カードローンの取引目的や資金使途は正直に入力をするのが基本

更新日:

カードローン 取引目的

カードローンの申し込みフォームには、取引目的や資金使途を入力する欄があります。

借り入れ先によってどのような選択肢があるか、または入力をするかは変わりますが、基本的に目的や用途は素直に正直に入力をすれば問題ありません。

変に深く考えてもともとの目的から外れた用途で申し込みをすると、かえって審査に悪影響を及ぼす可能性すらあります。

生活費が足りないなら生活費目的で申し込む

お金を使いすぎてしまって今月の生活費が足りない、そうだカードローンに申し込もう。

こんなときは取引目的や資金使途を「生活費」とすれば良いだけです。

食費や家賃など生活費といっても幅広いですが、生活をしていくに必要なお金であれば生活費です。

事細かに食費が足りません、家賃が払えませんなどと伝える必要はありませんが、生活費が足りないなら生活費で申し込みをすれば良いだけの話です。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

生活費で申し込むと審査に落ちるとかいう考え

生活費で申し込みをすると、生活費もないぐらいに切羽詰まってると思われて審査に落とされるのではないか、こんな風に考える人もいないわけではありません。

たしかに生活費を借りるのは切羽詰まってる状況ですが、考えてみてください。

切羽詰まってない人がカードローンを使うと思いますか?

お金に切羽詰まってる人のためのサービスがカードローンです。

それなのに「生活費借りるぐらいヤバいなら貸せないわ」となるわけがないのです。

生活費もないのにレジャーとかにするほうがおかしい

生活費が足りないのに、

生活費だと審査に落とされそう

と思って、目的を「レジャー」として申し込みをした場合。

もし他社での借金があるとすれば、申し込みフォームの他社借り入れ欄にも当然ながら他社での借金を入力することになります。

嘘をついても信用情報機関でバレるだけで意味はありません。

カードローン 他社 借り入れ 嘘
カードローンの審査に通りたいからと他社借り入れに嘘を書いても意味がない

カードローンの審査に通るかどうかは、他社借り入れ状況がとにかく重要です。 他社借り入れが多すぎれば審査では不利になり、逆に他社借り入れの状況が良好であれば審査に通る可能性も高くなります。 審査に通りた ...

