消費者金融や銀行のカードローン、キャッシングについて個人的に考えています。

カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト

プロミス

プロミスの返済額は借り入れの残高によって数千円からでOK

投稿日:

プロミスの毎月の返済額は借りている金額、借り入れの残高によって変わるようになっています。

大きな金額を借りると毎月の返済額も大きく、少ない金額を借りるのであれば毎月の返済額も少なく済みます。

少しずつの返済しかできない場合にはプロミスでは借りる金額を抑えれば問題はないので、しっかりと考えて利用をすればプロミスなら安心のカードローンによる借り入れも可能となります。

借り入れ残高ごとのプロミスの返済額

プロミスの毎月の返済額は以下のようになっており、5万円の借り入れであれば毎月の返済は2,000円と無理なく余裕を持った返済が行えるようになっています。

借り入れ金額 毎月の返済金額
5万円 2,000円
10万円 4,000円
20万円 8,000円
30万円 11,000円
50万円 13,000円
100万円 26,000円

毎月の返済額は借り入れ先によっても変わり、すべてのカードローンで上記のような返済額となるわけではありません。

プロミスは少額借り入れ時の返済金額が特に少なくなっているので、多くの返済はできないけど少額だけでも借りたいといった方には、特に適する借り入れ先と言えます。

金利は低くなくても返済額は軽い

プロミスは金利が実質年率で4.5%~17.8%と決して低くはないものの、毎月の返済額に関しては軽くなっています。

プロミスの年率は4.5%~17.8%でも適用されるのは上限となる場合が多い

プロミスで適用される実質年率は4.5%~17.8%となっており、審査によってどの年率での借り入れとなるかが決まります。 審査の結果が良ければ年率も低く借りられる可能性がありますが、実際にはプロミスで借 ...

続きを見る

金利が高いと返済金額も大きくなると考えられがちですが、毎月の返済額と金利にはそこまで大きな関係はなく、低金利となる銀行カードローンでも毎月の返済額が大きい所もあります。

カードローンの金利が安いのは銀行!地方銀行やネット銀行も侮れない

金利の安いカードローンを選ぶとなると消費者金融ではなく銀行としておくのが基本で、銀行であれば上限金利でも消費者金融よりも3%や4%程度低い金利で借りられるようになっています。 金利が低ければ返済時に支 ...

続きを見る

もし毎月の返済額で借り入れ先を選ぶのであれば金利ではなく、借り入れ金額ごとの返済額を見ておく必要があり、金利だけを見て決めてしまうと毎月の返済額が軽いプロミスのような借り入れ先を見逃してしまいます。

毎月の返済額が少ない大きなデメリット

借り入れ金額に対しての毎月の返済額が少なければ、余裕を持って無理なく返済が行えるメリットがある反面、最終的な返済総額が膨れ上がる大きなデメリットもあります。

さらに金利が高くなるとどうしても利息の支払額が増えてしまうので、毎月の返済額に余裕は持ちながらも、お金が余れば積極的に上乗せをして返済をするなどの工夫はしておきたいものです。

以下の表は10万円を17.8%の金利で借り入れた際に、毎月の返済額の違いによって最終的な返済総額にどれだけの差が出るかをシミュレーションしたものです。

毎月の返済金額 返済総額 利息総額
4,000円 125,864円 25,864円
5,000円 119,490円 19,490円
10,000円 109,043円 9,043円

プロミスでは10万円の借り入れ時の返済額は4,000円となっており、4,000円ずつの返済でも何ら問題はなく進められます。

しかし、4,000円ずつの返済では完済までに長い期間を要してしまい、結果として多くの利息を支払うことになります。

仮に1,000円だけ上乗せをして5,000円ずつの返済とするだけでも最終的な利息総額には大きな違いが出てくるので、なるべくなら積極的な返済を進めたほうが無駄のないカードローン利用ができるようにもなります。

返済額の増額は自由に行える

住宅ローンなどは返済額を増やす繰り上げ返済を行う際には、事前に連絡をしておかなければならない場合が多いです。

自由に返済額が増やせるわけではなく、さらには繰り上げ返済を行うにあたっては手数料が取られることも多いですが、プロミスの場合には返済額を増やすとしても事前の連絡は不要で自由であり、さらには手数料がかかるといったこともありません。

提携ATMでの返済や銀行振り込みとなると利用手数料はかかりますが、それは通常の返済でも同様のため、返済額を増やすからといって余計な手数料が取られることがないのもプロミスの良さです。

余裕がある月だけ多めの返済でもOK

自由に返済額が増やせるメリットを生かして、毎月の返済額までは増やせなくても余裕がある月だけ返済額を多くするといったことも可能です。

例えば5万円の借り入れで毎月の返済が2,000円の場合に、普段は2,000円ずつの返済としておき、お金に余裕がある月だけは5,000円や10,000円の返済を行うといった使い方も有効です。

毎月とはいかなくてもたまにでも多めに返済をしておくだけで最終的な支払い総額は大きく圧縮ができるようにもなるので、基本は毎月の返済額は無理がないようにしておき、余裕があるときには多く入金をするようにしても良いでしょう。

返済額が少なければ返済の自由度が増す

一回あたりの返済額が大きくなっていると毎月の支出が増えてしまい、どうしても返済には余裕が持てなくなります。

大きな返済額であれば早めに返し終えられるのですが、やはり余裕がなく自由度もなくなってしまうと返済が負担に感じられてしまうものです。

しかし、毎月の返済額が軽いプロミスでの借り入れであれば、無理なく返しつつ余裕があるときには多めの返済も行えるため、高い自由度を持ちつつ余裕を持って返済が行えるようにもなります。

カードローンは借りることだけでなく返済も考えて利用をする必要があり、プロミスのように毎月の返済額が軽く計画的に借りられるカードローンは、利用者からしても安心ができると言えるのです。

-プロミス

Copyright© カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト , 2019 All Rights Reserved.