カードローンの審査が通らない!お金を借りたいのに審査に落ちる理由と対策

更新日:

カードローンでお金を借りたいから申し込みをしたのに、審査に通らなくてお金が借りられない…。

そんな結果になってしまう方も少なくありません。

審査に通らないとどうにもならないと諦めがちですが、本当に諦めなければならないのか、審査の対策はないのかなどをまずは確認をしてみましょう。

カードローン 審査 通らない

審査に通らない理由から考えてみる

カードローンの審査に通らないのは、当然ながら何かしらの理由があります。

審査に通らない理由として考えられるのは以下の通りです。

  • 他社で借りすぎている
  • 返済状況に問題がある

ぱっと思い付くものとして挙げられるのはこの2点です。

2点のいずれかに該当をしてしまっていると現状ではどこでも審査に通るのは難しくなりますが、どちらにも該当をしていないのであれば、審査に通る可能性は十分に残されています。

それでも審査に通らない場合には、申し込み内容等に問題があることも考えられます。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

審査に通らないなら申し込み内容を見直す

カードローンの審査基準は、希望額が大きくなればなるほどに厳しくなります。

必要以上の金額を希望して申し込みをすると、審査がより慎重になったことによって審査に通らない場合があります。

他社での借金や返済状況に問題がなく、安定した収入もあるのに審査に通らないといった方は、申し込み時の希望金額を10万円以下の少額にしてみると審査に通る可能性があります。

カードローン 審査 通る
カードローンの審査に通る方法なんてあるの?審査対策、コツ、攻略法と言われることについて

カードローンは審査に通らないとお金が借りられないので、検討をする際には審査に通るかどうかがとにかく気になります。 審査に通るカードローンを探す、または審査に通る方法を探すといった方もいますが、その探し ...

続きを見る

少額希望なら審査にかかる時間も短縮できます。多くの金額を希望すると審査時間も長くかかりがちなので、急ぎで借りたい場合も少額での申し込みがおすすめです。

申し込み後の電話連絡はしっかりと対応する

申し込み内容によっては、審査の際に電話での確認が入る場合があります。

在籍確認とは別の本人宛の電話となり、電話での対応ができないと審査が進まず、その時点では保留扱いとなってしまっています。

なるべく早めに対応をするのが望ましいですが、仕事中などで電話での対応ができない場合には、手が空いたときに折り返すようにしないと審査落ちとなります。

連絡が付かずに申し込みが取り下げられて審査に落ちる、というケースが非常に多いです。しっかりと対応をし、無駄な審査落ちとならないようにしておきましょう。

ミスなく申し込みを進めることも大事

申し込み内容の入力ミスによっては、審査に悪影響を与えてしまいます。

少しのミスであれば電話確認等で修正ができますが、ミスなのか虚偽かの判断が付きにくい場合には、いたずら扱いで申し込みが取り下げられることもあります。

審査落ちとならないとしても入力ミスは審査時間を余計にかける原因にもなるので、必ず確認をしてミスなく各項目の入力をするようにしてください。

申し込み内容の入力ミスは急ぎの際に起こりやすいです。つまらないミスで審査に通らない結果とならないように、送信前には何度も確認をしておくと良いです。

審査に通らなかった場合はどうするか

どのような理由であっても、審査落ちとなった際になぜ審査に通らなかったのか、どこが引っかかったのかは教えてはくれません。

自身で審査に通らない理由を考えるしかないので、上に挙げた各内容のうちのどれかに該当していないかなども見ておくと良いでしょう。

もし何か引っかかっていると考えられるなら、他カードローンへの申し込みで審査に通る可能性があります。

審査基準は借り入れ先ごとに異なる

カードローンの審査基準はすべての借り入れ先で統一されているわけではありません。

総量規制など貸金業法で定められているルールは当然ながらどこもしっかりと守っていますが、それ以外の部分に関しては各社各サービスの審査基準によるものとなります。

総量規制を超えている、他社での返済にトラブルがあるなどでもなければ、異なる審査基準の他社なら申し込み内容次第で審査に通る可能性があるのです。

総量規制については知っておきたい

総量規制とは、年収の3分の1までの借り入れに制限をする貸金業法による規制です。貸金業者からの借り入れは、一部の例外貸付を除いて総量規制は超えられません。

審査に通らない場合の借り入れ先の選び方

審査に通らないならどこで借りるか

カードローンの審査に通らなかった場合、審査基準ごとに借り入れ先の選び方を段階的に変えていく必要があります。

銀行カードローン

大手消費者金融

中堅消費者金融

小規模な消費者金融

銀行カードローンで審査に通らなければ大手消費者金融へ、大手消費者金融で審査に通らなければ中堅消費者金融へ、といった流れです。

ただ、上でも触れていますが借り入れ先ごとに審査基準は異なるので、一つの銀行で審査に通らなかったからといって、すべての銀行で審査落ちとなるわけでもありません。

大手でダメでも一通りは考えてみたい

消費者金融は借り入れ先ごとの審査基準の違いが特に出やすいです。

大手消費者金融でも例えばアコムで落ちた後でも、他の大手消費者金融のプロミスでは審査に通ったということも決して少なくはありません。

アコム 落ちたら
アコムで落ちたらもうお金は借りられない?アコムで通らない方は必見

一昔前と比べて審査が厳しくなってきているのが今のカードローンです。 たとえ消費者金融であったとしても審査に落ちてしまう場合もあり、お金を借りたいのに審査に通らずに借りられないという場合もあります。 こ ...

