カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト

消費者金融や銀行のカードローン、キャッシングについて個人的に考えています。

プロミス

プロミスは年収いくらならお金が借りられる?嘘をついても審査に通らない!

投稿日:

プロミスでお金を借りるためには安定した収入が必要となり、無職無収入の方では審査には通らずにお金が借りられなくなっています。

収入が安定していればプロミスへの申し込みができ、審査結果によってはお金が借りられるようになっていますが、安定した収入とはいくらを指しているのかはプロミス公式サイトを見ても明記はされていません。

あくまで「安定した収入」としか書かれていませんが、プロミスへの申し込みや利用のための収入額、年収額は果たしていくら以上であれば良いのでしょうか?

プロミスで借りるために必要な年収

プロミスでお金を借りるために必要な年収は、安定していればいくらといった決まりはありません。

年収が低くても安定していればプロミスでの利用条件は満たせることになるので、例えば週に2日前後のアルバイトやパートの方などは、年収自体も低いですが安定していればプロミスでは借りられる可能性があることになります。

ただ、プロミスをはじめとする消費者金融からの借り入れには総量規制があるため、あまりにも年収が低すぎると現実的には借り入れが難しい、審査には通らない結果となってしまいます。

プロミスの使い方を徹底解説!すぐにお金が借りられるカードローンのプロミス

プロミスは最短1時間で借りられるカードローンとして人気が高く、すぐにお金が必要なときに大変便利で頼れるサービスとなります。 とは言え、初めての方ではプロミスの使い方、借り方は戸惑ってしまうもので、いく ...

続きを見る

年収の3分の1までの借り入れとなる総量規制

総量規制はグレーゾーン金利などを含めて消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングによる多重債務が問題となった頃、貸金業法の改正に伴って定められたものです。

貸金業者からの借り入れを年収の3分の1までに制限をする規制で、例えば年収が300万円の方なら総額100万円までの借り入れに制限がされます。

プロミスでも総量規制の影響を受け、例えば収入が安定しているとしても年収が10万円といった方は、総量規制により3万円程度までしか借りられないために現実的には審査に通りません。

目的ローンは含まない

総量規制は貸金業者から借りるお金に限られるため、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの金融機関などからの目的ローンでの借り入れは含みません。

年収が低い場合の審査の通し方

審査に通るかはプロミスの基準によるものとなるために分からない部分はありますが、年収が低い方がプロミスでお金を借りたい場合には、希望額はなるべく少なく設定しておくと良いでしょう。

必要最低限の借り入れとして申し込みをしておけばプロミス側でも審査の際に考慮をしてくれる可能性があり、年収に見合わない大きな希望額で申し込みをしてしまうと、審査に余計な時間がかかるばかりか、審査自体も厳しくなります。

それこそ借り入れ希望額は5万円や10万円としておくべきで、必要な金額がさらに少ないのであれば3万円などの希望で申し込みをしても問題ありません。

希望額の大きさは審査の厳しさ

単純に希望額が大きければ審査も厳しくなるため、審査時間も長くかかりがちです。年収が低くない方でも早くにプロミスで借りたい場合には、希望額を少なくしておくと良いでしょう。

年収で嘘をついてプロミスの審査に通せるか

年収が低い方が年収を偽って、嘘をついて申し込みをして審査に通るかと言えば、はっきり言って不可能です。

プロミスでは50万円以下、または他社合計で100万円以下の借り入れの場合には収入証明書類の提出不要で免許証だけで借りられるようにはなっていますが、だからといって年収の嘘は通用しません。

プロミスでは膨大な量のデータから年齢、雇用形態、職種等で申し込み者の年収は探っており、嘘をついたところですぐにバレてしまい、かえって信用を落として審査結果を悪くしてしまいます。

収入証明書類の提出がないからといって年収の嘘が通用するほどプロミスでも、他社でも現在のカードローン審査は簡単ではないので、嘘はつかずに正しい情報で申し込みをするようにしてください。

年収が高い方もプロミスを利用している

プロミスなどの消費者金融のカードローンは年収が低い方、収入が多くない方が利用をしていると考えられがちですが、年収が高い方でもカードローンは利用をしています。

一般的に高収入と考えられる年収が1,000万円超の方でも、税金や保険等を差し引かれると手取りの給料というのは思ったほど多くはありません。

それでも年収1,000万円というステータスがあるためにどうしても生活が派手になりがちで、実際には年収が500~600万円の方よりも生活が厳しいといったケースも多々あります。

一度上げてしまった生活レベルはなかなか下げられないので、年収が1,000万円超の方が給料日前などにお金が無くなるとカードローンによって一時的に借りていることもあります。

年収1,000万円超なら審査では強い

年収が高い方がプロミスなどの消費者金融のカードローンを利用する理由の一つとして、高い年収が武器となり審査では強くなる点があります。

他社での返済が遅れていたり総量規制にかかっているでもなければ年収が高い方が審査で不利になるとは考えられないので、申し込みをすれば審査に通る可能性が高いのもカードローンを利用する理由の一つです。

また、年収が高い方は何かと散財も増え、家族に内緒でお金を使うことも多いため、在籍確認の相談ができて家族や会社にバレにくいプロミスのカードローンは人気となっています。

プロミスの自動契約機での手続きなら在籍確認の相談もしやすい

プロミスには様々な手続き方法が用意されており、最も手軽で利用者も多くなっているのが来店不要のWeb契約です。 パソコンやスマートフォンでプロミス公式サイトから申し込みを行い、審査完了後にそのままプロミ ...

続きを見る

契約中に年収が上がった場合

ここまでは申し込み時の年収について書いてきましたが、プロミスで既に契約をしており、契約中に年収が大きく上がった場合には契約内容が変更できるチャンスとなります。

申し込み時、契約時の年収が450万円で、何かのきっかけで年収が600万円になったとすれば、総量規制で見ても借りられる金額の幅が広がることになります。

年収が上がった場合にはプロミスに増額の申請をすれば新しい年収で再度審査を行ってくれるようになり、増額での審査に通れば限度額が拡大し、場合によっては金利が下がる可能性もあります。

プロミスとしては返せる方、年収と借り入れに余裕がある方には枠は出したいと考えているため、年収が上がった場合には限度額の増額と金利引き下げの相談をしてみると良いでしょう。

年収は低くても諦める必要はない

極端に低すぎる年収だと話は変わりますが、一定水準以上で安定した収入を得ている方であれば、年収が低いとしてもプロミスでの借り入れをあきらめる必要はありません。

不安であれば申し込み前にコールセンターに連絡をして「年収が〇〇円ですが借りられますか?」などを聞いてみるのも良いでしょう。

実際に借りられるかどうかは申込をして審査を受けてみないと分かりませんが、事前に相談をすることやプロミス公式サイト上で行える借り入れ診断を利用することで、いくらか不安を払しょくしてから申し込みが行えるようになります。

借りられないとしてもプロミスでは審査回答は最短30分と早いので、急にお金が必要で借りられなかったとしても、余計な時間をかけずに済むのも大きなメリットです。

-プロミス

Copyright© カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト , 2019 All Rights Reserved.