お金がない金欠状態から抜け出すためのカードローンやキャッシングはあり?

お金がない金欠状態から抜け出すためのカードローンやキャッシングはあり?

手持ちのお金がない、まさに金欠、そんな状態はなるべく早くに抜け出したいものです。

 

給料日がもうすぐというのであればそこまで我慢をすれば良いのですが、まだまだ先となるとお金がない状況は何とかしなければなりません。

 

そこで考えられるのが、現金としてお金が借りられるカードローンやキャッシングの利用です。

 

お金がないなら借りれば良い?

お金がない金欠状態にあるなら、お金を借りれば良いのではないかと安易に考えてしまうものです。

 

たしかにお金がない状況を抜け出すためには借りるのが手っ取り早いですが、借りる前にはしっかりと考えておきたいこともあります。

 

何の考えもなくお金がないから借りてみた、だけでは、後々で自分自身が困ることにもなりかねません。

 

そのお金、本当に必要ですか?

カードローンやキャッシングは基本的に生計費での利用になります。

 

特に細かな用途が決められているわけではないので、生活に必要なお金としてであれば自由に利用ができます。

 

食費にかかるお金、家賃や光熱費の支払いなどがあるのにお金がないなら、生計費としての借り入れで問題はありません。

 

しかし、単純にお金がないから借りるとなったとき、そのお金は本当に必要なのか考えてみる必要があります。

 

何とか切り詰めて乗り越えられないか

給料日まで節約して倹約して、それで何とか乗り越えられるならわざわざお金を借りる必要はありません。

 

お金を借りれば返済時には利息を払わなければならず、カードローンの利息は決して安いものではないのでもったいないです。

 

それでもどうやっても無理、お金が足りないというのであれば、必要最低限の金額をカードローンやキャッシングで借りるのは悪いことではありません。

 

本当に必要なお金なら借りてみる

 

カードローンやキャッシングは、本来は本当にお金が必要なときにのみ利用をするものです。

 

しかし、その自由度の高さから、無駄遣いや浪費のためのお金として借りてしまう方も少なくありません。

 

それでは返済が苦しくなってしまうので、本当に生活に必要なお金がないのであれば借り入れを考えてみましょう。

 

今すぐにお金が必要なのかどうなのか

今はとにかくお金がない、すぐにお金が必要というのであれば、借り入れ先は消費者金融となるでしょう。

 

金利条件であれば銀行カードローンが有利ではあるのですが、銀行は審査回答がどんなに早くても翌営業日となります。

 

借り入れまでにも日数がかかってしまうので、すぐにでもお金がない状況から抜け出すなら、選択肢は消費者金融のカードローンとなるのです。

 

消費者金融はお金がない状況に頼れる

以前は消費者金融はサラ金、街金などと呼ばれていて、何だか怖いイメージもありました。

 

現在では女性の利用者も増えているほどに定着しており、大手の有名消費者金融であれば初めての方でも安心して利用ができます。

 

特にプロミスやアコムなどはTVCMでもおなじみなだけあって、お金を借りるのが初めてという方の利用者も多くなっています。

 

借りるなら最小限の金額にする

カードローンは審査によって決められる限度額の範囲内で、何度でも繰り返し利用ができます。

 

だからといって余計に借りると返済も苦しくなるので、借りるなら必要最小限の金額にするのが基本です。

 

少ない金額での借り入れなら毎月の返済も数千円で済み、利息もそこまでかさむことはないので、ちょっと頑張ればすぐに完済ができるようにもなります。

 

返済をしっかりと考えて借りたい

お金がない金欠状態から抜け出すためのカードローンやキャッシングはあり?

 

お金がないからこそ、カードローンやキャッシングで借金をするわけです。

 

ただ、何も考えずに借りてしまうと、返済でさらにお金がない状況に陥ります。

 

借りた後の返済をいかに余裕を持って行えるかが重要であるため、これから初めてお金を借りるという方は返済をしっかりと考えるようにしてください。

 

毎月返済額については知っておく必要がある

カードローンやキャッシングの毎月の返済は、借り入れ残高によって金額が変動します。

 

限度額ではなくいくら借りているかが毎月返済額を決まるポイントで、

  • 限度額が100万円で10万円を借りている場合
  • 限度額が50万円で50万円を借りている場合

とでは、(2)の50万円を借りている場合のほうが毎月の返済額が多くなることがほとんどです。

 

大きな金額を借りれば毎月返済額も大きくなり、少ない金額を借りれば毎月返済額も少なくなります。

 

いくらまでなら返済ができるかを考える

毎月に余裕を持って返済に回せる金額はいくらなのか、自身の収入や支出から考える必要があります。

 

毎月返済額がその金額の中に収まるように借り入れをしなければならず、超えて借りてしまうと返済が苦しくなります。

 

そのためには借り入れ残高に応じた返済額を確認する必要があり、少しずつの返済で借りたいなら返済額が少なく設定されているプロミスなどが適した借り入れ先と言えるでしょう。

 

さらに余裕を持って返済を進めたいなら、返済可能額に対する毎月返済額はかなり少なくしておいたほうが良いでしょう。

 

さらにお金がないといったことにならないように

カードローンは誰にもバレず、来店不要のWeb完結で現金が借りられる大変便利なサービスです。

 

借り入れ先や金額によっては本人確認書類で借りられるようにもなっているほどの手軽ですが、その手軽さに甘えてしまうと返済でさらにお金がなくなります。

 

お金がなくて借りたのに借りたことによってさらにお金がない、といったことがないように、カードローンやキャッシングでお金を借りる際には、返済をしっかりと考えるようにしてください。