最強のカードローンって結局どれ?すぐに借りたい方におすすめはこれ!

投稿日:

カードローン 最強

カードローンを探しているときに、どれを使えば良いのか、何が良いのかというのはどうしても迷ってしまうのです。

それもそのはず、どこを見ても同じような条件で同じようなサービスで、代わり映えしないのでなかなか選べません。

一昔前のグレーゾーン金利時代なら消費者金融同士でも実質年率の違いがあったものですが、今はどこを見ても上限で17.8%や18.0%でほぼ変わらず。

審査時間も融資時間もどこも早くなっているので違いが分からず、結局どこを選べば良いのかが分かりません。

それでも決められる方であれば自身でしっかりと選べば良いのですが、決められない、よく分からないという方のために、とにかく早くに借りられる最強カードローンをピックアップしてみました。

他と比べて早くに借りられる、便利に借りられるところとなっているので、急ぎで借りたい方は注目です。

来店不要で最短30分融資!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

すぐに借りたい方にとって最強といえるのはプロミス

カードローンは急ぎの金策に使う場合が多いため、なるべくなら早くに借りたいものです。

早さの面で最強と言えるのがプロミスで、他の消費者金融と比べて融資時間が最短30分と早いのが特徴です。

他の消費者金融でも、例えばアコムやアイフルでも最短で申し込み当日の即日融資に対応をしていますが、融資時間は最短で1時間です。

対してプロミスは最短30分で借りられるため、すぐに借りたい、急ぎの方にとっては最強といえるカードローンになります。

▼大手消費者金融の融資時間一覧
プロミス:最短30分
アコム:最短1時間
アイフル:最短1時間
SMBCモビット:最短即日(申し込み内容によっては希望に添えない場合もあります)

スマホ申し込みなら手続きが早い

プロミスはスマホ申し込みなら手続きが早いという特徴もあります。

パソコンでの申し込みでも最短30分の審査回答となりますが、スマホだとより早くに進められるため、1分1秒でも早くに借りたい方はプロミスのスマホ申し込みがおすすめです。

申し込みにかかる時間も短く、数分あれば申し込みは完了できます。

審査や契約の際に必要となる書類も

  1. スマホで本人確認書類などを撮影
  2. 指定の方法でアップロード、またはアプリ上で提出

の僅か2ステップで提出が完了してしまうので、プロミスならスマホがあれば手間なく素早く契約まで完結できます。

プロミス アプリローン
プロミスのCMでやけに推してるアプリローンって何?スマホでATMからでもお金が借りられるサービスです

プロミスのCM、昔は「黄色い看板プロミス」やら「いらっしゃいまし~ん」やらと色々とありましたが、今は「アプリローン」を推しています。 CM内容がよく分からない、うざいなどと感じ方は人それぞれですが、そ ...

続きを見る

豊富な借り方も最強とも言える

プロミスは借り方が豊富な点も強みです。

カードを使ったプロミスATMやコンビニ、金融機関などの提携ATMでの借り入れの他に、銀行振り込みでも素早く借りられます。

プロミスATMや提携ATMは稼働時間内ならすぐに借りられるのは当然として、銀行振り込みであっても、プロミスなら対応する金融機関宛で24時間の振り込み融資も可能としています。

曜日や時間を問わず、週末や夜間であっても振り込みですぐに借りられるので、カードが手元になくてもプロミスならすぐに借りられるのです。

その他にもスマホアプリを使った一部提携ATMでの借り入れも利用ができるため、プロミスはカードの有無問わず、すぐに借りられるという大きな強みがあります。

来店不要で最短30分融資!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

プロミスは返済面でもかなり強い

早さの面で他社と比べて強いのがプロミスの特徴ですが、借り入れ後の返済に関してもプロミスは強みがあります。

プロミスは毎月の返済金額が借り入れ残高によって変動するようになっており、これだけで見れば他社と変わりはありませんが、プロミスの良さは少額借り入れ時の返済金額が少なくなっているという点です。

アコムやアイフルなどでは10万円以下の借り入れ時で返済金額が一括りにされていますが、プロミスの場合には細かく分けられているので、少額を借りた際の一度あたりの返済金額が軽くなっています。

10万円までの借り入れ時における毎月の返済金額は以下のようになり、少ししか借りないのであれば、毎月の返済も少しで済むので返済面でも安心です。

借り入れ残高 毎月の返済金額
2万円以下 1,000円
5万円以下 2,000円
8万円以下 3,000円
10万円以下 4,000円
プロミス 毎月 返済額
プロミスの毎月返済額は借り入れ金額によって変動する

プロミスの毎月の返済額は、限度額によって固定がされているわけではありません。 借りている金額によって毎月返済額が決まっているので、返済額から借りる金額を考えることもできるようになっています。 単純に多 ...

