プロミスの恐ろしさや気を付けておきたいこと

投稿日:

プロミス 恐ろしさ

TVCMでも見かけるカードローンのプロミス

使ってみたいけど何だかやばそうと感じる方もいるかもしれません。

実際にはプロミスの恐ろしさというよりカードローン全般に言える恐ろしさとなりますが、借り入れを考えている方は、そのあたりもしっかりと知ってから利用をするようにしてください。

プロミスの恐ろしさはまずは金利面の負担にある

プロミスの恐ろしさ、やばさという点で言えば、まず挙げられるのが金利となる実質年率の負担です。

プロミスの実質年率は4.5%~17.8%となっており、下限の4.5%で借りられるなら大きな負担にはなりませんが、下限で借りるのは現実的ではありません。

初回契約時では上限となる17.8%での利用となることが多く、契約中に限度額の増額に伴って実質年率が下がることはありますが、大体は上限での利用になると考えておいたほうが良いです。

プロミス すぐ 増額
プロミスはすぐ増額できる?条件や限度額増額時の在籍確認・必要書類について

プロミスは初回契約時には限度額は大きくなりにくく、増額を重ねてある程度の金額を借りるというのが基本になります。 はじめは10万円の限度額だった方でも、増額によって30万円、50万円と大きな金額まで借り ...

続きを見る

住宅ローンと比べるのも無理がありますが、マイカーローン教育ローン銀行のカードローンなどと比べてもどうしても負担が大きくなってしまうので、この点はプロミスの代表的な恐ろしさと言えるでしょう。

とはいえ、これはプロミスに限らず、ノンバンクとなる消費者金融のカードローンすべてに共通しています。

有名カードローンの実質年率で比べてみると以下のようになり、どこで借りても大体は同じような負担です。

借り入れ先 実質年率
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%

消費者金融のカードローンでお金を借りる以上は、金利となる実質年率の負担はどこでも大きな恐ろしさになるというわけです。

この点はしっかりと考えて利用をしないと、借りた後の利息負担が思っていたよりも重いなどで、返済が進みにくくなってしまう可能性があります。

プロミス

プロミス
契約後は対応する金融機関宛で24時間最短10秒で振り込み可能。平日でも土日でも最短で申し込み当日にすぐ借りられます。
実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
30分

アイフル

アイフル
TVCMでお馴染みの独立系大手消費者金融。Web申し込みなら他社より早く、契約まで最短25分で素早く借り入れ可能です。
実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
25分※
最短
25分※
※Web申し込みの場合

SMBCモビット

SMBCモビット
借り換え専用ローンではありませんが、借り換えやおまとめとしても利用ができるため、借り換え先を探している方は注目です。
実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。申し込み内容によっては翌営業日以降の取り扱いになることがあります。

アコム

アコム
初めてアコムで借りる方なら、契約翌日から30日間が金利ゼロで利息負担が抑えられます。有名なカードローンで借りたい方に。
実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
30分

プロミスは返済が長期化しやすい傾向にある

上に挙げた金利となる実質年率の負担は、カードローン全般に共通していることです。

ただ、プロミスだけの恐ろしさという点で言えば、返済が長期化しやすいという部分があります。

10万円以上の借り入れとなればどこでも大きな違いはないものの、10万円未満で借りて毎月の最低返済金額だけで入金を進めると、プロミスは他社よりも完済までに長い期間を要します。

10万円未満で借りている場合の毎月の返済金額に違いがあるためで、プロミスは少額借り入れ時の返済金額が以下のように少なく設定されています。

借り入れ金額 毎月返済金額
1万円 1,000円
2万円
3万円 2,000円
4万円
5万円
6万円 3,000円
7万円
8万円
9万円 4,000円
10万円
11万円

他社では10万円以下の借り入れ時の返済金額が4,000円や5,000円で一括りになっているのに対し、プロミスは少額借り入れ時の返済金額が少ないです。

例えば、プロミスで5万円を借りるだけなら毎月の最低返済金額は2,000円となりますが、他社で借りると4,000円や5,000円の返済となるわけです。

さらに少額の2万円を借りたとしたら、プロミスなら1,000円ずつの返済で利用ができますが、他社では同じく4,000円や5,000円です。

少額を借りた場合の毎月の返済金額が少なく済むのはプロミスのメリットではありますが、逆に言えば、返済金額が少ない分だけ完済までに長い期間を要してしまうのは、プロミスの一つの恐ろしさと言えなくもありません。

プロミス 毎月 返済額
プロミスの毎月返済額は借り入れ金額によって変動する

プロミスの毎月の返済額は、限度額によって固定がされているわけではありません。 借りている金額によって毎月返済額が決まっているので、返済額から借りる金額を考えることもできるようになっています。 単純に多 ...

