プロミスの申し込みは簡単?Web申し込みなら手間なく素早く進められる

更新日:

プロミス 簡単申し込み

プロミスは様々な申し込み方法が用意されていますが、最も手軽に素早く進められるのがWebでの申し込みです。

パソコンやスマホから24時間いつでも申し込みができるので、Web申し込みなら時間も場所も気にせず、お金が必要になったタイミングですぐに手続きに入れます。

ただ、素早く便利なWeb申し込みにもいくつか注意点があるので、申し込みを進める前にしっかりと確認をしておくと良いでしょう。

Web申し込みは入力ミスが起こりやすい

プロミスに限った話ではありませんが、Webでの申し込みはどうしても入力内容の不備やミスが起きやすい欠点があります。

特にスマホでWeb申し込みをする場合は、小さな画面を見ながら各項目の入力や選択を行うので、不備やミスがあっても気付きづらくなってしまいます。

また、思わぬ部分をタップしていて入力内容が変わってしまったり、選択項目が別のものになってしまうなども起こるので、スマホでのWeb申し込みは慎重に進めるようにしなければなりません。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

入力ミスがあるとどうなるか

Web申し込み時に入力内容に不備やミスがあると、プロミス側から確認のために連絡が入ることになります。

メールで「確認事項があるので時間のあるときに連絡をしてください」といったものや、直接携帯電話宛にプロミスからかかってくる場合もあります。

どちらにしても申し込み内容に間違いがあれば電話で直接確認、訂正をしなければならないので、ミスなく申し込みをしたときに比べて電話の回数が増えてしまいます。

もしこの電話に出られない、すぐに対応ができないとなれば、審査には進まずに保留扱いになります。

確認ができなければいつまで経っても審査は行われない

申し込み内容の確認がプロミス側でできなければ、その内容で審査を行うわけにもいかないのでどうにもなりません。

一旦は保留扱いとなり、電話で確認ができ次第で審査が行われるということになります。

なかなか確認ができなければ審査もずれ込み、回答もどんどんと遅くなり、早い時間に申し込みをしていたとしても、当日中の借り入れに間に合わなくなる可能性すらあります。

急ぎで借りたいときこそしっかりと確認が必要なのです。

審査結果にも悪影響を及ぼす可能性も?

入力内容をどのように間違えるかにもよりますが、例えば年収を間違ってしまうなどは審査結果に悪影響を及ぼす可能性があります。

例えば、年収400万円で他社に50万円の借り入れがあってプロミスに申し込みをする場合。

年収400万円に対して50万円の借り入れなら、総量規制で定める年収の3分の1まではまだまだ余裕があるので、プロミスの審査通過も十分に可能となります。

総量規制とは
総量規制の基本を知ろう!総量規制を超えてお金は借りられません

「総量規制」というもの、カードローンやキャッシングの利用を考えると必ずと言ってもいいほどに目にする言葉です。 このサイト内でも色々な記事に「総量規制が~」などと書いていますが、総量規制についての基本を ...

続きを見る

しかし、Web申し込み時に間違って年収を100万円としてしまうと、100万円に対して50万円の借り入れとなれば年収の3分の1をオーバーしているので、プロミスの審査に通ることはありません。

これは極端な例ですが、申し込み内容の不備やミスはこのように審査結果に悪影響を及ぼす可能性もある、というわけです。

手軽だからと言ってやってはいけないこと

プロミスの申し込みはフル入力で進める

どこにも行かずその場で進められるWeb申し込みだと、急ぎでお金が必要な状況では焦って何社も申し込みをしてしまう場合もあります。

いくらプロミスの審査が早いとは言っても回答が出るまでは待たなければならず、待ったとしても審査に通るとは限りません。

それなら他社のWeb申し込みも同時に進めてしまおうと考える方もいるのですが、これは審査結果を悪くさせてしまうのでNGです。

立て続けに申し込みをするのは良くない

カードローンやクレジットカードは、申し込みをして審査が行われる際に、信用情報機関に記録がされている情報を照会します。

この際に照会履歴として半年間は記録が残るのですが、一般的に照会履歴が短期間で多く蓄積されていると、審査では不利になる材料と言われています。

何件の履歴で不利になるか、何件までなら良いのかという明確な線引きはないものの、余計な履歴があってプラスに働くこともないので、何社も立て続けに申し込みをして履歴を積み重ねるのは良いことではありません。

審査落ち後でも同じことが言える

Webで申し込みができるとなると、仮にプロミスの審査に落ちてしまった後でもそのまますぐに他社への申し込みもできてしまいます。

プロミスで落ちても他社で借りられないわけではありませんが、プロミスで落ちた後の申し込みは特に慎重に行っておきたいものです。

ただでさえ審査に落ちてしまったマイナスとなる材料が何かしらある状況なわけで、そこで多重申し込みをしてしまうようなことがあれば、他社への申し込みも全滅になる可能性すらあります。

プロミス 落ちた
プロミスの審査に落ちたらもう二度とプロミスでは借りられないのか

プロミスでお金を借りるためには、当然ながら審査が必要となります。 申し込みをすれば誰でも借りられるといったものではないので、審査に通らないとプロミスではお金は借りられません。 審査落ちとなるとその時点 ...

続きを見る

正しく落ち着いて申し込みをすれば問題ない

プロミスのWeb申し込みは手軽で便利ですが、不備やミスがあったり多重申し込みをしてしまうと、その便利さが逆に審査落ちの原因にもなりかねません。

そうならないためには単純に正しい内容でミスなく入力をし、他社との多重申し込みをしなければ良いだけです。

急にお金が必要になり、すぐに借りなければならないとなるとどうしても焦ってしまうものですが、そんなときこそ落ち着いて慎重にWeb申し込みを進めるべきです。

慌てて申し込みをするとミスなども起きやすくなるので、送信前によく確認をして、ミスがない状態で申し込みをして審査を受けるようにしてください。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-プロミス

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2020 All Rights Reserved.

プロミス
プロミス