教育資金を借りるなら金額次第で教育ローンではなくカードローンもあり

更新日:

教育資金 カードローン

入学金や留学費用など、まとまった金額での教育資金が必要なら、銀行などで借りられる教育ローンが便利です。

金利も低く目的が定まっている分だけ利用がしやすいですが、そこまでの金額ではない教育資金の借り入れなら、教育ローンを利用するまでもないが場合があります。

というより、急ぎで必要な少額の教育資金であれば、教育ローンよりカードローンが便利です。

カードローンなら最短即日で借りられる

カードローンの利点は、何といっても借りるまでの早さ、手軽さにあります。

大手の消費者金融であれば申し込み当日、最短1時間で借りられるようになっているところが多く、しかも来店不要でWeb上で契約が完結します。

書類の郵送やFAXすらも不要で、すぐに必要な教育資金を用立てるにはカードローンはとにかく便利です。

カードローン 融資 早い
カードローンの融資が早いのは銀行ではなく間違いなく消費者金融

すぐにお金を借りたいときに気になるのが、融資の早いカードローンはどこかです。 とにかく早くに借りたいなら融資の早さは当然ながら重視をしておくべきで、それなら借り入れ先は消費者金融から選ばなければなりま ...

続きを見る

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

教育ローンは借りるまでに時間がかかる

教育ローンの場合、申し込みから借り入れまではどうしても日数がかかります。

例えばイオン銀行の教育ローンの場合、申し込みから借り入れまでは最短でも2週間程度はかかります。

最短であってもこれだけの期間がかかり、入学シーズンなどの利用者が増える期間はさらに期間がかかることが多いです。

入学金などお金が必要になるタイミングが分かっているときなら良いのですが、急に必要になる教育資金には、どうしても対応ができません。

教育ローンは資金使途を明確にしなければならない

教育資金として使途が明確であるなら教育ローンの利用でも構わないのですが、教育資金や子供のためのお金として幅広く使いたいとなると、教育ローンの利用は難しくなります。

教育ローンの多くは、利用のために資金使途を明確にする書類を提出する必要があります。

イオン銀行の教育ローンを例に挙げると、「学校へ教育資金を納付したことが確認できる書類」を融資実行時までに提出をしなければなりません。

また、通学に必要となる転居をする際の費用としてもイオン銀行の教育ローンは利用ができますが、その際には「物件の敷金や礼金の領収書の写し」を提出する必要があります。

教育ローンは低金利でまとまった教育資金を借りるのに便利ですが、利用のためにはどうしても手間がかかります。

カードローンなら資金使途は特には問われない

その点でカードローンなら資金使途は特に細かくは定められていません。

全てにおいて自由に利用ができるというわけではありませんが、生計費の範囲内であれば自由なため、教育資金として使うなら問題なく対応が可能です。

申し込み時には利用目的を選択する欄こそありますが、資金使途を明確する書類の提出も必要なく、何に使ったかを申告することもありません。

どのような用途であっても、教育資金の範囲内なら自由に利用ができるのがカードローンの強みです。

カードローン 取引目的
カードローンの取引目的や資金使途は正直に入力をするのが基本

カードローンの申し込みフォームには、取引目的や資金使途を入力する欄があります。 借り入れ先によってどのような選択肢があるか、または入力をするかは変わりますが、基本的に目的や用途は素直に正直に入力をすれ ...

