近くの自動契約機とか無人契約機って使っていますか?意外と使っている人は多いのです

近くの自動契約機とか無人契約機って使っていますか?意外と使っている人は多いのです

Web申し込みとWeb契約が基本になった今のカードローンにおいては、自動契約機、無人契約機というものはあまり使わなくなった気がしています。

 

しかし、意外というか何というか、今でも自動契約機や無人契約機は使われています。

 

設置数自体は減少傾向にあるのですが、一定数の利用者がいるのが近くの契約機です。

 

契約機の使い方も時代とともに変わった

以前は契約機で申し込みをしてその場で契約をしてカードを受け取って借りる、というのが基本でしたが、今では契約機の使い方も変わっています。

 

多くは

  • Webで申し込み
  • 審査OKなら近くの契約機へ
  • その場で契約とカード発行
  • 備え付けのATMや提携ATMで借り入れ

となっています。

 

自動契約機、無人契約機と呼び方は今も昔も変わりはありませんが、今では文字通り契約をするだけの場になりつつあります。

 

契約機を使う利点について考えてみたい

Webで申し込み後、そのままWeb契約をせずに近くの契約機を使う利点について考えてみます。

 

ぱっと思い付くのは

  • その場でカードが受け取れる
  • 早くに借りられそう
  • 何となく審査に通りやすそう

といったあたりでしょうか。

 

審査に通りやすそうというのは、データがないので何とも言えません。

 

が、Webで申し込みをしてWebで契約をするよりも、確認などがしやすいことから、契約機のほうが無駄な審査落ちは防げるという利点はあるかもしれません。

 

その他の「その場でカードが受け取れる」と「早くに借りられそう」は大体その通りです。

 

契約機なら平日も土日もその場でカード発行

契約機を使う手続きなら、平日でも土日も営業時間内であれば、その場でのカード発行も可能となります。

 

ただ、カードを利用するためには契約を終えなければならないので、営業時間ギリギリに契約機に滑り込んでもその日にはカードが使えない場合も出てきます。

 

それを避けるためには予めWebで申し込みと審査を終えておき、必要書類をしっかりと持って営業時間内に契約機に行くことです。

 

契約機で申し込みから進めると時間がかかる

契約機では当然ながら申し込みも行えます。

 

行えるのですが、契約機で申し込みをするとその場で審査の結果が出るのを待たなけばならず、どうしても時間がかかります。

 

また、借り入れ先によっては契約機の営業時間よりも先に審査を締め切ってしまうので、間に合ったと思ったけど審査は終わってて翌営業日扱い、ということも起こり得ます。

 

それを避けるためにも、Web申し込みからなのです。

 

契約機なら早くに借りられそうな気がする

今ではプロミスがアプリローンによって、カードがなくても即日融資も可能となりました。

 

それ以外の借り入れ先でも24時間の振り込みが可能となるなど、契約機を使わずとも早くに借りられるようになっています。

 

契約機なら早くに借りられる、契約機だからすぐに借りられる、ということもなくなってはいます。

 

それでも早くにカードが受け取れて、そのまま借りられるというのは契約機の利点です。

 

契約機を使う最大の利点は郵送物がないこと

近くの自動契約機とか無人契約機って使っていますか?意外と使っている人は多いのです

 

近くの契約機を使って契約をする、カードを受け取る一番の利点は、郵送物なく家族にもバレにくく手続きができるという点にあります。

 

Web契約でもカードレスが選べるプロミスなど、またはカードレス契約となるSMBCモビットのWeb完結もありますが、やはり便利に使うならカードは欲しいものです。

 

Web契約でカードを発行してもらうとなると自宅宛の郵送となってしまいますが、契約機ならその場で受け取るので郵送はありません。

 

契約後の郵送物もなく利用ができる

最近のカードローンは利用明細のWeb上での交付が基本となっています。

 

以前は一部の提携ATM利用時などは利用明細がその場では発行がされず、後日発行で郵送がされてしまうなどがありました。

 

今では多くのカードローンでWeb上で明細が確認できるので、郵送なく借り入れや返済が利用できるようになっています。

 

カードを受け取ってATMで借りればバレにくい

契約機でカードを受け取って併設されているATMやコンビニなどの提携ATMで借りる利点は、何も早さという部分だけではありません。

 

ATMで借りても利用明細は郵送されず、発行される明細も管理をしっかりする、処分をするなどすれば、誰かに明細を見られることもありません。

 

また、銀行振り込みでの借り入れのように通帳に記録が残ることもありません。

 

バレにくい借り方となればATMの利用であり、そのための手続きが素早くできるのが近くの契約機、というわけです。

 

大手消費者金融なら契約機は全国にまだまだある

これだけWebでのサービスが充実していると契約機を使うなんて時代遅れと感じるかもしれません。

 

しかし、実際には今(2020年4月時点)でも余裕の現役で、

  • プロミス:約900店舗
  • アコム:約950店舗

ほどの設置数があります。

 

それぞれ減少傾向にはあるものの、それでも今でも新規に稼働を開始する契約機もないわけではありません。

 

本当に需要がなければ、数を減らすだけで新規に契約機を設置する必要もないはずです。

 

が、プロミスにしてもアコムにしても、たまにではありますが新規に契約機が設置される場所が出てきているというのは、やはり一定数の利用者がいるということになります。

 

有人店舗の利用は難しくなった

無人の契約機であればプロミスもアコムも全国に1,000店舗近くはありますが、有人店舗となると利用は難しいです。

 

プロミスもアコムも有人店舗は数を減らし続けており、契約機のように新規開店というのもほとんど見られません。

 

今後も減少をしていく流れとなるのは間違いないので、契約機ではなく有人店舗を利用するというのは、設置場所の少なさや営業時間の短さを考えてもあまりメリットはありません。

 

恥ずかしがらずに契約機を使ってみる

カードは発行してほしいけど郵送は困る、振り込みで借りて通帳に記録が残るのはまずい。

 

そんな方はWeb申し込み後に契約機を使ってみたほうが良いです。

 

契約機が設置されている契約コーナーに行くのもなかなか勇気がいるものですが、一度入ってしまえば中の様子は外からは一切見えません。

 

出入りさえ気を付けておけば、そこまで周りの目も気にならないものです。

 

すぐにお金が必要といった方にも近くの契約機は便利なので、平日も土日もお金が必要になったらWeb申し込み後に契約機を利用してみるのも良いでしょう。