アコムは千円単位で借り入れや返済が利用できる

更新日:

アコム 1,000円単位

アコムのカードローンは限度額の範囲内であれば繰り返し自由に何度でも借りられるようになっており、何も限度額を全額いっぺんに借りなければならないわけではありません。

アコムの限度額が100万円あるとしても、必要な金額が5万円なら5万円だけ借りることができます。

さらに細かい金額となる千円単位でも、アコムなら問題なく利用可能です。

借りれば返済時に利息がかかり負担が大きくなるカードローンは、借りる際の金額を必要最小限とできるならそれだけ安心感が強まります。

その点で千円単位で借りられるアコムなら安心なのです。

3行で分かるこの記事の内容

  • アコムでの借り入れ方法
  • 5,000円だけ借りた場合の利息
  • アコムで借りるときの手数料に注意

ATMやインターネットで必要な金額を借りる

アコムには様々な借り入れ方法があります。

ざっくりと挙げると、

  • アコムATM
  • コンビニなどの提携ATM
  • 店頭窓口
  • 銀行振り込み

などです。

この中でメインとなるのはアコムATMやコンビニ、金融機関などの提携ATMの利用、またはインターネットを使った指定口座への振り込み融資です。

いずれも契約後であれば素早い借り入れを可能とするので便利で、どの利用方法においても千円単位で、必要な金額を限度額の範囲内で借りられます。

それこそ5千円だけ借りたいといったときもアコムなら限度額さえあれば問題はなく、5千円だけ借りるならかかる利息も僅かとなるので返済時の負担も軽いです。

ここから申し込みで最短30分審査!

楽天銀行宛なら平日も土日も24時間振込
初めての方でも安心「はじめてのアコム」

5千円を借りた場合にかかる利息はいくら?

アコムで5千円を借りた場合にかかる利息は、金利を上限の実質年率18.0%、借り入れ期間を30日間とすると73円です。

カードローン 利息 高い
カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

カードローンの利息ははっきり言って高いです。 住宅ローンなどと比べるまでもなく高く、借りすぎてしまえば利息負担によって返済が苦しくなるのは目に見えています。 しっかりと考えて使わないと、カードローンの ...

続きを見る

5千円を30日間借りてもかかる利息は僅か73円で、缶ジュース一本買うよりも安い利息で30日間の借り入れができてしまいます。

例えば借り入れ金額を10万円で金利や期間を同条件とすると1,479円の利息となるため、借りる金額を千円単位で少なくしておくと、返済時の利息は大幅に軽くなります。

利息の計算方法

借り入れ金額×金利(%)÷365×借り入れ日数

追加で借りられるサービスを使いこなす

アコムのようなカードローンは、限度額の範囲内であれば再申し込み不要で繰り返し借りられます。

一度借りた後でも限度額の満額まで借りていないのであれば、追加でお金が必要になってもそのまますぐに借りられます。

これをうまく使えば千円単位の利用で余計な借り入れは防げるようになります。

借りた後にやっぱり数千円足りないとなれば足りない分だけ追加で借りればいいだけで、最終的に借りる金額が少なく抑えられれば、毎月の返済金額も少なく抑えられるようになるのです。

カードローン 毎月 返済
カードローンの返済は月々少しずつの金額で進められる

カードローンと聞くと金利が高い、利息の負担が重い、返済が苦しくなるといったイメージが先行しがちですが、実際には異なるものとなっている場合が多いです。 金利が高い、利息が重いというのは住宅ローンやマイカ ...