続きを見る

初めての方には無利息のサービスもある

プロミスで初めて契約をする方が以下の条件を満たすと、初回借り入れの翌日から30日間が無利息となります。

  • メールアドレスの登録
  • Web明細の利用登録

どちらの登録も手間がかかるものではなく、というより通常のプロミス利用においてはどちらも登録をするのが基本となるので、何か特別な手続きをしなければならないわけではありません。

メールアドレスは返済日のお知らせメールを受け取るのに必要で、Web明細は利用明細の郵送を防ぐためには必須です。

カードローン 郵送物なし
郵送物なしでカードローンを契約したい!契約後も郵送物なく借りられる?

カードローンは申し込み時、契約時、契約後の利用中においても、すべて郵送物なしでも進められるようになっています。 自宅や勤務先宛にカードローン会社からの郵送物が届くのも困ってしまいますが、郵送物が届かな ...

続きを見る

もちろん利用において手数料がかかるといったこともないので、プロミスで借りるのであればまずはどちらもしっかりと登録をし、無利息の条件を満たしておくようにしてください。

借りた後に気が付いても遅いので、必ず確認をするようにしましょう。

ちなみに、30日間の無利息はアコムやアイフルなどの他大手消費者金融でも行っているサービスですが、プロミスはサービス内容に違いがあります。

プロミス:借り入れの翌日から30日間無利息
アコムとアイフル:契約の翌日から30日間無利息

僅かな違いのように感じられますが、プロミスは「借り入れ翌日から」の無利息期間に対して、アコムとアイフルは「契約の翌日から」の無利息期間です。

契約をしてその日のうちに借りるなら違いはないものの、契約をして日にちが経ってから借りた場合には、実際に無利息が適用される期間に違いが生じます。

無利息期間を無駄にしたくないと感じる方にも、プロミスは強いカードローンとなるのです。

気になる審査の面はどうなのか

どれだけプロミスが優れたサービスであったとしても、借りられなければ意味がありません。

審査に通るかどうかというのはどうしても気になる部分ですが、年収に対して借り入れが多すぎる、他社での返済ができていないなどでもなければ、そこまで気にすることもありません。

アルバイトやパートで年収が高くはない方でも、20代前半などの若い世代の方でも、安定した収入があればプロミスで借りることは可能です。

むしろ、プロミスの利用者の多くは年収300万円以下で、年代は30代以下となっているため、収入がそこまで多くはない若い世代の方向きのカードローンといえます。

プロミス 年収
プロミスは年収いくらならお金が借りられる?嘘をついても審査に通らない!

プロミスでお金を借りるためには安定した収入が必要不可欠です。 ただ、安定した収入とはいくらを指しているのかは、プロミス公式サイトを見ても明記はされていません。 あくまで「安定した収入」としか書かれてい ...

続きを見る

顧客ごとのデータは公式発表

さらっと触れたプロミスの利用者層は、プロミスのサービスを提供するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が公式に発表をしているものです。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、上場企業である株式会社三井住友フィナンシャルグループに属しており、三井住友フィナンシャルグループは上場企業として投資家向けにIR情報を公開しています。

IR情報には様々なプロミスに関するデータがあり、その中には利用者の年代や年収、新規貸付率といった重要な情報も多く記されています。

新規貸付率については時期によって多少の前後はあるものの、大体は40%~50%程度となり、申し込み者の半数以上は残念ながら審査落ちとなっているデータがあります。

ただ、この審査落ちには総量規制で定める年収の3分の1の借り入れに達していたり、他社での返済に問題があるなど、どこに申し込みをしても絶対に審査に通らない方が含まれている可能性があります。

絶望的な方の申し込みを除けば、恐らくはプロミスの新規貸付率はもう少し高くなっているものと考えられます。

総量規制とは
総量規制の基本を知ろう!総量規制を超えてお金は借りられません

「総量規制」というもの、カードローンやキャッシングの利用を考えると必ずと言ってもいいほどに目にする言葉です。 このサイト内でも色々な記事に「総量規制が~」などと書いていますが、総量規制についての基本を ...

続きを見る

少し話が脱線してきましたが、多くの方が気にしがちな審査も、

  • 安定した収入がある
  • 総量規制に引っかかっていない
  • 他社の返済がしっかりとできている
  • 過去に債務整理などもない

という方なら、特に気にすることはありません。

困ったときに助かるプロミスのカードローン

平日も土日も最短30分で借りられるプロミスは、急な出費があったときにはとにかく助かります。

すぐに借りたい、周りに知られずに利用をしたいと考える方にも、来店不要Web完結で借りられるプロミスは便利です。

便利だからといって借りすぎてしまうのは問題ですが、しっかりと考えて計画的に使うのであれば、毎月の返済金額が軽いプロミスは安心ができます。

コールセンターの対応も丁寧で有名なため、初めてお金を借りる方にとっても、プロミスは最強のカードローンと言えるのかもしれません。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
30分

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-カードローン

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2021 All Rights Reserved.

カードローン一覧
   カードローン一覧