追加で借りたいときに増額するのと他社を新規で使うのはどっちがマシなのか

更新日:

カードローン 増額 新規

カードローンを既に使っていて限度額いっぱいまで借りてしまっている、それでも追加でお金がほしいとなれば、現在の借り入れ先での増額を考える方も多いです。

増額によって限度額が上がれば今よりも大きな金額が借りられるようになるので、今現在は限度額いっぱいまで借りてしまっているとしても、増額ができれば追加での借り入れが可能となります。

また、人によっては増額ではなく、新たに他社で借りることを考えることもあるかもしれません。

どちらが良いかとなると難しいところですが、増額をするか新規で借りるか、それぞれのメリットとデメリット、どちらがマシかについて考えてみます。

増額ができれば金利が下がる可能性も

今よりも大きな金額が借りられるようになる限度額の増額は、単に限度額が上がるけでなく、金利が下がるという可能性も秘めています。

カードローンの金利はそう簡単には下がらず、それでいて消費者金融の場合には初回契約では上限金利の適用となる場合が多いため、どうしても金利負担が大きくなります。

消費者金融 金利 比較
消費者金融を金利や限度額で比べることの意味のなさに気付いてほしい

消費者金融でお金を借りようと思ったときに、金利や限度額を気にする方も少なからずいるかもしれません。 先に書いておきますが、それ、意味がありません。 消費者金融を金利や限度額で比較することの意味のなさ、 ...

続きを見る

それが増額に伴って下がる可能性があるとなれば、新規で借りるより増額を選んだほうが良い点も出てくるわけです。

ただ、増額=金利の引き下げは必ず行われるわけではありません。

増額幅によっては金利は動かないことも多く、例えば限度額10万円で契約をしている方が30万円に増額ができたとしても、金利はそのままである可能性が高いです。

これが大きな増額幅であったり、100万円を跨ぐような増額であった場合には、金利の引き下げが行われることに期待をしても良いでしょう。

上限金利

この図のように、カードローンは100万円以上の契約となると上限金利が年15.0%までと制限されています。

今の契約が100万円未満で金利が15.0%超の場合には、100万円以上の増額となれば金利は年15.0%以下に必ず下げられます。

仮に15.0%超の契約のまま100万円以上の契約となったら、それは法律違反です。

とは言っても、カードローンで100万円以上を借りるのは難しく、あまり現実的ではありません。

大きな増額となった場合に金利が下がるかもしれないという話であるため、金利の引き下げはできればラッキーぐらいに考えておいたほうが良いかもしれません。

あまり期待しすぎると、金利が下がらなかったときにがっかりしてしまいます。

プロミス

プロミス

TVCMでもお馴染みの大手カードローンプロミスなら、申し込みから最短30分で借りられるので急な出費でも頼れます。日本全国来店不要でWeb完結、担保も保証人も不要、50万円までなら原則として本人確認書類だけで契約可能です

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
30分

※他社消費者金融と合計して100万円を超える場合には収入を証明する書類が必要になります。

新たな借り入れ先を増やさず済む増額

増額は金利が引き下げられる可能性があるだけでなく、借り入れ先を余計に増やさずに済むメリットもあります。

カードローンやキャッシングなどの借金は、借り入れ先が増えると負担がとにかく大きくなりすぎます。

返済における金銭面での負担はもちろんですが、それに加えて返済日や返済金額の管理という手間も大きな負担となります。

返済日の確認が負担になる

それぞれの借り入れ先で返済日を統一しても「ちゃんと返済したかな」という確認は必要となるので、借り入れ先を増やしてしまうのは負担を増やしてしまうことにもなります。

対して増額であれば、借り入れ金額が増えるだけで借り入れ先は増えません。

借り入れ金額が増えれば返済金額も増えますが、借り入れ金額が変わったからといって返済日が変わることもありません。

借り入れ残高ごとの返済金額はしっかりと確認して返済負担には気を付けておく必要がありますが、そのあたりを管理しているのであれば、返済先の負担という面でも増額は強いです。

また、増額をしても借りなければ返済金額が大きくなることはありません。

カードローンは限度額ではなく借り入れ残高によって返済金額が決まっていることが多く、以下のようにいくら借りているかによって翌月の返済金額が決められます。

借り入れ金額 毎月返済金額
1万円 1,000円
5万円 2,000円
10万円 4,000円
15万円 6,000円
20万円 8,000円
25万円 10,000円
30万円 11,000円

これは契約後、すぐ増額申請ができることで有名なプロミスの毎月の返済金額となります。

仮に限度額が10万円から30万円に増額がされても、借りる金額が5万円なら返済金額は2,000円のままです。

必要かなと思って増額はしたものの、結局使わずに枠はそのままという場合であっても、返済金額が増えるということはないのです。

プロミス すぐ 増額
プロミスはすぐ増額できる?条件や限度額増額時の在籍確認・必要書類について

プロミスは初回契約時には限度額は大きくなりにくく、増額を重ねてある程度の金額を借りるというのが基本になります。 はじめは10万円の限度額だった方でも、増額によって30万円、50万円と大きな金額まで借り ...

