プロミスの返済はカードなしでできる?カードがないときのプロミスの返済方法について

プロミスの返済はカードなしでできる?カードがないときのプロミスの返済方法について

返済日が今日なのにカードを忘れてしまった、カードを取りに帰る時間がないけど今日中にどうしても返済をしなければ…。

 

そんな状況でも返済ができるのがプロミスの良さです。

 

プロミスではカードなしでも返済ができるようになっており、それもいくつかの方法でスムーズに行えるため、カードなしでも普段通りに何ら問題なく返済が進められます。

 

カードを忘れてしまったからといって焦ることもないので、落ち着いてカードなしでのプロミスの返済方法を確認しておきましょう。

 

インターネットでカードなし返済

プロミスの返済はカードなしでできる?カードがないときのプロミスの返済方法について

 

カードなしでのプロミスの返済で最も早く手軽なのが、プロミス会員専用ページから行うインターネットでの返済です。

 

会員サービスサイトにログイン後、返済の手続きから「インターネット返済のお手続き」を選択、返済金額の指定によりインターネットバンキングでの返済が完了します。

 

インターネットバンキングでの返済となるため、利用する金融機関のログインIDとパスワードが必要となり、どちらかが分からない場合には利用ができません。

 

ちなみに、インターネットでの返済はプロミス公式サイトの返済方法の一番上に記載がされており、推奨されている返済方法と言えます。

 

インターネット返済が優れる理由

カードなしで返済が行えるインターネットでの手続きは、いつでもどこでも返済ができるのが大きなメリットです。

 

仕事で忙しくてなかなか時間が取れない方でも、インターネット返済ならスマホから簡単な操作で返済が行えるので、時間が取れなくても問題ありません。

 

また、インターネット返済は余計な手数料がかからないという利点もあります。

 

後述するATMでの返済の場合には、提携ATMを利用するとなると提携ATM利用手数料がかかってしまいますが、インターネット返済は手数料が無料です。

 

振り込み手数料を上乗せして入金する必要もなく、入金額から振り込み手数料が差し引かれることもありません。

 

プロミスのATMでカードなし返済

通常はATMの利用はカードが必要となり、カードなしで返済ができるとは考えられません。

 

しかし、プロミスのATMであればカードなしでも、以下の方法によって手数料無料で、そのまま入金をして返済が行えるようになっています。

  1. プロミスATMでカードなしを選択
  2. 名前、生年月日、電話番号、暗証番号を入力

たったこれだけでカードなしでプロミスATMから返済が行えるので、カードが手元もなくてもプロミスATMが近くに設置されているのであれば、営業時間内に足を運んでみると良いでしょう。

 

ただ、プロミスATMは店舗や自動契約コーナーに併設がされている場合がほとんどです。

 

店舗でも自動契約コーナーでも、いったんはその中に入らなければならないデメリットがあります。

 

どうしても周りの目が気になってしまうので、その点にだけは注意をしてください。

 

一部提携ATMでカードなし返済

プロミスの返済はカードなしでできる?カードがないときのプロミスの返済方法について

 

プロミスでは一部の提携ATMで、カードなしでもスマホアプリを使って借り入れや返済が可能です。

 

プロミスの「アプリローン」と一部提携ATMの「スマホATM」を使ったサービスで、スマホアプリと提携ATMの画面上に表示がされるQRコードを使って、カードなしでもサービスが利用できます。

 

スマホATMとは?
キャッシュカードを使わずに、スマートフォンだけで、現金の入金(チャージ)や出金などができるサービスです。

 

スマホATMの操作方法 | セブン銀行

 

大変便利なサービスではありますが、全ての提携ATMで利用ができるわけではなく、現時点で対応をしているのは以下の二つの提携ATMのみです。

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM

他の提携ATMではカードなしの利用はできません。

 

カードがあれば他の提携ATMではもちろん利用ができますが、カードなしでの返済となると上の二つの提携ATMのみとなります。

 

