カードローンの延滞は住宅ローンの審査に落ちてしまう原因になる

更新日:

カードローン 住宅ローン

カードローンの返済を延滞してしまうと、住宅ローンの審査に通らなくなってしまったり、審査で不利になってしまうこともあります。

一度でも延滞をしたら住宅ローンの審査に通らないというわけではありませんが、住宅ローンの審査を不利にしたくないのであれば、カードローンの延滞は避けるべきです。

過去に延滞をしてしまっている方がこれから住宅ローン審査を受ける場合には、いくつかの点を確認するようにしましょう。

延滞の期間などによっても変わってくる

カードローンの延滞は日数が長くなると、いわゆる「ブラック」の状態になってしまいます。

数日程度の延滞でブラックになるわけでなく、数ヶ月といった長い期間の延滞をしてしまうとブラックになります。

ブラックになると情報が消えるまでの数年間はカードが作れない、ローンの審査に通らないなど、日々の暮らしにも悪影響を及ぼしてしまいます。

カードローン 延滞 利息
カードローンの延滞利息はとにかく高いので返済はしっかりと行うように

カードローンの返済は毎月の決められた返済期日に入金を行います。 期日通りに入金をしていれば何ら問題はありませんが、期日から過ぎてしまうと延滞利息として通常の利息よりも高い金額を追加で支払わなければなり ...

続きを見る

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

そもそもブラックとは何なのか

ブラックの状態とは信用情報機関に「異動」とされる情報が記録されている状態を指します。

異動は対象となる債務を完済後、5年を超えない期間は残り続けるものとなり、一度付いてしまうと長期に渡ってブラックとなる異動情報を抱えなければならなくなります。

「ブラックリスト」と呼ばれることもありますが、何らかのリスト化がされているわけではなく、異動情報がある状態をブラックと呼んでいるだけです。

長期の延滞では住宅ローン審査はまず通らない

信用情報に異動が付くような長期の延滞をしてしまった、債務整理を行って借金を整理しているといった場合には、住宅ローンの審査はまず通りません。

異動の情報が消えるのを待つしかなく、異動が付いた債務を完済しているなら、完済日から5年間は待つ必要があります。

異動の原因となった債務をまだ完済していない場合には異動情報が消えることはないので、しっかりと整理をしなければなりません。

短期間の返済の遅れの場合には

数日程度の延滞であればブラックと呼ばれる異動の情報は記録されません。

だからと言って数日程度の延滞なら住宅ローン審査に通るかと言えば、それは状況次第です。

細かな延滞が一度きりであればまだマシですが、何度も繰り返すようだと住宅ローン審査にも当然ながら悪影響が出てきます。

カードローン 返済 苦しい
カードローンの返済が苦しいなら借り換えで負担を減らすしかない

来店不要でお金が借りられるカードローンは、便利だからと利用に慣れてしまうと余計な借り入れを重ねがちです。 気が付いたときには大きな借金総額になっていた、というケースも決して少ないわけではありません。 ...

続きを見る

入金状況も信用情報機関には記録がされている

信用情報機関には様々なクレジット履歴に関する情報が記録されています。

契約情報の他に毎月の返済状況、入金状況もマークで記されるようになっており、マークを見れば正常な入金か、遅れての入金か、不足入金かなどがすぐに分かります。

つまり、ブラックにならない程度の短期間の延滞であっても、延滞をしてしまうとその事実が信用情報機関には「遅れての入金」を示すマークによって記録がされてしまうのです。

CICの入金状況を示すマーク出典:指定信用情報機関のCIC

直近での延滞は大きなマイナスになる可能性が高い

異動が付かない程度の短期間であっても、直近での延滞は住宅ローン審査には悪影響です。

信用情報機関に記録がされる入金状況は過去2年間分となっており、このうち直近の半年程度はローン審査では特に重要視されると言われています。

直近半年間でカードローンの延滞がある場合などは、住宅ローンの審査に通らない原因になるかもしれません。

契約自体がマイナスになるカードローン

カードローン契約があるだけで住宅ローン審査では不利になる

ここまではカードローンの延滞履歴と住宅ローンの審査について書いています。

そもそもの話で、カードローンの契約がある状態では住宅ローンの審査に不利になります。

カードローンやキャッシングは、お金を借りていないとしても契約があるだけで借金があるのと同じであるため、住宅ローン審査においてはマイナスです。

借金があれば返済比率も圧迫をすることになり、仮に審査に通ったとしても借りられる金額が少なくなるなどの可能性もあります。

延滞+契約中では住宅ローンは難しい?

直近で延滞の履歴があり、さらに今現在カードローンを契約中という場合には、住宅ローンを利用するのは難しいかもしれません。

完済後ならすぐに解約手続きをして何とかなる可能性はありますが、返済中の場合には完済をして解約をしないことにはどうにもなりません。

完済をしたら必ず解約手続きを

住宅ローンの利用を考えている場合には、カードローンを完済したら必ず解約手続きを行うようにしてください。

カードローンは完済によって自動的に解約となるわけではないので、解約の手続きをしないと契約が残り続けてしまいます。

解約手続きと聞くと面倒に感じられるかもしれませんが、コールセンターへの電話でも行えるので完済後、忘れずに解約をするようにしましょう。

住宅ローンを使わないなら

住宅ローンの利用を考えていないのであれば、カードローンの解約は特に急ぐ必要はありません。
契約を残しておけば限度額内で繰り返し借りられるので、またお金が必要になったときのことを考えて解約は早まらないほうが良いです。

延滞でブラックになっているかを確認する

過去にカードローンで延滞をしてしまったことがあり、その記録が残っているか、ブラックになってしまっているかは自身でも確認ができます。

信用情報機関は個人でも情報開示が行えるようになっているので、住宅ローンの審査を受ける前に、一度信用情報機関で開示をしておくと良いです。

開示請求はインターネットで手軽に簡単に行えるので、まずは基本となるCICで開示をして自身の信用情報を見てみましょう。

信用情報を開示するメリット

住宅ローンに申し込む前に信用情報を開示することによって、延滞関連以外にも余計なクレジット契約が残っていないかを確認することができます。

契約があれば開示をした情報内に記載がされるので、余計な契約はしっかりと解約をしてから住宅ローンに申し込めるようになります。

また、極まれに見に覚えのないクレジット履歴が記録されていることがあるので、知らない情報によって住宅ローン審査に落ちてしまう前に、そういったものも確認ができるのは大きなメリットです。

間違った情報は削除可能

正しい情報は保有期限を過ぎないと消えませんが、間違った情報に関しては申し立てを行えば削除可能です。
身に覚えのない情報があった場合にはしっかりと連絡をし、面倒ですが削除をしてもらうようにしましょう。

これからの住宅ローンを考えて

マイホームはいつ持つか分かりません。

今は考えていなくても数年後には家を建てる、買うなどといった話が出ることもあります。

そのときに延滞の情報で住宅ローンが組めないといったことにならないように、普段からカードローンやキャッシング、クレジットカードの返済はしっかりと行うようにしなければなりません。

延滞をしていなければカードローンなどの履歴は完済済みであればそこまで大きな影響にはならない場合も多いので、延滞には十分に気を付けて利用をするようにしましょう。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-審査

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2020 All Rights Reserved.

プロミス
プロミス