消費者金融や銀行のカードローン、キャッシングについて個人的に考えています。

カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト

プロミス

プロミスの年率は4.5%~17.8%でも適用されるのは上限となる場合が多い

投稿日:

プロミスで適用される実質年率は4.5%~17.8%となっており、審査によってどの年率での借り入れとなるかが決まります。

審査の結果が良ければ年率も低く借りられる可能性がありますが、実際にはプロミスで借りる場合、特に初回契約時の適用年率は上限の17.8%となる場合が多いです。

これはプロミスだけに限らず消費者金融のカードローン全般に言えることで、消費者金融でお金を借りる場合には、大体はどこでも上限での年率が適用されます。

無担保カードローンである以上は仕方がない

プロミスでは保証人不要、無担保でお金が借りられるようになっているため、初回の貸し付け時にはどうしてもリスクが伴います。

プロミス側としては審査で返済能力を確認してはいますが、それでも本当に返済がされるかどうかは貸してみないことには分かりません。

返済がされないとなればプロミス側としてはどうにもならないので、初回契約時に関してはリスクを抑えるためにも、高い年率での貸し付けとしています。

プロミスの使い方を徹底解説!すぐにお金が借りられるカードローンのプロミス

プロミスは最短1時間で借りられるカードローンとして人気が高く、すぐにお金が必要なときに大変便利で頼れるサービスとなります。 とは言え、初めての方ではプロミスの使い方、借り方は戸惑ってしまうもので、いく ...

続きを見る

限度額とも関係がある年率の設定

カードローンの適用年率は限度額と大きな関係があります。限度額が少ないと年率は高くなり、限度額が大きくなると年率は低くなります。

グレーゾーン金利がなくなった今では以下のように上限での適用年率が決められていることもあり、大きな金額を借りないと年率はなかなか下がってこないのです。

  • 10万円未満の借り入れ:年率20.0%まで
  • 10万円以上100万円未満の借り入れ:年率18.0%まで
  • 100万円以上の借り入れ:年率15.0%まで
カードローンの金利が安いのは銀行!地方銀行やネット銀行も侮れない

金利の安いカードローンを選ぶとなると消費者金融ではなく銀行としておくのが基本で、銀行であれば上限金利でも消費者金融よりも3%や4%程度低い金利で借りられるようになっています。 金利が低ければ返済時に支 ...

続きを見る

年率17.8%でかかる利息はいくら?

年率が分かったところで返済時に実際に支払う利息は分かりにくいので、簡単な例を挙げて発生する利息を見てみます。

計算条件は年率17.8%で30日間を借りた場合で、小数点以下は切り捨てとしています。

  • 5万円の借り入れ:731円の利息
  • 10万円の借り入れ:1,463円の利息
  • 20万円の借り入れ:2,926円の利息
  • 30万円の借り入れ:4,389円の利息
  • 50万円の借り入れ:7,315円の利息

17.8%の年率で50万円などのまとまった金額を借りてしまうとさすがに利息も膨れ上がってしまいますが、少額を借りるのであれば17.8%の年率でも利息はそこまで大きくはなりません。

特に5万円程度の少額の借り入れなら負担も軽いため、プロミスで適用される年率が気になる場合には、借りる金額を少なく抑えるなどの工夫をしておくと良いでしょう。

プロミスで年率を下げることは可能か

適用がされる金利、年率は審査によって決まり、契約がされることになるため、正直なところは年率を下げるのはそう簡単ではありません。

契約内容を変更するほどでなければ年率は下げられないため、返済が重いから年率を下げてくれと相談をしても下げてくれない場合がほとんどです。

しかし、プロミスでは絶対に年率が下がらないかと言えばそういうことでもありません。契約内容が変更されるような状況、つまり限度額の増額時であれば適用年率が下がる可能性があります。

限度額の増額で適用年率を下げる

プロミスでは一定の利用期間や利用実績によって限度額の増額が行えるようになっており、限度額が増額されると契約内容も変更がされるため、適用される年率も下がる場合があります。

限度額の上り幅が小さいと年率もそこまで動かない場合もありますが、例えば限度額が30万円から50万円になる、またはそれ以上の金額となるような増額であれば、年率の相談をしてみるのも効果的です。

さすがに少額の借り入れ時と同じ年率でまとまった金額を借りるのは利息負担が大きくなりすぎるので、年率を下げるタイミングとして増額時は最適です。

年率は高くても返済時の利息は減らせる

年率が高いとそれだけ返済時に支払う利息が大きくなりますが、プロミスでは30日間の無利息サービスがあるので利息負担はある程度は減らせるようになっています。

無利息の適用条件としても難しいものはなく、メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録を契約時に行うだけで、初回借り入れの翌日から30日間が無利息となります。

年率が高いと利息も多くかかりがちではあるのですが、プロミスでは限度額の増額時の年率の引き下げや、初回借り入れ時の無利息サービスの適用で利息負担を減らせるので、うまく使っていくことで無理のない借り入れができるようにもなっています。

-プロミス

Copyright© カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト , 2019 All Rights Reserved.