プロミスのフル入力とカンタン入力の違いって何?在籍確認にも違いがある?

更新日:

プロミスではWebでの申し込み方法が二通り用意されています。

「フル入力」と「カンタン入力」で、どちらを選ぶかによって申し込みの流れが変わります。

それぞれの申し込み方法の違いや注意点について、申し込み前にしっかりと知っておくと良いでしょう。

プロミス フル入力 カンタン入力

基本となる「フル入力」の申し込み

「フル入力」は基本とも言える申し込み方法です。

Web上の申し込みフォームに必要事項をすべて入力し、審査を受けます。

プロミス以外のカードローンの申し込みと同じで、フル入力だからといって入力項目が増えるわけではありません。

プロミスの使い方を徹底解説!すぐにお金が借りられるカードローンのプロミス

プロミスは最短1時間で借りられるカードローンとして人気が高く、すぐにお金が必要なときに大変便利で頼れるサービスとなります。 とは言え、初めての方ではプロミスの使い方、借り方は戸惑ってしまうもので、いく ...

続きを見る

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

Webでの入力が少ない「カンタン入力」

対して「カンタン入力」は、Web上での入力項目が少なくなっています。

名前や住所、連絡先、希望額などの最低限の項目のみをWeb上で入力し、他の必要事項に関しては後ほど電話で伝えることになります。

フル入力と比べてWeb上での入力項目は少なくなりますが、電話での確認が入るため、最終的に必要となる内容はフル入力もカンタン入力も違いはありません。

手間がかからないのはじつはフル入力

Web上での入力項目を少なくしてとりあえずの申し込みができるとなれば、文字通りカンタン入力のほうが簡単に申し込みができる気がしてしまいます。

しかし、カンタン入力はWeb上での入力項目が少ないだけで、その他の項目は電話で直接伝えなければなりません。

流れとしては以下のようになります。

カンタン入力で申し込み

プロミス側から着信

必要事項を口頭で伝える

プロミス側で確認

不備がなければ審査

カンタン入力後にプロミスからかかってくる電話で対応をしなければならないので、実際には大きな手間や時間がかかります。

これがフル入力であれば、以下のような流れで済みます。

フル入力で申し込み

プロミス側で確認

不備がなければ審査

フル入力なら、申し込み内容に不備やミスがなければそのまま審査まで進むのです。

仕事中などで対応ができないと審査まで進まない

カンタン入力での申し込み後にかかってくる電話に対応ができないと、申し込みに必要な情報が揃わないので審査まで進みません。

その時点では保留扱いとなり、電話で対応ができない限りは何も進まなくなってしまいます。

仕事中で電話に出られない場合や、知らない番号からの電話だからと無視をしてしまうと審査が遅くなり、結果的にプロミスで借りるのも遅くなります。

さらに言えば、電話での対応ができないままだと審査落ちになります。

カードローン 審査 通らない
カードローンの審査が通らない!お金を借りたいのに審査に落ちる理由と対策

カードローンでお金を借りたいから申し込みをしたのに、審査に通らなくてお金が借りられない…。 そんな結果になってしまう方も少なくありません。 審査に通らないとどうにもならないと諦めがちですが、本当に諦め ...