続きを見る

少額融資で返済も安心

借りる金額が減れば返済時に支払う利息が減り、そもそもの返済金額自体も減るので返済がそこまで負担にならず、余裕をもって返せるのも大きな利点です。

借りる場合には手数料には注意をしたい

手数料に注意して使う

ただ、追加で細かく千円単位でお金を借りる場合には、利用時にかかる手数料には十分に注意をしなければなりません。

手数料は利用方法によってかかるようになっており、アコムでは提携ATMでのカードを使った借り入れや返済時には、以下の手数料がかかるようになっています。

  • 1万円以下の利用:100円と消費税
  • 1万円超の利用:200円と消費税

上記の5千円と3千円の借り入れを提携ATMで手数料をかけて利用をしてしまうと、合計で200円と消費税の提携ATM利用手数料がかかります。

合計8千円の借り入れに対して200円と消費税の手数料負担となると大きすぎるので、細かく借りる場合、追加で借りる場合には手数料がかからない利用方法を考えておくべきです。

手数料をかけずに千円単位で借りる方法

アコムでは借り入れ時に必ず手数料がかかるわけではなく、利用方法によっては手数料無料でカードローンが利用できるようになっています。

主に以下の通りとなり、それぞれの利用方法では手数料は発生しません。

  • アコム店舗での利用
  • アコムATMでの利用
  • インターネットでの振り込み融資

アコムの店舗は全国には設置はなく、限られた地域のみとなります。また、アコムATMは店舗や契約機に併設されている場合が多く、どちらも来店が必要となります。

アコム 窓口
アコムの窓口はどこにある?店頭窓口でできること

一昔前は、それこそ街を歩けばいくらでもアコムをはじめとする消費者金融の窓口を見かけたものです。 しかし、現在はグレーゾーン金利の廃止や総量規制の施行などによる業績の悪化に伴い、各社各サービスとも有人の ...

続きを見る

その点、インターネットでの振り込み融資なら、パソコンやスマホから手軽に利用ができます。

千円単位での借り入れが可能で、振り込み先の銀行から引き出す際の手数料にさえ気を付けておけば、余計な手数料負担なく千円単位で何度でも借りられます。

細かく繰り返しで借りると手数料はどうしても大きな金額となってきてしまうので、近くにアコムATMがなくて来店をするのが面倒といった場合には、インターネットを使った手数料がかからない借り入れを利用するようにしましょう。

返済も千円単位でも千円未満でも行える

千円単位での利用は借り入れ時に限らず、返済時でも同様です。

そもそもの毎月の返済金額が千円単位で設定がされている場合がほとんどなので当然ではありますが、お金に余裕があって追加で返済をしたいとなった場合でも、千円単位で返済が行えます。

また、アコムATMや提携ATMで返済をした際に、残高が千円未満で残ってしまうこともあります。

この場合にはインターネットでの返済を行っておくと、スムーズに千円未満の返済ができるようになります。

千円単位で賢いカードローン利用を

アコムはプロミスなどの他の消費者金融同様に、目的ローンと比べるとどうしても金利負担が大きくなってしまう欠点があります。

その欠点を補うためには、借りる金額は最小限に抑えておく必要があります。

プロミス 使い方
プロミスの使い方を徹底解説!すぐにお金が借りられるカードローンのプロミス

プロミスは最短1時間で借りられるカードローンとして人気が高く、すぐにお金が必要なときに大変便利で頼れるサービスとなります。 とは言え、初めての方ではプロミスの使い方、借り方は戸惑ってしまうもので、いく ...

続きを見る

余計な借り入れは後々の返済で自分自身を苦しめることとなってしまうので、余計に借りないように千円単位での利用としておくと安心です。

千円単位で借りたとしても利用状況に問題がなく、一定の利用実績があれば限度額の増額も可能となるので、今後のアコムでの良い利用を考える上でも千円単位での借り入れは悪いことではありません。

アコム 増額 インターネット
アコムの増額をインターネットで行うためには

アコムの増額はインターネットで行う方法が主流となりつつあります。 インターネット以外にも店頭窓口や契約機、電話による増額申請も行えますが、やはり手軽なのはインターネットでの会員専用ページからの手続きで ...

続きを見る

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-アコム

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2020 All Rights Reserved.

プロミス
プロミス