チワワのCMってアコム?アイフル?あのCMのカードローンってどこだった?

投稿日:

アコム チワワ

過去に放映されていた、とある消費者金融によるチワワのCM

何年も前のCMのため、今でも印象に残っているという方も少なくはなくても、どこのカードローンだったか、どの消費者金融だったかという記憶も曖昧になっている方もいるかもしれません。

アコムだったかアイフルだったか、「ア」から始まるところだということは覚えていてもどちらか分からないという方、正解はアイフルです。

アコムではありません。

「どうする?アイフル!」のチワワ

チワワのCMはアイフルによる「どうする?アイフル!」です。

アコムは今の昔も「はじめてのアコム」のお馴染みのリズムとフレーズを使っており、アイフルは今でこそ別のCMになっていますが、過去にはチワワを使ったCMを放映していました。

チワワと主に父親役の俳優によるストーリー仕立てのCMです。

恐らく最初のものが、ペットショップでチワワが売られており、娘がチワワを欲しがりますが父親はそこまで興味がなそうな雰囲気。

それでもチワワがつぶらな瞳で訴えかけることで、父親はチワワのいる楽しい生活を妄想してしまいます。

次第にチワワが欲しくなり、それでも手持ちが足りないのでアイフルで借りてチワワを買うか・・・というような内容を連想させるものです。

Web申し込みなら最短25分融資! Web完結で郵送物なしのカードレス契約可
バレたくない方に人気の独立系消費者金融

次回以降も物語は繋がっている

アイフルで借りたかどうかは別として、チワワとともに生活をすることになったわけですが、次回のCMでも物語は繋がっています。

次のCMは、娘の結婚式に来ていくタキシードをウィンドウで見かけますが、父親は「レンタルでじゅうぶん」と突っぱねます。

これも手持ちがない、お金がないためにレンタルでじゅうぶんということにしているはずです。

しかし、その横には同じデザインの、ペアルックのチワワのタキシードも売られています。

こんな感じものです。

チワワ タキシード検索結果

Google「チワワ タキシード」検索結果

自分のタキシードはレンタルで良くても、チワワ用はレンタルはできません。

チワワと同じタキシードを着て結婚式に出ることを妄想してしまいますが、でも手持ちがない・・・となったときに、「どうする?アイフル!」なわけです。

その次は、CMの中でのTVCMでチワワがスノーボードをしており、そのCMを見たチワワがアイロン台の上に乗ります。

板を買うにもお金がかかる、でも手持ちがない・・・で、「どうする?アイフル!」です。

CM内容のインパクトもそうですが、改めて振り返ってみると非常によくできたCMだったなと感じます。

途中から借りることを強調しなくなった

アイフルによるチワワのCMは、何かをしたいけどお金が足りない、どうする?ってなったときにアイフルで借りようという流れでした。

チワワが欲しい→お金がない、どうする?→アイフルで借りる

チワワの服が欲しい→お金がない、どうする?→アイフルで借りる

チワワにスノーボードをさせたい→お金がない、どうする?→アイフルで借りる

といった流れです。

借りる行為や描写はCM内に一切含まれておらず、お金という描写もありませんが、誰が見てもそうイメージできるものです。

生活に困って借りるというようなイメージをさせるものではないので、カードローンによる借金としてはマシな分類に入るものでもあります。

返せる借金と返せない借金
返せる借金と返せない借金を知ってカードローンを適切に利用したい

借金には返せる見込みがあるものの、返せる見込みがないものがあります。 もちろん人によっても変わってくるのですが、返せない借金の仕方をしてしまうと、今後の返済がとにかく苦しくなります。 お金がないとなる ...

続きを見る

しかし、やはりこれは色々と問題があったようで、途中からは何かをしたいけどお金が足りない、だからアイフルというストーリーではなくなりました。

代わりに強調されることになったのが、「確認」や「計画」、「バランス」といった部分です。

CMにチワワは出てきますが、例えば父親役の俳優がチワワ用の部屋にペンキを塗っている際、部屋の四方の床から真ん中にかけてペンキを塗ってしまったため、真ん中部分に自分が取り残されることになってしまいます。

どうにもならなくなった父親に対して、チワワが「事前にしっかり計画しましょう。」というプラカードを首からかけて登場します。

他のCMでは、「うたの会」に出席する際に場違いな恰好で行ってしまい、チワワが「事前にしっかり確認しましょう。」と訴えかけます。

また他のCMではマッチョに憧れて体を鍛えますが、上半身だけを鍛えてしまったために体のバランスがめちゃくちゃ悪くなり、「バランスを大切に。」とプラカードをかけてチワワが登場します。