続きを見る

口頭で伝えるのはハードルが高い

Web申し込みの利点は、画面を覗き込まれない限りは周りの人にカードローンの申し込みがバレないことにあります。

しかし、カンタン入力は電話で口頭で伝える必要があるため、話している内容を周りの人に聞かれると申し込みがバレる可能性があります。

これではWeb申し込みのメリットもなくなってしまうので、カンタン入力はあまり使い勝手が良いとは言えません。

電話の回数が増えるのも大きなデメリット

カンタン入力による申し込みは、必ず本人宛に電話が入ることになります。

在籍確認の電話以外にも必ず電話が入り、フル入力に比べて電話の回数も増えることも多くなります。

なるべく電話連絡なしで借りたいと考えている方には向かないので注意が必要です。

プロミスの申し込みはフル入力で進めたい

プロミスの申し込みはフル入力で進める

フル入力なら在籍確認以外には電話がかかってこない可能性もあります。

在籍確認は仕方がないとしても、それ以外の電話はなるべく避けたいと考えるならフル入力です。

また、審査まで早くに進めたいと考える方も、カンタン入力ではなくフル入力で進めたほうが良いです。

在籍確認は相談ができる

プロミスは申し込み後すぐに連絡をすることで、在籍確認の相談ができるようになっています。何か不安な点、要望等があれば申し込み後すぐに連絡をしておきましょう。

早くに借りられるのはフル入力

Web上での入力項目が少ないことで、カンタン入力のほうが早くに借りられると考えてしまう方もいます。

しかし、カンタン入力は電話による対応が必要になることもあり、実際に早くに借りられるのはフル入力です。

申し込み内容の確認等がなければ在籍確認以外の電話なしで契約まで進む可能性もあるので、早くに借りたい方もフル入力としておくべきです。

フル入力にもデメリットがある

Web上で必要な情報をすべて入力をするフル入力には、以下のようなデメリットがあります。

  • 入力項目が多い
  • 入力内容が分かりにくいものがある
  • 入力ミスの可能性がある

正直なところはデメリットというほどでもないのですが、挙げるとすればこれらがデメリットです。

入力項目がどうしても多くなる

当たり前ですがカンタン入力に比べると入力項目が多くなるフル入力は、Web上での入力が面倒に感じる方にはデメリットになり得ます。

それでも申し込みにかかる時間は5分程度で済むため、実際には大したデメリットにはなりません。

どのように入力すべきか迷うところも

プロミスの申し込みフォームは初めての方でも分かりやすように作られているので、落ち着いて申し込みをすれば大体は問題なく進められます。

しかし、中にはどのように入力をすべきかで迷ってしまうこともあります。

この場合には勝手な判断で入力をするよりも、一度問い合わせて確認をしたほうが良いです。

入力ミスが起きやすくなる

Web上での入力というものはミスが起きやすいものです。

入力内容のミスは審査時間が長くなったり、内容によっては審査結果に悪影響を与えるものもあります。

しっかりと確認をするだけでこのデメリットはカバーができるので、送信前に必ず確認をするようにしましょう。

フル入力でもカンタン入力でもどっちも簡単?

フル入力でも実際は簡単

繰り返しになりますがプロミスの申し込みフォームは大変分かりやすく親切に作られているので、フル入力であっても簡単に各項目の入力、選択ができます。

何か特別な理由でもない限りはカンタン入力で進める必要がないほどで、はっきり言ってカンタン入力での申し込みはおすすめしません。

そもそもがフル入力であっても入力項目自体が多くないので、カンタン入力を使う必要もあまり感じないのです。

どの程度の入力項目の差があるか

フル入力とカンタン入力のWeb上での入力項目の違いは、ざっと見ると以下のようなものになります。

  • 家族構成
  • 勤務先の詳細情報
  • 他社借り入れ状況

それ以外の申し込み者本人に関する情報、つまり名前や住所、電話番号、雇用形態、年収、メールアドレス等はカンタン入力でも入力が必須です。

上の項目はほとんどが選択をするだけ

家族構成や勤務先の詳細情報と見ると面倒に感じるかもしれませんが、ほとんどは予め用意された内容から選択をするだけなので難しくはありません。

例えば家族構成であれば「独身」「既婚」のどちらかを選ぶだけ、子供の有無は「子供あり」「子供なし」から選ぶだけです。

勤務先の詳細情報に関しても社員数は「1~4人」、「5~9人」、「10~19人」といったように段階的に選択肢が用意されており、業種や職種も同じく選ぶだけです。

フル入力だからといって面倒なことはなく、難しいことなく申し込みが進められるようになっています。

フル入力をおすすめしたい最大の理由

プロミスの申し込み方法でカンタン入力をおすすめしない、フル入力をおすすめする最大の理由は、申し込みを無駄にしないためです。

カンタン入力は電話が入ることで対応ができずに申し込みが取り下げられる、つまり審査落ちとなることが非常に多く、申し込み自体が無駄になることが増えてしまいます。

対してフル入力なら不備等がなければ申し込み内容次第では余計な電話も入らないので、カンタン入力のような状況での審査落ちが避けられます。

審査落ちは収入や借り入れ状況次第だけとは限らない

審査に落ちるのは収入や他社の借り入れ状況だけではなく、申し込み後の連絡によっても十分なNG理由となります。

プロミス落ちた
プロミスの審査に落ちたらもう二度とプロミスでは借りられないのか

プロミスでお金を借りるためには、当然ながら審査が必要となります。 申し込みをすれば誰でも借りられるといったものではないので、審査に通らないとプロミスではお金は借りられません。 審査落ちとなるとその時点 ...

続きを見る

特に本人の確認ができない、連絡がつかないというのは、カードローンの審査落ちの中でも特に多い理由です。

手続きの進め方からして電話による連絡がつかない場合が増えてしまうカンタン入力は、審査通過を考えるとどうしてもおすすめはできなくなってしまうのです。

お金を借りたいならフル入力

カンタン入力もフル入力も、審査の基準には何の違いもありません。

「カンタン」という文字を見ると何だか審査にも通過がしやすそうと感じられてしまうかもしれませんが、審査基準は申し込みの進め方によって変わるものではありません。

プロミスの審査に通過をしたいなら、お金を借りたいなら、文字に惑わされることなくフル入力でミスなく進めることがとにかく重要なのです。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく便利に利用ができるのが大きな特徴です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

アイフル

アイフル

申し込み後に受け付け完了メールが届いたら、専用ダイヤルに電話をすると審査を優先して進めてくれます。急ぎの方には助かる、独立系消費者金融ならではの対応が魅力です。初めて借りる方は契約翌日から30日間が無利息になるので、返済も安心です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
30分
最短
1時間

-プロミス

Copyright© 個人的カードローン , 2020 All Rights Reserved.