続きを見る

返済が長期化することで利息負担が増える

毎月の返済を少なくして完済までにかかる期間を延ばしてしまうと、最終的に支払う利息総額が大きく膨れ上がることになります。

例えば5万円を借りたとした場合。

プロミスなら毎月の返済は2,000円となるので、最低額の2,000円だけで返済を進めた場合には、完済までにかかる期間は32か月です。

プロミスで5万円を借りた場合の返済期間

プロミスの返済シミュレーション結果より

対して、5万円を借りて毎月の返済金額が4,000円だとした場合には、完済までにかかる期間は14か月となります。

5万円を借りて4,000円ずつで返済をした場合

プロミスの返済シミュレーション結果より

返済金額が倍となるので当然ですが、完済までにかかる期間も倍以上の違いがあります。

少しずつで返せるのはプロミスの良い点でもあるのですが、カードローンは借りている間は利息がかかり続けるため、返済期間が長くなると利息がどうしてもかさむことになります。

上記の2,000円と4,000円での返済で5万円を借りた場合であれば、計算上は以下のような利息負担の差が生じます。

返済金額 利息総額
2,000円 12,923円
4,000円 5,704円

借りる金額が5万円という少額のため、利息総額も金額だけで見れば大したものではないかもしれません。

しかし、割合で見れば、

2,000円の返済:25.846%
4,000円の返済:11.408%

と、非常に大きな負担になっているのが分かります。

10万円以下未満のような少額を借りる場合においては、「最低返済金額だけ」で返済を進めてしまうと、プロミスは利息負担が大きくなります。

これは、プロミスの恐ろしさと言えなくもないでしょう。

利息負担は減らすことができる

ただ、上記の例はあくまで毎月の返済を最低金額だけで進めた場合です。

プロミスの返済は、毎月の返済金額以上であれば自由に上乗せをして入金ができます。

2,000円の返済となっていても3,000円でも4,000円でも入金ができるので、プロミスで5万円を借りて、毎月の返済を4,000円とすれば他社との違いはなくなります。

このあたりは自身のお金に合わせて返済をコントロールすれば良いだけなのです。

むしろ、毎月の返済金額が少なくなっている分だけ、お金が厳しいときには最低金額だけを入金し、余裕があるときには上乗せをして返済ができる自由度の高さは、プロミスの大きなメリットになり得ます。

これが他社の場合、4,000円がなければその月は不足入金扱いとなってしまいます。

返済に余裕が持てるという点では、プロミスの返済金額の少なさは恐ろしさというより、むしろメリット、良い点とも言えるのです。

返済に関するトラブルはどこでも同じ恐ろしさ

お金を借りるなら返済についても考えておくべきです。

借りたけど返済ができない、長期に渡って遅れてしまったとなれば大変なことになります。

これはプロミスだけでなくアイフルでもSMBCモビットでも、銀行のカードローンでも住宅ローンでも何でも同じです。

返済ができなくなれば信用情報に傷が付くことになり、その情報は今後数年間に渡って残ることになってしまいます。

その間は新たなカードを作ったり、ローンを組んだりといったことができなくなるので、プロミスの恐ろしさというわけではありませんが、カードローン利用の際には十分に気を付ける必要があります。

よく聞くフレーズの「ご利用は計画的に」の通り、しっかりと計画を立てて利用をしなければなりません。

最も恐ろしいのは、計画を立てずに無計画に使ってしまう利用者側の弱い意識にあるとも言えるのです。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス
契約後は対応する金融機関宛で24時間最短10秒で振り込み可能。平日でも土日でも最短で申し込み当日にすぐ借りられます。
実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
30分

アイフル

アイフル
TVCMでお馴染みの独立系大手消費者金融。Web申し込みなら他社より早く、契約まで最短25分で素早く借り入れ可能です。
実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
25分※
最短
25分※
※Web申し込みの場合

SMBCモビット

SMBCモビット
借り換え専用ローンではありませんが、借り換えやおまとめとしても利用ができるため、借り換え先を探している方は注目です。
実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。申し込み内容によっては翌営業日以降の取り扱いになることがあります。

アコム

アコム
初めてアコムで借りる方なら、契約翌日から30日間が金利ゼロで利息負担が抑えられます。有名なカードローンで借りたい方に。
実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
30分

-プロミス

Copyright© カードローンやキャッシングを知ろう , 2022 All Rights Reserved.