続きを見る

プロミスの使い方を徹底解説!すぐにお金が借りられるカードローンのプロミス

プロミスは最短1時間で借りられるカードローンとして人気が高く、すぐにお金が必要なときに大変便利で頼れるサービスとなります。 とは言え、初めての方ではプロミスの使い方、借り方は戸惑ってしまうもので、いく ...

続きを見る

大手で審査に通らないからと言ってすぐに中堅消費者金融を考えるのではなく、まだ利用をしていない、申し込みをしていない大手があれば、まずはそこから審査を受けてみると良いでしょう。

怪しい借り入れ先には注意をする

大手以外の消費者金融となると、よく分からない聞いたこともないような貸金業者が出てくる場合があります。

それでも正規の貸金業者であれば良いのですが、中には正規の貸金業者ではない、つまり闇金融といったものが出てきてしまう場合があります。

闇金融は一度でも利用をしてしまうと大きなトラブルになってしまうので、闇金融のような怪しいところは絶対に利用をしないようにしてください。

審査に通らないからといってやってはいけないこと

審査に通らないときにやってはいけないこと

お金を借りたくて申し込みをしたのに審査に通らない、それでもどうしてもお金が必要となると焦ってしまうものです。

何とかお金を用意しなければと焦って多くのカードローンやキャッシングに申し込みをしがちですが、これは避けるべき申し込みの仕方です。

多重申し込みは審査に通らない大きな原因に

審査に通らなかったから、審査に通したいからと多くのカードローンやキャッシングに同時に申し込みを行うのは避けてください。

カードローン 連続申し込み
カードローンの連続申し込みは何でダメなの?多重申し込みで審査落ちになる理由

カードローンの審査を受けるにあたっては、連続申し込みは禁止、多重申し込みは厳禁とされる場合が多いです。 申し込みをしてみないと審査に通るか分からないので、どうせならと一気に連続で申し込みをしたくなるも ...

続きを見る

多重申し込みはどの借り入れ先でも嫌うものであり、信用情報機関を通して確認ができる申し込み情報が積み重なっていると、収入等に問題がなくても審査落ちとなる可能性が高まります。

収入は安定している、他社の利用状況にも問題がないのに審査に通らない方の中には、多重申し込みによって審査落ちとなっていることも少なくないのです。

多重申し込みは「申し込みブラック」などと呼ばれるような状態になります。申し込みに関する情報は半年間は信用情報機関に記録されるので、審査を不利にしないためにも多重申し込みはしないようにしましょう。

虚偽内容での申し込みは言うまでもなくNG

審査に通りたいからと収入を誤魔化したり、他社からの借り入れ金額を少なくしたところで意味がありません。

カードローン 他社借り入れ 嘘
カードローンの審査に通りたいからと他社借り入れに嘘を書いても意味がない

カードローンの審査に通るかどうかは、他社借り入れ状況がとにかく重要です。 他社借り入れが多すぎれば審査では不利になり、逆に他社借り入れの状況が良好であれば審査に通る可能性も高くなります。 審査に通りた ...

続きを見る

審査の際に確認をする信用情報機関で他社の利用状況はすぐに分かり、収入に関しては収入証明書類を求められれば一発で嘘がバレます。

虚偽内容で審査に通るほど簡単ではないので、カードローンは正しい内容で申し込みをするようにしなければなりません。

何をやっても審査に通らない場合もある

収入や他社の利用状況に問題がある、過去に長期に渡る延滞や債務整理などによって信用情報に傷が付いているような状態だと、どうやっても審査に通らない場合があります。

通らない審査を繰り返し受けても意味がないので、何社も受けて審査に通らないのであれば今は諦めるしかありません。

繰り返し、立て続けに申し込みをして審査落ちを繰り返すと信用情報がさらに汚れてしまうので、何社か受けて審査に通らないのであれば、今はいったんは「待ち」とすることも大切です。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく便利に利用ができるのが大きな特徴です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

アイフル

アイフル

申し込み後に受け付け完了メールが届いたら、専用ダイヤルに電話をすると審査を優先して進めてくれます。急ぎの方には助かる、独立系消費者金融ならではの対応が魅力です。初めて借りる方は契約翌日から30日間が無利息になるので、返済も安心です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
30分
最短
1時間

-審査

Copyright© 個人的カードローン , 2020 All Rights Reserved.