10万円借りると利息はいくら?10万円以下を借りたときの利息計算も知りたい

投稿日:

10万円 利息 計算

カードローンは少額からも利用ができるようになっており、10万円でも10万円以下でも、限度額の範囲内なら必要な金額だけ借りられます。

10万円だけの借り入れにしておけば返済時に支払う利息も少なくなり、何より借りる金額自体が少なければ返済もしやすくなります。

余裕のある返済とするためにも10万円程度の借り入れに留めておくのは良い使い方となり、さらに利息がいくらか、利息計算も知っておけば、もっと良いカードローン利用に繋がります。

10万円を借りたときにかかる利息

カードローンの利息計算は、

残高×金利÷365×日数

で計算されます。

10万円だけを借りるなら金利が多少は高くても利息は大した金額にならず、借り入れ日数が一か月分の30日間であるとしても、利息はそこまでの金額にはなりません。

30日間借りた場合にかかる利息を金利別に計算してみたのが、以下の表です。

金利 30日間の利息
18.0% 1,479円
17.8% 1,463円
15.0% 1,232円
10.0% 821円
4.5% 369円
3.0% 246円

18.0%はアコムやSMBCモビット、アイフルの上限となる実質年率で、3.0%は下限です。

17.8%はプロミスの上限であり、4.5%は下限です。

消費者金融大手の上限となる金利、実質年率で10万円を30日間借りたとしても、かかる利息は1,463円~1,479円というわけです。

プロミス 年率
プロミスの年率は4.5%~17.8%でも適用されるのは上限となる場合が多い

プロミスで適用される実質年率は4.5%~17.8%となっており、審査によってどの年率での借り入れとなるかが決まります。 審査の結果が良ければ年率も低く借りられる可能性がありますが、実際にはプロミスで借 ...

続きを見る

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

利息は返済を進めると少なくなっていく

上に挙げた利息は完済までずっと同じ額がかかり続けるわけではありません。

利息計算式にある通り利息は借りている残高に対してかかるので、返済を進めて借り入れ残高が10万円より少なくなれば利息も少なくなります。

カードローンは返した分をすぐ借りられるので繰り返してしまうと話は変わりますが、はじめに10万円を借りて後は返済をしていくだけなら、最初の返済時が一番利息が高くかかる、というわけです。

残高が減ったときの利息一覧

返済を進めて借り入れ残高が減った場合、または借りる金額が10万円よりももっと少額の場合にかかる利息は以下の通りとなります。

すべて最も悪い条件として18.0%の金利、実質年率で30日間借りた場合の利息です。

借り入れ金額(残高) 30日間の利息
10万円 1,479円
8万円 1,183円
7万円 1,035円
5万円 739円
3万円 443円
1万円 147円

返済を進めて借り入れ残高が7万円になれば、10万円を借りていたときに比べてかかる利息は400円以上も安くなります。

さらに返済を進める、または借りる金額を少額で3万円とすれば、かかる利息は30日間の借り入れで443円です。

そこまで馬鹿みたいに高い利息にはならないのです。

カードローン 利息 高い
カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

カードローンの利息ははっきり言って高いです。 住宅ローンなどと比べるまでもなく高く、借りすぎてしまえば利息負担によって返済が苦しくなるのは目に見えています。 しっかりと考えて使わないと、カードローンの ...

続きを見る

10万円だけ借りるなら返済も無理なく行える

10万円 返済

利息もそうですが、カードローンを使う上でそれ以上に重要になるのが毎月の返済金額です。

借りた後の毎月の返済が無理なく行えないとどうにもなりませんが、その点で10万円だけ借りるなら、またはそれ以下の金額を借りるなら安心です。

カードローンの毎月の返済は、多くは借り入れ残高によって金額が決まるためです。

10万円の借り入れなら返済は4,000円ぐらい

プロミスやアコムなどで10万円を借りたときの毎月の返済金額は、僅か4,000円です。

4,000円ずつの返済で10万円が借りられるというわけで、収入がそこまで多くない方でも、毎月に多くの金額は返済に回せない方でも、10万円だけ借りるなら返済は無理なく行えます。

また、さらに少額で5万円だけ借りるのであれば、プロミスなら毎月の返済は2,000円となっているのでもっと余裕が持てます。

アコムの場合には10万円でも5万円でも1万円でも返済金額は10万円以下で一括りになっているので、10万円未満で返済金額を抑えて借りたいならプロミスが良いです。

プロミス 毎月 返済額
プロミスの毎月返済額は借り入れ金額によって変動する

プロミスの毎月の返済額は、限度額によって固定がされているわけではありません。 借りている金額によって毎月返済額が決まっているので、返済額から借りる金額を考えることもできるようになっています。 単純に多 ...

続きを見る

返済金額で気を付けたい点がある

プロミスやアコムなら10万円を借りたときの毎月の返済金額は4,000円ですが、この金額は利息と借り入れ残高への返済を合わせた金額です。

「4,000円+利息」が返済金額になるのではなく、4,000円からそれまでの利息が差し引かれ、残った金額のみが借り入れ残高への返済に充てられます。

つまり、プロミスで借りているとして上限の17.8%の適用で30日間の利息が1,463円、4,000円の返済とすると、

4,000円 - 1,463円 = 2,537円

で、4,000円の入金に対して実際の返済に回される金額は2,537円にしかなりません。

いくら返済を進めて借り入れ残高が減れば利息も減るとはいっても、このペースではいつになったら返済が終わるのかという話です。

これは毎月の返済金額が少ない借り方の大きな罠です。

返済は多めに行うのがとにかく大事

いつまでも返済を引っ張ると利息総額も膨れ上がります。

利息は払っても何にもならないので、できるだけ利息を減らして返済を進めるためには、とにかく毎月の返済でもたまにでも、お金に余裕があるなら多めに返済をすることです。

毎月の返済が4,000円でも4,000円の返済しか受け付けないわけではないので、返せるなら5,000円でも10,000円でも入金をして構いません。

多めの返済をした分は借り入れ残高への返済に充てられるので、より効率的に返済が進められるというわけです。

少額の借り入れで返済を何年も引っ張りたくない

大きな金額を借りた場合であれば仕方がありませんが、10万円やそれを下回る金額を借りた場合に、返済を何年も引っ張るのはできれば避けたいものです。

さっさと返し終えて余計な利息は支払わないようにしたいので、そのためには積極的な返済が欠かせないわけです。

積極的な返済を進めるためにはとにかく計画的な利用が欠かせないということにもなるので、カードローンはやっぱり「ご利用は計画的に」ということなのです。

借りる金額を10万円などに抑えるのも立派な計画的な利用ですが、さらに一歩進んで積極的な返済を考えておくと、より計画的な利用に近付くことでしょう。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-お金

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2020 All Rights Reserved.

プロミス
プロミス