続きを見る

カードローンのメリットとデメリット

カードローンのデメリット

上で触れた以外にも、教育ローンと比べた際のカードローンのメリットとデメリットがあります。

もし教育ローンではなくカードローンの利用を考えているなら、良い点も悪い点もしっかりと知っておきましょう。

何度でも借りられるのがカードローンの良さ

教育ローンは融資実行時に全額が振り込まれ、あとは返済をしていくだけとなるのが一般的です。

返済を進めたとしても返した分をまた借りるということはできませんが、カードローンなら可能です。

カードローンは限度額の範囲内なら何度でも再申し込み不要で繰り返し借りられるので、今だけでなく今後に必要になりそうな教育資金にも役立ちます。

限度額いっぱいまで借りても返済をした分は再び借りられるので、追加でお金が必要になっても安心です。

安定した収入があれば年収額は問われないカードローン

カードローンを利用するためにはアルバイトやパートでも構いませんが、申し込み者本人が安定した収入を得ている必要があります。

ただ、安定した収入を得ていれば良いので、年収がいくら以上などの制限は設けられていません。

これが教育ローンとなると、利用のために「年収〇〇万円以上」などとなっている場合もあるので、年収が多くない方では利用ができないこともあります。

少ない必要書類で借りられるのがカードローン

資金使途を明確する書類や、その他にも様々な書類が必要になる場合がある教育ローンに対して、カードローンは一定額までなら本人確認書類でお金が借りられます。

消費者金融の場合であれば

  • 50万円まで
  • 他社合計で100万円まで

であれば原則として本人確認書類で借りられるので、面倒な書類を用意することなく手続きができるようになっています。

少額の教育資金を借りるならカードローンが便利とする理由に、少額なら提出書類が少なく済むためという理由もあります。

プロミス 免許証
プロミスなら免許証などの本人確認書類でお金が借りられる

カードローンは色々な書類を用意しなければならないと感じている方もいるかもしれませんが、プロミスは免許証などの本人確認書類でお金が借りられます。 免許証などの本人確認書類があればそれで良いので、余計な面 ...

続きを見る

他社借り入れに含むものと含まないもの

ちなみに、ここで言う「他社借り入れ」とは以下を指します。

  • 消費者金融からの借り入れ
  • クレジットカードのキャッシング

これらが新たな借り入れと合わせて100万円を超える場合は、本人確認書類だけでなく収入を証明する書類も必要になります。

また、借り入れやカード利用があるとしても、以下は含みません。

  • 住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど
  • 銀行などの金融機関からの借り入れ
  • クレジットカードのショッピング枠の利用

例えばクレジットカードのショッピング枠で50万円を使っており、新たに消費者金融のカードローンで30万円を借りるとした場合。

ショッピング枠は含まないので、新たに借りる30万円だけが書類提出の対象であり、本人確認書類で借りられるということになります。

カードローンのデメリットは金利の高さ

メリットばかりでなくデメリットも見ていきます。

カードローンの最大ともいえるデメリットは、金利の高さにあります。

銀行カードローンでも上限金利となれば年15.0%程度の適用となる場合が多く、消費者金融なら実質年率で18.0%程度になります。

教育ローンの金利が一桁台であることを考えると、かなり高い金利になってしまいます。

借りられる金額がそこまで大きくならないのもデメリット

カードローンは限度額内での利用となりますが、審査で決まる限度額はそこまで大きくはなりません。

20万円前後となる場合が多く、カードローンで大きな金額を借りたいと思って難しいです。

少額の教育資金の借り入れにカードローンを利用するなら何ら問題はありませんが、まとまった金額を手軽にカードローンで借りたい、となると簡単ではありません。

借りる金額が大きくはならないので金利負担は抑えられる

ただ、借りられる金額が大きくならないのは、金利負担の面で見ればメリットとも捉えられます。

教育ローンのようにカードローンで数百万円を借りるというのは現実的ではなく、借りても10万円や20万円などの少額です。

人によって数万円だけ借りられれば十分ということもあります。

これなら金利が高くても返済を長引かせずに完済ができるので、実際に支払う利息もある程度なら抑えられるようになります。

アコムで3万円とか5万円だけ借りたい方へ、アコムは数万円だけでも借りられます

アコムでお金を借りたいけど必要なのは数万円だけ、こんな方も少なくありません。 みんながみんな10万円を超えるような金額が必要なわけではなく、中には1万円や2万円でいいから今日中に借りたいといった方もい ...

続きを見る

使いすぎてしまう可能性があるのもデメリット

カードローンは教育ローンとは違い、生計費の範囲内なら何度でも繰り返し自由に利用ができます。

必要な分だけ借りてあとは返済をするだけなら良いのですが、限度額内なら追加で借りられてしまうことで、ついつい無駄遣いに利用をしてしまうこともあります。

無駄遣いで借りてしまうと返済が大きな負担ともなってしまうので、しっかりと計画を持って利用をするようにしなければなりません。

うまく使えば教育ローンより便利なカードローン

借りる金額、必要な金額にもよりますが、カードローンは教育資金として借りる場合においても教育ローンより便利なこともあります。

特にそこまで大きな金額ではない教育資金、子供にかかるお金借りるなら、早く手軽に手続きができるカードローンが優れています。

ただ、その代わりに金利は教育ローンよりも高くなってしまうので、その点だけは注意が必要です。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-カードローン

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2020 All Rights Reserved.

プロミス
プロミス