続きを見る

他社での借金があるのに自分のお金を超えたレジャーを計画してるとなれば、計画性が疑われてしまいます。

今後のお金のやりくりもうまくいくとは思えず、もしかしたら審査に落とされる原因になるかもしれません。

実際は何に使われているかは分からない

申し込み時の取引目的、資金使途は、本当にその用途に使われるかどうかは、貸した側からすると知ったことではありません。

どのように使われたかは一部の使い方を除いて把握をするのは不可能で、借り入れ後にわざわざ自己申告する必要もありません。

生活費目的で申し込みをしてレジャーや趣味の費用、買い物などに使っても構いませんし、それであれこれ言われることもないです。

目的はアンケートのようなものだったりもする

申し込み時の目的というのは、一つのアンケートのような役割でもあります。

何に使うのか、借り入れ後に本当にその目的通り使うのかは借り手次第です。

把握ができないものを大きな物差しとはできないので、実際には取引目的や資金使途が審査に影響を与えているかどうかは分かりません。

ただ、影響を与えるかもしれないなら、それはやっぱり避けておきたいものです。

申し込みをするからにはお金は借りたいので。

正しい目的で申し込みをしなければならない場合もある

目的は正しく選択する

取引目的や資金使途のうち、借り換えやおまとめとしての利用の場合には絶対に正しく入力をする必要があります。

借り換えやおまとめとして利用をするのに、「どれを選んでも同じだろう」と生活費やレジャーとしてしまうと、審査結果は良いものにはなりません。

理由としては単純で、他社で借りている人のただの新規申し込みとして扱われてしまうためです。

借り換え目的としないのはデメリットしかない

借り換えで借りたい場合に借り換え目的としないと、

  • 他社借り入れで審査落ち
  • 通っても限度額がしょっぱい
  • 金利が高くて借り換えに使えない

大体はこうなります。

借り換え目的で申し込みをしたのに、取引目的や資金使途を生活費としてしまった場合。

審査の確認をする担当者がエスパーでもなければ、「この人は生活費で申し込みをしてるけど借り換えとして使いたいに違いない」など分かるわけもありません。

その結果、ただ他社借り入れがある人の新規申し込みで少額の限度額になる、金利が高くなる、他社借り入れ件数等によっては審査に通らないということになってしまうのです。

おまとめとして借りる場合も同様です。

カードローンの審査が通らない
カードローンの審査が通らない!お金を借りたいのに審査に落ちる理由と対策

カードローンでお金を借りたいから申し込みをしたのに、審査に通らなくてお金が借りられない…。 そんな結果になってしまう方も少なくありません。 審査に通らないとどうにもならないと諦めがちですが、本当に諦め ...

続きを見る

借り換えなら借り換えで使うとはっきり伝える

借り換えでカードローンを利用したいなら、必ず取引目的や資金使途は借り換えとするようにしてください。

ただ、借り入れ先によっては目的欄に「借り換え」がない場合があります。

例えば借り換えで人気のSMBCモビットの場合。

目的欄は以下から選ぶようになっており、借り換えという選択肢はありません。

  • 物品購入費
  • 飲食交際費
  • レジャー資金
  • 教育資金
  • 車の購入整備費
  • 冠婚葬祭費
  • 生活費
  • 入院治療費
  • 借入金返済資金
  • その他

この場合、「借入金返済資金」か「その他」を選び、念のため申し込み後すぐに電話をして「借り換えで借りたい」と伝える必要があります。

他の借り入れ先でも同様に、目的欄に「借り換え」がなければ申し込み後に連絡ををしておくと良いでしょう。

モビット 借り換え
SMBCモビットは借り換えにも人気!借り換えのときに注意をしたい申し込み・審査のポイント

SMBCモビットは通常の生活費としての利用などだけでなく、借り換え先としても人気が高いです。 借り換えとしての利用が認められているので、通常通り契約をして借り換えができるのです。 ただ、SMBCモビッ ...

続きを見る

目的がはっきりしていればその内容での審査になる

目的がよく分からない申し込みの場合には、基本的に限度額は少なく、金利は高くなります。

対して借り換えとして借りたいのであれば、今の借り入れ先よりも高い金利で借りても意味がないので、借り換え用としての審査をしてくれる可能性が出てきます。

それなら「生活費として使うけど借り換えとして申し込みをすれば低金利で借りられるのではないか」と思うかもしれませんが、これは危険です。

他社借り入れ状況は契約後も確認されている

他社での借り入れの状況は申し込みが来たときだけでなく、利用中においても定期的に与信審査として確認がされています。

借り換え目的で申し込みをして他社での借金が減っていない場合には、カードの利用停止や、あまりにも悪質な場合には一括返済が求められることもあります。

禁止されている又貸しでもしない限りは、生活費などの幅広い用途なら目的外になることもありませんが、借り換えは別です。

又貸しとは読んだままですが

借りた物を、さらに人に貸すこと。転貸。

又貸し(マタガシ)とは - コトバンク

です。

自分で借りるといって借りたのに、そのお金を人に貸すのは禁止されています。

借り換えしますといって借りたのに借り換えをしていないとなれば、それは同じようにダメなことです。

それでカードの停止を食らっても文句は言えません。

意味がなさそうで意味があるカードローンの目的

生計費の範囲内なら自由に使えるカードローンは、取引目的や資金使途を入力する意味があるのかと感じるところはあります。

借り換えなどの利用以外であればそこまで深い意味は持ちませんが、だからといってめちゃくちゃな目的で申し込みをする意味はありません。

何より、カードローンの申し込みは全ての項目において正しい内容で進めるのが鉄則です。

それは目的にも言えることなので、生活費として借りるなら生活費で、借り換えとして借りるなら借り換えとして申し込みをするのは必ず守ってください。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-カードローン

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2020 All Rights Reserved.

プロミス
プロミス