カードローンは通帳を作らなくても借りられる!ノンバンク系なら口座開設不要

更新日:

カードローンでお金を借りる際には、そのためにいちいち通帳を作る必要はありません。

そもそもノンバンク系で借りる場合にはその名の通り銀行ではないため、通帳というもの自体が発行されません。

不要な通帳を作らずにお金が借りられるとなれば、カードローンもぐっと身近に感じられることでしょう。

カードローン 通帳

銀行カードローンとなると話は別に

ノンバンク系とされるプロミスやアコムなどの消費者金融であれば通帳を作る必要はありませんが、銀行でお金を借りるとなると話は変わります。

プロミス 免許証
プロミスなら免許証などの本人確認書類でお金が借りられる

カードローンは色々な書類を用意しなければならないと感じている方もいるかもしれませんが、プロミスは免許証などの本人確認書類でお金が借りられます。 免許証などの本人確認書類があればそれで良いので、余計な面 ...

続きを見る

銀行カードローンの多くは利用のために口座開設が必要で、カードローンでお金を借りるために通帳を作る、つまり口座を開設しなければなりません。

普段から使っている銀行で通帳を既に持っているなら楽ですが、そうではない場合には通帳を作る手間もあります。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

手間とは言っても実際にはそこまで手間ではない

とは言え、銀行カードローンの申し込みと通帳を作る手続きは同時に進められるので、実際には大きな手間にはなりません。

口座なしで申し込みができる銀行なら

カードローンの申し込み

審査結果の連絡

口座開設手続き

カードローンの契約

といったような流れになり、とくに面倒なことはありません。

それでもカードローンの利用以外に使う予定のない通帳、口座ができてしまうので、できることなら余計な通帳は作りたくはないものです。

ノンバンクなら通帳なしでも借りられる?

ノンバンクとされる消費者金融なら通帳を作る必要はありませんが、通帳なしで借りるというのも難しいです。

通帳を一つも持っていないという方は多くはありませんが、何らかの理由で通帳をカードローンに使いたくないという方もいることでしょう。

例えば、

  • 通帳の入出金で家族にバレたくない
  • 通帳の管理が家族と共有

などの場合には、通帳を使わずカードローンを利用したいと考えるものです。

実際に通帳を一切使わずにカードローンを利用することはできますが、だからといって通帳なしで契約までとなると少し不便をするかもしれません。

通帳があれば手続きが素早く進む

通帳というよりも銀行口座なのですが、口座の登録があるとカードローンの手続きは簡単になります。

一部の消費者金融では銀行口座の登録をすると契約がWeb完結、カードレスで進められるようになり、契約後の自宅宛の郵送物もなくなります。

プロミスの返済をカードなしで行う方法3選

返済日が今日なのにカードを忘れてしまった、カードを取りに帰る時間がないけど今日中にどうしても返済をしなければならない…そんな状況でも返済ができるのがプロミスの良さです。 プロミスではカードなしでも返済 ...

続きを見る

銀行口座の登録をしても、振り込みで借りなければ通帳に記録がされることもありません。

お金を借りる際に通帳を使わないとしても、申し込みや契約の際には通帳、口座の登録はしたほうが良いでしょう。

カードローンと通帳のその他のこと

カードローンと通帳の関係

申し込みや契約以外でも、カードローンと通帳には様々な関係があります。

やはり大きな関係を持つのは銀行カードローンとなり、利用内容によっても通帳の扱いが変わってきます。

トラブルなどはないのが一番ですが、もしカードローンの利用に関して何らかの問題が生じると、通帳にも影響が出る場合もあるので注意が必要です。

銀行カードローンと通帳の取り扱い

銀行のカードローンは返済などにおけるトラブルを起こしてしまうと、以下のような対応が取られることがあります。

  1. 通帳の差し押さえ
  2. 口座の強制解約
  3. 今後の口座開設ができなくなる

3番の「今後の口座開設」に関しては特に明記がされていない場合がほとんどですが、銀行カードローンでトラブルを起こすと、その銀行との今後の取引には大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

1番と2番は銀行カードローン申し込み時に目を通すことになる規約等に書かれているので、特におかしなことではありません。

規約等は文字がびっしりと書かれているのでちゃんと見ない方も多いですが、こういった大事なことも書かれているのです。

返済ができなくなれば通帳が使えなくなる

銀行カードローンで返済ができなくなると、その銀行の通帳、口座は使えなくなる場合が多いです。

もし給料の振り込み先に指定していたり、クレジットカードや公共料金の引き落とし口座にしていた場合には、それらも変えなければならなくなります。

カードローンの返済は遅れずにしっかりと行うのが基本ですが、銀行の場合、特に通帳を普段から利用をしているところで借りている場合には、よりしっかりと行わなければなりません。

カードローンの延滞利息はとにかく高いので返済はしっかりと行うように

カードローンの返済は毎月の決められた返済期日に入金を行います。 期日通りに入金をしていれば何ら問題はありませんが、期日から過ぎてしまうと延滞利息として通常の利息よりも高い金額を追加で支払わなければなり ...

続きを見る

信用情報とは別に銀行に悪い情報を持たれる

返済などの利用に関するトラブルを起こしてしまうと、信用情報とは別に各社に独自に悪い情報、ネガティブなトラブルの情報を保有されることがあります。

これは銀行に限らずノンバンクの消費者金融でも同じです。

信用情報に記録がされる情報は一定の期間が経過すれば消えますが、各社で独自に持つ情報はいつまで持たれるかは決まっていません。

そのため、銀行カードローンでトラブルを起こして悪い情報を持たれてしまうと、今後にその銀行で再度通帳を作るということができなくなる可能性があります。

★銀行系列のカードローンでも同じ

今から何年も前の話になりますが、モビット(現SMBCモビット)がまだ三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)の窓口で手続きができていた時代がありました。

当時のモビットは三菱東京UFJ銀行グループのカードローンです。

そのときのモビットへの返済でトラブルを起こしてしまった方は、今になっても三菱UFJ銀行では口座開設が断られています。

これは少し特殊な例ではありますが、銀行に近いカードローンでトラブルを起こしても、同じようなことが起こってしまうのです。

そうならないためにも計画的に利用をする

通帳の有無からだいぶ話がそれましたが、このような状況に陥らないようにするためにすべきことはたった一つです。

ちゃんと返済をする、これだけです。

そのためにはしっかりとした計画が必要で、借りすぎに注意をしてカードローンを利用しなければなりません。

限度額があるからと借りてしまえば返済に困って通帳も使えなくなる可能性もあるので、収入と支出から無理なく返済ができる金額を考え、余裕のあるプランで借りるようにしてください。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく便利に利用ができるのが大きな特徴です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

アイフル

アイフル

申し込み後に受け付け完了メールが届いたら、専用ダイヤルに電話をすると審査を優先して進めてくれます。急ぎの方には助かる、独立系消費者金融ならではの対応が魅力です。初めて借りる方は契約翌日から30日間が無利息になるので、返済も安心です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
30分
最短
1時間

-カードローン

Copyright© 個人的カードローン , 2020 All Rights Reserved.