でも触れている総量規制の関係もあるので、増額ができるだけの収入に余裕がないと難しくなります。

プロミス 年収
プロミスは年収いくらならお金が借りられる?嘘をついても審査に通らない!

プロミスでお金を借りるためには安定した収入が必要不可欠です。 ただ、安定した収入とはいくらを指しているのかは、プロミス公式サイトを見ても明記はされていません。 あくまで「安定した収入」としか書かれてい ...

続きを見る

どの程度の利用実績が必要か

利用実績は特に回数や期間が定められているわけではありません。

プロミス公式サイトの増額に関するページを見てみると、以下のような記載があります。

当日からできるプロミスの増額

プロミス公式サイトより

特に利用実績が記載されているわけではなく、むしろ「申し込み当日からOK」とあるぐらいです。

もし初回契約時の限度額が少なくてもすぐ増額すればいいじゃんと思ってしまいますが、もしそれが通るなら初回契約時の限度額が少ない意味がなくなります。

これはあくまで増額の「申し込み」ができるというだけで、当日に増額が「できる」とは言っていません。

やはり増額をするためには、どうしても利用実績は必要となります。

増額のためには審査が必要

プロミスで限度額を増額するためには、増額審査が必要となります。

その際に重視がされるのがプロミスでの利用履歴で、ここがないと増額審査に通るのも難しくなります。

人によっては1回や2回の借り入れ後、すぐに増額の案内が届くということもありますが、逆に何回使ってもなかなか案内が来ないこともあります。

こればっかりは収入や他社の利用状況なども加味される部分があるので、明確に「〇〇回の借り入れ!」というようなラインはありません。

他社借り入れあっても借りられる
他社借り入れあっても借りられる?他社で借りてても審査に通るカードローン

カードローンは他社の借り入れが多くなると審査では不利になります。 とは言っても他社借り入れがある=即NGとなるわけではありません。 他社借り入れがあっても借りられる、審査に通るカードローンは、実際には ...

続きを見る

完済をしていれば増額の可能性も上がる

利用実績、正常な返済履歴も、今現在プロミスを利用しているよりも、完済済みのほうが増額には強いです。

以前は借りていたけどしっかり期日通りに完済をして今は使っていない、というのであれば、プロミス側から増額の連絡が来ることも考えられます。

正常に返済ができているとしても、以下のような状況では増額は難しいかもしれません。

約定返済金額通りに返済を行う

限度額が戻ったら返した分を借りる

これを毎月繰り返しても利用実績や正常な返済履歴と言えなくもないです。

ただこれ、とても余裕のある利用状況とは言えないので、増額という面で見るとどうしても弱くなります。

やはり強いのは利用中より、完済後です。

プロミスの増額に関する様々なこと

プロミスの増額に関するあれこれ

その他のプロミスの増額に関することをざっとまとめます。

まず増額時の在籍確認について。

プロミスでは申し込み時、契約時と勤務先が変更になっていなければ、増額時に再度在籍確認を取るということは基本的にはありません。

ただし状況等によっては変わることもあるので、増額時の在籍確認は行わない場合が多い、と考えておいてください。

増額時に必要となる書類

プロミスは50万円まで、または他社合計で100万円までなら、原則として本人確認書類で借りられるようになっています。

プロミス 免許証
プロミスなら免許証などの本人確認書類でお金が借りられる

カードローンは色々な書類を用意しなければならないと感じている方もいるかもしれませんが、プロミスは免許証などの本人確認書類でお金が借りられます。 免許証などの本人確認書類があればそれで良いので、余計な面 ...

続きを見る

少額なら面倒な収入証明書類などは不要ですが、増額となると話は変わります。

増額の際には金額問わず収入証明書類の提出が求められる場合が多いので、予め用意をしておくと増額の手続きもスムーズに進みます。

プロミスの増額手続きの方法

最も手軽に増額の申請が行えるのは、契約後に利用ができる会員ページからです。

会員ページから限度額の増額申請をポチればいいだけなので、周りに見られることなく、知られることなく増額の申請が行えます。

その後、プロミス側で審査をして結果の連絡が届きます。

増額がOKになりそうな場合には収入証明書類が必要となることもあるので、増額の申請をするなら結果を待たずに手元に用意をしておきましょう。

プロミスで増額ができなかった場合

プロミスで増額の審査に落ちてしまった、増額ができなかったという場合は、今はプロミスでの増額を諦めるしかありません。

それでもお金が必要なら、他社への申し込みを考えてみる必要があります。

今すぐお金が欲しい
今すぐにお金が欲しいときはどうする?本当にどうしてもお金が欲しい

お金は誰もが欲しいものですが、緊急でどうしてもお金が欲しい、現金が必要といった状況となると話は変わります。 何となく「お金がほしいな~」と感じるのとはワケが違うので、どうしてもお金が欲しいならお金を調 ...

続きを見る

プロミスの増額審査落ちの理由が

  • 利用実績不足
  • プロミスの審査基準に満たない

だけなら、アコムなどの他社で借りられる可能性は十分にあります。

ただ、プロミスの増額に落ちた理由が

  • 総量規制オーバー
  • 返済にトラブルあり

といった場合では他社利用も難しくなります。

アコム 恐ろしさ
アコムの恐ろしさ・注意点はどこにある?考えて使わないとアコムで失敗するかも

アコムは誰もが知っているとも言えるほどの大手有名消費者金融です。 「はじめてのアコム」の通りで初めてお金を借りる方でも安心して利用ができるようになっていますが、それでもアコムにも恐ろしさというか注意点 ...

続きを見る

増額を見据えて利用をするようにしたい

限度額の増額は、成功すればより大きな金額が借りられるだけでなく、実質年率の引き下げに繋がることもあります。

今からプロミスで借りる方、初めて借りる方は、今後に大きな金額を借りる予定はないとしても、増額を見据えた利用を心掛けるようにしたいものです。

借りる金額は少なくても実質年率が下がれば単純に支払う利息が減らせるようになり、返済にも余裕が持てます。

カードローン 利息 高い
カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

カードローンの利息ははっきり言って高いです。 住宅ローンなどと比べるまでもなく高く、借りすぎてしまえば利息負担によって返済が苦しくなるのは目に見えています。 しっかりと考えて使わないと、カードローンの ...

続きを見る

高い実質年率のまま利用をしていくのももったいないので、プロミスで増額ができるようにトラブルなく利用をしていくようにしましょう。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-増額, プロミス

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2020 All Rights Reserved.

プロミス
プロミス