提携ATM利用時にかかる手数料

カードのありなしに関わらずですが、プロミスの借り入れや返済で提携ATMを使うと、利用金額に応じて以下の手数料が発生します。

 

利用金額 提携ATM利用手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

 

上のセブン銀行やローソン銀行ATMでカードなしで返済をする場合でも、その他の提携ATMでカードを使って返済をする場合でも、共通して提携ATM利用手数料がかかってしまいます。

 

1回あたりにかかる金額はそこまで大きくはなくても、毎月のように手数料をかけて返済をすると、トータルでは大きな余計な出費にもなり得ます。

 

返済時にはただでさえ利息の負担があるので、それ以上に余計な負担をかけないためにも、できるだけ手数料がかからない方法で返済を進めたほうが良いでしょう。

 

具体的には、インターネットでの返済か、近くにあればですがプロミスATMでの返済です。

 

カードありなら一部提携ATMで手数料無料

カードなしでの返済はできませんが、カードありで提携ATMを使う場合には、三井住友銀行ATMなら提携ATM利用手数料がかかりません。

 

何らかの事情があってインターネットでの返済はできず、近くにプロミスATMの設置もない地域の方で、手数料をかけずに返済となれば三井住友銀行ATMしかないと言えます。

 

ただ、繰り返しにはなりますが、プロミスのカードがないと返済が行えない点には注意が必要です。

 

カードなしでプロミスの返済という目的からは外れてしまうため、カードがない場合には別の提携ATMを使うしかありません。

 

返済に関して困ったことがあれば相談を

プロミスの返済はカードなしでできる?カードがないときのプロミスの返済方法について

 

カードを忘れてしまって返済ができない場合や、何らかの事情によって返済ができないといった場合には、黙ってそのままにしておくのは最もよくないことです。

 

連絡のない返済の遅れはプロミス側からの催促の電話が入る原因にもなるので、返済に関して困ったことがあればすぐに連絡をして相談をするようにしてください。

 

一日遅れただけで所謂「ブラック」になるわけでもなく、数日程度の遅れであれば相談にも乗ってくれるので、困ったときにはまずは相談です。

 

カードをなくしてしまっている場合

家にプロミスカードがあってたまたま今日は忘れてしまった、というのであれば問題はありません。

 

しかし、プロミスカードをなくしてしまってカードがないといった場合には、すぐに連絡をしなければなりません。

 

カードの紛失は不正利用に繋がってしまい、不正にお金を引き出されてしまったりすると一時的に利用が停止され、プロミスでの借り入れ自体が利用できなくなってしまいます。

 

連絡をしてカードを止めておけば、第三者にカードが拾われて不正に利用がされるということもなくなります。

 

カードの再発行のためにはお金がかかってしまいますが、不正利用がされるとそれ以上の損害を被る可能性があるので早めに手続きを行ってください。

 

連絡先はプロミスコール(0120240365)となりますが、電話での対応可能時間は土日祝も含む9:00~21:00となっています。

 

カードなしの利用も考えてみたい

カードがあると紛失の可能性があることや、カードなしでの返済の仕方を考えなければならないなど、便利なようで不便な面もあります。

 

プロミスではそもそもカードの発行自体をなくせるカードレス契約も可能となっているので、カードの取り扱いを気にしたくない方は、カードレスでの契約を進めることも考えてみましょう。

 

カードレス契約ならWeb契約後の郵送物もなく、契約がバレにくいといった大きなメリットもあります。

 

また、契約後にカードが必要と感じられれば、後日に改めて発行をしてもらうこともできます。

 

カードがなくてもインターネットやスマホアプリを使って便利に利用ができるので、慣れてしまえばカードは特に不要だと感じられるものです。

 

財布にカードを入れていて、券面を見られて借り入れがバレるという可能性も下げられるので、プロミス利用時にはカードレスでの借り入れ、返済を検討してみることをおすすめします。