続きを見る

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
30分

増額は実績の証でもある

プロミスのように契約後すぐに増額申請ができるカードローンもありますが、増額は基本的にそれまでの実績の証となります。

それまでちゃんと返済をしてきたか、特にトラブルはないか、他社での借金も増えていないかなど、そのあたりがクリアできれば増額ができる可能性も高まります。

もちろん増額とは言っても消費者金融なら総量規制の対象とはなるため、既に他社含めて年収の3分の1まで借りてしまっているなら、残念ながら増額はできません。

そこまで借りていない方なら、実績に応じて行われるのが限度額の増額です。

新規で借りる場合のメリットとは

新規で借りるメリット

今現在の借り入れ先で増額ができれば色々とメリットがありますが、そのメリットを考えると他社で新たに借りるのはデメリットしかないように感じられます。

増額も審査は必要となりますが、新規申し込みのように色々と入力をすることはなく、それに対して新規申し込みとなればフォームへの入力と審査、確認等が行われます。

それでも追加でお金が必要なときに他社で新たに借りるのは、一応はメリットがあります。

金額によっては提出書類が少なくなることもある

多くの場合、増額をする際には収入証明書類の提出が必要となります。

どのような書類が認められているかは借り入れ先によって異なりますが、例えば源泉徴収票であったり直近数か月分の給与明細などです。

これらが手元にあってすぐに提出ができれば良いのですが、書類が用意できていないと増額の契約が進まなくなってしまいます。

すぐにお金が必要なときでは困ってしまうので、そういうときには他社での新規借り入れを考えてみても良いかもしれません。

新規で借りる場合、以下に該当をしなければ本人確認書類だけでの契約も可能です。

  • 50万円までの契約
  • 他社と合わせて100万円までの契約

例えば今現在の借り入れ先で30万円を借りていて、追加で10万円だけ借りたいとして他社に申し込みをした場合、総額で40万円の借り入れということになります。

40万円であれば収入証明書類の提出が求めないところが多いので、免許証などの本人確認書類があれば契約が可能です。

これは貸金業法によって決められていることで、各社が独自に定めているものではありません。

日本貸金業協会のホームページに分かりやすい図が載っているので、引用しつつリンクも貼っておきます。

貸金業法 収入証明貸金業法について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会
https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/law/

法律上は不要というだけで、借り入れ先や申し込み方法によっては金額問わずに収入証明書類が必要になることはあります。

例えばSMBCモビットのWeb完結申し込みなどで、そのあたりは利用をするカードローンでしっかりと確認をするようにしてください。

モビットWeb完結
SMBCモビットのWeb完結で在籍確認の勤務先電話なし?ただし必要書類は増えるなどデメリットもある

SMBCモビットでお金を借りたいけど勤務先に電話がかかってくるのは困る、こんな方は多いのではないでしょうか。 どこで借りるにも余計な電話が勤務先にかかることはありませんが、それでも審査の際には確認のた ...

続きを見る

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

増額がダメでも借りられる可能性がある

増額の審査はそれまでの実績も重視され、それなりに厳しいものとなる場合が多いです。

収入によっても増額ができるかどうか変わってくるので、しっかりと返済をしていたとしても増額ができない、増額審査落ちとなることもあります。

増額審査落ちとなると、現状では今の借り入れ先での増額ができないことになりますが、増額審査と他社での新規借り入れ審査の基準は同じではありません。

そもそもが借り入れ先によっての審査基準も異なっているので、増額審査に落ちた後でも他社での新規借り入れができることはいくらでもあります。

審査基準の違いを考えて、まずは増額にチャレンジしてダメなら他社へ、という動き方もできます。

そのあたりはどのように使いたいか、あとはデメリットも含めて考えてみると良いでしょう。

他社で借りるデメリットは借金が増えること

増額ではなく他社で新たに借りるデメリットは、単純に借り入れ先が増えてしまうことにあります。

希望金額が同じであれば増える借金総額には変わりはありませんが、例えば同じ50万円の借り入れでも、1社で借りているのと2社で借りているのでは負担が異なります。

上でも触れていますが返済の管理も負担になり、何より複数の返済があると精神的にも何だか負担が大きくなるものです。

それを知った上で、増額をするか他社で新規で借りるかは考えてみるべきなのです。

どちらがマシかと言えば増額

増額をするか新規で借りるかのどちらがマシかと言えば、増額のほうがいくらかマシな場合が多いです。

ただ、提出書類や審査基準の関係で必ずしも増額がマシといえるものではなく、あくまでマシな場合が多いという程度です。

どちらであっても借金が増えることには変わりはありませんし、増額をするにも新規で借りるにも、しっかりと考えて利用をする必要があります。

増額ができたからといってすぐに限度額いっぱいまで借りてしまえば一瞬で借金まみれともなるので、増額ができたとしても、ご利用は計画的にが重要なわけです。

あと、最後に付け加えるなら、増額でも他社でも、追加で借りた分はなるべく早めに完済をしたほうが良いです。

追加分もだらだらと返済をすると負担が大きくなりすぎるので、追加分はすぐに返せるような計画を立てた上で、無理のない範囲で利用をするようにしてください。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
30分

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

アイフル

アイフル

申し込み後に受け付け完了メールが届いたら、専用ダイヤルに電話をすると審査を優先して進めてくれます。急ぎの方には助かる、独立系消費者金融ならではの対応が魅力です。初めて借りる方は契約翌日から30日間が無利息で、利息を抑えたい方にもおすすめです。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
25分※
最短
25分※
※Web申し込みの場合

-カードローン

Copyright© カードローンやキャッシングを知ろう , 2022 All Rights Reserved.

   SMBCモビット
   SMBCモビット