カードローンの連続申し込みは何でダメなの?多重申し込みで審査落ちになる理由

更新日:

カードローンの審査を受けるにあたっては、連続申し込みは禁止、多重申し込みは厳禁とされる場合が多いです。

申し込みをしてみないと審査に通るか分からないので、どうせならと一気に連続で申し込みをしたくなるものですが、それはダメとされています。

その理由について、しっかりと知っておくと今後の審査でも何か役に立つかもしれません。

カードローン 連続申し込み

連続申し込みがダメな大きな理由

カードローンの連続申し込みがダメとされる最も大きな理由が、「信用情報機関に履歴が残る」という点が挙げられます。

信用情報機関とはJICC、CIC、全銀協の3社からなるもので、カードローンやキャッシングの審査では大きな役割を持っています。

そもそも信用情報とは何なのかという話ですが、簡単に言えば借金などの履歴です。

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。

信用情報について|指定信用情報機関のCIC

ここに連続申し込みの記録が残ってしまうので、カードローンの審査ではマイナスになってしまうのです。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

記録が残るとなぜダメなのか

信用情報機関に連続申し込みの記録が残っても、「実際にお金を借りていないなら関係ないじゃないか」と思うかもしれません。

たしかに契約に至っていなければ、借金は増えていないのでその後の審査には関係がないように思えてしまいます。

しかし、実際には連続申し込みで借金が増えていないのは、大きなマイナス評価になるのです。

連続で審査に落ちている証拠

カードローンの連続申し込みをしたにも関わらず借金が増えていない、契約情報に何もないという場合には、連続で審査に落ちたということになります。

カードローン 審査 通らない
カードローンの審査が通らない!お金を借りたいのに審査に落ちる理由と対策

カードローンでお金を借りたいから申し込みをしたのに、審査に通らなくてお金が借りられない…。 そんな結果になってしまう方も少なくありません。 審査に通らないとどうにもならないと諦めがちですが、本当に諦め ...

続きを見る

そこまで連続して審査に落ちるには、何か理由があると考えるのが普通です。

信用情報機関には記録がされない各社で持つ情報に何か悪いものでもあるのではないか、過去にトラブルを起こしているのではないかなど、連続での審査落ちは良いイメージは与えません。

信用情報は一定期間経過で消える

記録がされる信用情報は永遠に残るわけではありません。

情報の種類によって保有期間が決められており、その期間を過ぎると情報はきれいさっぱり消えてなくなります。

例えば申し込みに関する情報であれば、保有期間は6か月(CIC)と決められています。

過去に何かあっても何年もの期間が経てば消えるのですが、各社で持つ情報に関しては保有期限は決められていないので、信用情報機関の情報がすべて、というわけでもないのです。

連続申し込みで契約に至っていても問題

それならカードローンに連続で申し込みをして、連続で契約に至っているのなら良いのではないか、というとそれもまた違います。

今の貸金業者からのカードローンやキャッシングには総量規制があるため、多くの借り入れを抱えていると審査に通りません。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。

お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

他社借り入れがあっても借りられるのですが、連続申し込みをしてしまうとその結果を問わず、どちらであってもダメというわけです。

他社借り入れあっても借りられる
他社借り入れあっても借りられる?他社で借りてても審査に通るカードローン

カードローンは他社の借り入れが多くなると審査では不利になります。 とは言っても他社借り入れがある=即NGとなるわけではありません。 他社借り入れがあっても借りられる、審査に通るカードローンは、実際には ...

続きを見る

申し込みは連続で行わずなるべく慎重に

あせらずに申し込みをする

カードローンの審査に通りたいのであれば、余計な申し込みはせずに絞って慎重に行うべきです。

審査に通りたいからと連続で多重申し込みをしても逆効果にしかなりません。

まずは1社に絞ってミスなく慎重に申し込みを行い、その審査結果によって次はどうするかを考えるべきです。

仮に審査に落ちてしまった場合

連続で申し込みをしていなくても、申し込み内容によっては審査に落ちてしまう場合もあります。

審査に落ちてしまったらすぐに他のカードローンに申し込みをするのではなく、なぜ落ちてしまったのかを少し考えてみても良いでしょう。

もし以下のいずれかの項目に該当をしてしまうようであれば、他への申し込みをしたところで審査に通る可能性はほぼありません。

  • 総量規制を超えて、または近くまで借りている
  • 他社への返済ができていない
  • 過去に長期延滞や債務整理の履歴がある

この状態で申し込みをしたところで信用情報機関に余計な履歴を溜めるだけとなるので、申し込みは控えたほうが良いです。

審査基準を考えて申し込みをしてみる

審査に落ちてしまったのが低金利の銀行カードローンであった場合には、消費者金融への申し込みで審査に通る可能性があります。

カードローンの金利が安いのは銀行!地方銀行やネット銀行も侮れない

金利の安いカードローンを選ぶとなると、消費者金融ではなく銀行としておくのが基本です。 銀行であれば上限金利の適用となっても、消費者金融よりも3%や4%程度低い金利で借りられる場合が多いです。 金利が低 ...

続きを見る

もちろん上に挙げたいずれの項目にも該当をしていない場合となりますが、銀行でダメでも消費者金融ならOKということは珍しくありません。

また、消費者金融でも大手でダメなら中堅といったように、審査基準を考えて申し込みをしてみると少額でも審査に通ることもあるかもしれません。

審査に通りたいなら連続申し込みはとにかく禁止

カードローンでお金を借りたい、キャッシングを利用したいなら、連続申し込みは禁止、厳禁です。

急にお金が必要になると焦ってしまい、審査結果の連絡待ちの間に他社への申し込みもしたくなるものですが、そこは我慢をしなければなりません。

焦ってしまった結果、本来であれば審査に通ったかもしれないのに、連続申し込みによって審査落ちとなるもったいないケースも決して少なくはないのです。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく便利に利用ができるのが大きな特徴です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

アイフル

アイフル

申し込み後に受け付け完了メールが届いたら、専用ダイヤルに電話をすると審査を優先して進めてくれます。急ぎの方には助かる、独立系消費者金融ならではの対応が魅力です。初めて借りる方は契約翌日から30日間が無利息になるので、返済も安心です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
30分
最短
1時間

-審査

Copyright© 個人的カードローン , 2020 All Rights Reserved.