このように、アイフルによるチワワのCMも時代の流れに合わせて少しずつ変化をしていったのです。

というアイフルのチワワCMの移り変わりを思い出したところで、youtubeにあるCMまとめを見ておくとさらに思い出せるのではないでしょうか。

この時代は色々なCMがあった

色々なCMがあった消費者金融アイフルのチワワCM時代は今とは何もかもが違いました。

最も大きな違いと言えるのが貸金業法で、当時は総量規制もなく年収の3分の1を超えて借りている方も多かったものです。

金利に関してもいわゆる「グレーゾーン金利」時代であり、当時のアイフルの金利である実質年率はCM放映当初が21.50%~28.835%、途中から12.775%~28.835%です。

今のアイフルの実質年率は3.0%~18.0%なので、当時の金利がいかに高かったか分かります。

今では上限金利も以下のようにしっかりと定められたので、いくらか安心して利用ができるようにはなっていますが。

上限金利

この頃は消費者金融の黄金時代であり、各社とも様々なインパクトのあるTVCMを放映していました。

チワワCMではないアコムも、チャント星人(途中からハッキリ星人に変更)による「地球よってく?」「ラララむじんくん」が今でも印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

少し後に話になりますがプロミスは「黄色い看板プロミス」のCMをやっていたり、今ではなくなってしまった様々な消費者金融もCMを放映していたほどです。

プロミス アプリローン
プロミスのCMでやけに推してるアプリローンって何?スマホでATMからでもお金が借りられるサービスです

プロミスのCM、昔は「黄色い看板プロミス」やら「いらっしゃいまし~ん」やらと色々とありましたが、今は「アプリローン」を推しています。 CM内容がよく分からない、うざいなどと感じ方は人それぞれですが、そ ...

続きを見る

色々あってTVCMも意味が分からないものに

アイフルによるチワワのCMも、アコムによる「ラララむじんくん」にしても、プロミスの「黄色い看板」にしても、借りること、借りられるところがあることをイメージさせるものです。

しかし、消費者金融による借金が社会問題になりつつあった頃から、消費者金融業界の自主規制のようなもので、こういった借りること、契約機があることを連想させるようなCMをやらなくなりました。

その結果、よく分からないCMであふれることになり、その流れは今でも続いています。

それでも今はだいぶマシになったものですが。

というより、今ではもはや借りることを前面に押し出す必要もなくなったと言えるのかもしれません。

アイフルと聞けば消費者金融である、お金が借りられるところであるというのは誰でも分かりますし、それはアコムでもプロミスでも、SMBCモビットなどでも同じです。

わざわざイメージが悪くなる可能性がある借りること、借りられることをTVCMでやらなくても、アイフルであればアイフルという名を、アコムならアコムという名を、とにかく知ってもらえば良いのです。

知ってもらえれば最初の選択肢になる

もしお金に困ったとき、カードローンで借りようかなと思ったとき、どこで借りるかとなれば、まず思い付くのは最もイメージに残っているところとする方も少なくありません。

アコムが消費者金融の中でも強いのは昔から「はじめてのアコム」のリズムとフレーズでCMをやり続けているからでもあり、お金を借りる=アコムというぐらいに定着しています。

アイフルはチワワをやめたとは言っても「愛はあるんか?」のCMが話題ですし、お金を借りる=アイフルと考える方も増えている印象すらもあります。

チワワCMをやらなくなったアイフルは、今も昔もTVCMがうまいのかもしれません。

実際に、独自調査による消費者金融のCMランキングでは、アイフルが見事に1位になっていました。

消費者金融CMランキング
消費者金融CMランキング!サラ金・カードローンのCMはどれが一番人気か

消費者金融のCMは色々なものがあります。 基本的にはよく分からない内容になっていますが、それでもインパクトがあったり何となく印象に残っていたりと様々です。 一見すると意味不明なものも多い消費者金融のC ...

続きを見る

借りるときのCMという選び方

消費者金融は、金利や限度額、審査時間や融資時間ですら大きな違いがなくなっています。

金利は下限、限度額は上限であれば多少の違いはありますが、どうせ借りるときに適用されるのは上限金利で、限度額は数十万円ほどです。

それであれば比較をする意味がなく、審査時間も融資時間も多少の違いはあっても、最短でその日のうちという点にも違いはありません。

消費者金融同士での比較ができないとなると、選び方はイメージだったりということになります。

いかに印象付けるか、覚えてもらうかを各社ともCMで頑張っているため、消費者金融を選ぶ際、カードローンを選ぶ際には、「あのCMが良いから」という理由で選んでみるのも良いでしょう。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
30分

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

アイフル

アイフル

申し込み後に受け付け完了メールが届いたら、専用ダイヤルに電話をすると審査を優先して進めてくれます。急ぎの方には助かる、独立系消費者金融ならではの対応が魅力です。初めて借りる方は契約翌日から30日間が無利息で、利息を抑えたい方にもおすすめです。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
25分※
最短
25分※
※Web申し込みの場合

-カードローン

Copyright© カードローンやキャッシングを知ろう , 2021 All Rights Reserved.

   SMBCモビット
   SMBCモビット