カードローンは臨時返済で元金をどんどん減らしていくようにしたい

カードローンは臨時返済で元金をどんどん減らしていくようにしたい

カードローンは借りている金額に応じた約定返済金額を、決められた期日までに入金をすれば問題はありません。

 

ただ、これはあくまで最低限の返済の話です。

 

より効率的にカードローンの返済を進めるのであれば、最低限の金額である約定返済金額だけの入金ではなく臨時返済も欠かせません。

 

臨時返済で翌月以降の利息を減らす

返済時に支払う利息は、極度額や限度額によって決められているわけではありません。

 

借りている金額に対して、借りた期間や金利に応じてかかるので、借りている金額を少なくすれば返済時に支払う利息も減らせることになります。

 

利息を減らすのはカードローンの返済を効率的に進める近道でもあるため、臨時返済を行って借りている金額を減らし、利息も少なくしていくようにすることが重要です。

 

最低返済金額だけではなかなか進まない

カードローンの毎月の返済金額は、その全額が借り入れ残高への返済に充てられるわけではありません。

 

入金額からその間に発生した利息が差し引かれ、残った金額が借り入れ残高への返済となります。

 

例えば、

 

返済金額:5,000円
利息金額:1,500円

 

こんな月があったとします。

 

5,000円の入金ではあるのですが、利息で1,500円が差し引かれてしまうので、借り入れ残高に対する返済は3,500円のみとなります。

 

もちろん借り入れ金額や金利、期間などに応じて変わるのですが、カードローンの最低返済金額に対する利息、残高への返済割合は大体はこの程度になってしまいます。

 

臨時返済で利息を減らす仕組み

仕組みというほど難しい話ではありませんが、毎月の約定返済以外に臨時で入金をする臨時返済を行うと、その全額が借り入れ残高への返済に充てられます。

 

上の例であれば5,000円を入金しても残高への返済は3,500円ですが、ここからさらに3,000円を追加で返済すると、その全額が借り入れ残高への返済となるのです。

 

借り入れ残高が減れば翌月の返済時にかかる利息が減り、利息が減れば同じ入金額でも借り入れ残高に対する返済割合が増えるので、より完済が早まります。

 

大雑把ではありますが、

 

返済金額:5,000円
利息金額:1,500円

 

だったものが、臨時返済で借り入れ残高を減らして利息が1,000円しかかからないようになれば、

 

返済金額:5,000円
利息金額:1,000円

 

となり、同じ返済金額でも借り入れ残高に対する返済の金額が増える、といったことです。

 

毎月の約定返済も臨時返済も、提携ATM利用時などの入金に対する手数料がかかる場合には、入金額から利息に加えて手数料も差し引かれた残りの金額が借り入れ残高への返済に充てられます。

 

カードローンの臨時返済を行う方法

カードローンは臨時返済で元金をどんどん減らしていくようにしたい

 

臨時返済はいつもの返済と同じような方法で行えます。

 

借り入れ先による違いもありますが、店舗を構えているところであれば大体は以下のようになります。

  • 自社ATMやコンビニなどの提携ATM
  • 銀行振り込み
  • 店舗での直接の返済

どの方法にしてもカードローンの臨時返済は、それこそ臨時でいきなり行っても問題ありません。

 

一部の金融機関で借りるカードローンの場合には臨時返済、繰り上げ返済時には事前の連絡が必要となる場合もありますが、基本的には連絡も不要です。

 

手続き等もせずにお金があるときに臨時で入金をすれば良いだけなので、カードローンは返済の面でも使いやすいと言えるのです。

 

臨時返済を行う際の注意点

メリットばかりがある臨時返済ですが、返済日には注意が必要です。

 

臨時返済を行う時期、金額によっては次回の返済日や月が変更となる場合があります。

 

変更になったのを気付かずにいつも通りに入金をしようとしたら、期日を過ぎて延滞扱いになってしまったということも起こりかねません。

 

しっかりと返済をしているのに延滞となるのはもったいないので、臨時返済を行った後は次回の返済日を会員専用ページや明細で確認をするようにしましょう。

 

利息が安くないカードローンを賢く使う

カードローンは目的ローンと比べると金利が高くなるため、どうしても返済時の利息もかさみがちです。

 

最低額だけの返済では利息ばかりを支払うことにもなってしまうので、臨時返済を積極的に行うなどで利息を減らすようにするべきです。

 

利息を減らして利用ができれば、お金に困ったときに現金として借りられるカードローンはより頼れるようになります。

 

臨時返済をするためには大前提として毎月の返済に余裕を持つ必要があるので、借りすぎには注意をして返済を第一に考えたカードローン利用とするようにしましょう。