プロミスの年率は4.5%~17.8%でも適用されるのは上限となる場合が多い

投稿日:

プロミス 年率

プロミスで適用される実質年率は4.5%~17.8%となっており、審査によってどの年率での借り入れとなるかが決まります。

審査の結果が良ければ年率も低く借りられる可能性がありますが、実際にはプロミスで借りる場合、特に初回契約時の適用年率は上限の17.8%となる場合が多いです。

これはプロミスだけに限らず消費者金融のカードローン全般に言えることで、消費者金融でお金を借りる場合には、大体はどこでも上限での年率が適用されます。

利用者急増!!

24時間申し込み受付中プロミススマホなら借りられるかすぐ分かる!

無担保カードローンである以上は仕方がない

無担保カードローンである以上は仕方がない

プロミスでは保証人不要、無担保でお金が借りられるようになっているため、初回の貸し付け時にはどうしてもリスクが伴います。

プロミス側としては審査で返済能力を確認してはいますが、それでも本当に返済がされるかどうかは貸してみないことには分かりません。

返済がされないとなればプロミス側としてはどうにもならないので、初回契約時に関してはリスクを抑えるためにも、高い年率での貸し付けとしています。

ただ、高い年率とは言え、しっかりと法律を守った利率になっています。

カードローンの金利、プロミスでいうところの実質年率は、限度額と大きな関係があります。

限度額が少ないと年率は高くなり、限度額が大きくなると年率は低くなります。

グレーゾーン金利がなくなった今では以下のように上限での適用年率が決められていることもあり、大きな金額を借りないと年率はなかなか下がってこないのです。

  • 10万円未満の借り入れ:年率20.0%まで
  • 10万円以上100万円未満の借り入れ:年率18.0%まで
  • 100万円以上の借り入れ:年率15.0%まで

上限金利は法律で決められているものとなり、この水準を超えない範囲での利率、年率は借り入れ先によって様々です。

プロミスでは実質年率4.5%~17.8%と、10万円以上での年率18.0%より僅かに上限金利が低くなっていますが、アコムアイフルSMBCモビットの上限の年率は法律通り18.0%です。

年率17.8%でかかる利息はいくら?

年率17.8%でかかる利息はいくら?

年率が分かったとしても、返済時に支払う利息までは分かりません。

単純に借り入れ金額に年率をかけるだけでは利息は分からず、以下の計算式で利息を算出する必要があります。

残高×年率÷365×日数

プロミスの利息は借りている日数分だけに対してかかるため、年単位の利率となっている年率を日割りに計算し直すのがこの式の役割です。

電卓を使って借り入れ金額、年率、借り入れ日数で計算をするとその期間で発生する利息が分かりますが、ここではざっと一例を挙げておきます。

計算条件は年率17.8%で30日間を借りた場合で、小数点以下は切り捨てとしています。

  • 5万円の借り入れ:731円の利息
  • 10万円の借り入れ:1,463円の利息
  • 20万円の借り入れ:2,926円の利息
  • 30万円の借り入れ:4,389円の利息
  • 50万円の借り入れ:7,315円の利息

17.8%の年率で50万円などのまとまった金額を借りてしまうとさすがに利息も膨れ上がってしまいますが、少額を借りるのであれば17.8%の年率でも利息はそこまで大きくはなりません。

特に5万円程度の少額の借り入れなら負担も軽いため、プロミスで適用される年率が気になる場合には、借りる金額を少なく抑えるなどの工夫をしておくと良いでしょう。

カードローン 利息 高い
カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

カードローンの利息ははっきり言って高いです。 住宅ローンなどと比べるまでもなく高く、借りすぎてしまえば利息負担によって返済が苦しくなるのは目に見えています。 しっかりと考えて使わないと、カードローンの ...

続きを見る

プロミスで年率を下げることは可能か

プロミスの金利は下げられる

適用がされる金利、年率は審査によって決まり、契約がされることになります。

一度決まった金利はそう簡単には下げられず、返済が重いから年率を下げてくれと相談をしても下げてくれない場合がほとんどです。

しかし、プロミスでは絶対に年率が下がらないかと言えばそういうことでもありません。

契約内容が変更されるような状況、つまり限度額の増額時であれば適用年率が下がる可能性があります。

限度額の増額で適用年率を下げる

限度額の増額で適用年率を下げる

プロミスでは一定の利用期間や利用実績によって、限度額の増額が行えるようになっています。

限度額が増額されると契約内容も変更がされることになり、適用される年率も下がる場合があります。

限度額の上り幅が小さいと年率もそこまで動かない場合もありますが、例えば限度額が30万円から50万円になる、またはそれ以上の金額となるような増額であれば、年率の相談をしてみるのも効果的です。

さすがに少額の借り入れ時と同じ年率でまとまった金額を借りるのは利息負担が大きくなりすぎるので、年率を下げるタイミングとして増額時は最適です。

プロミス すぐ 増額
プロミスはすぐ増額できる?条件や限度額増額時の在籍確認・必要書類について

プロミスは初回契約時には限度額は大きくなりにくく、増額を重ねてある程度の金額を借りるというのが基本になります。 はじめは10万円の限度額だった方でも、増額によって30万円、50万円と大きな金額まで借り ...

続きを見る

年率は高くても返済時の利息は減らせる

年率が高いとそれだけ返済時に支払う利息が大きくなります。

しかし、プロミスでは30日間の無利息サービスがあるので、利息負担はある程度は減らせるようになっています。

無利息の適用条件としても難しいものはなく、メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録を契約時に行うだけで、初回借り入れの翌日から30日間が無利息となります。

年率が高いと利息も多くかかりがちではあるのですが、プロミスでは限度額の増額時の年率の引き下げや、初回借り入れ時の無利息サービスの適用で利息負担を減らせるので、うまく使っていくことで無理のない借り入れができるようにもなっています。

他社と比べた場合のプロミスの年率

他社と比べた場合のプロミスの年率

消費者金融のカードローンは、銀行などとは異なり年率などの条件をあまり売りにはしていません。

どちらかと言えば早さや手軽さを売り物にしているため、年率で見ても各社各サービスでそこまでの差が見られなくなっています。

以下の表は大手から中堅どころまでの消費者金融の年率を並べたものですが、見ても分かる通り、プロミスでも他社でも、上限の年率にはそこまで大きな差は見られません。

借り入れ先 実質年率
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
ダイレクトワン 4.9%~18.0%
セントラル 4.8%~18.0%
キャッシングアロー 15.0%~19.94%

一部聞き慣れない消費者金融も含まれていますが、大体は上限の年率は18.0%です。

その中でもプロミスは17.8%僅かですが上限が低くなっており、逆に高くなっているのがキャッシングアローの実質年率19.94%です。

下限の年率で見ると各社各サービスで違いは見られるものの、下限の年率で借りることはあまり現実的ではないので、そこまで気にする内容ではありません。

実際にどの程度の年率で借りることになるのか

プロミスにしても他社にしても、幅のある年率から実際に適用されるのはいくらなのか、申し込み前にある程度の目安でも知っておきたい感じるものです。

大体は上限の適用になることが多いとは言え、審査を受けてみないと利率が分からないのでは、あまりにも不親切と感じてしまうかもいるかもしれません。

それでも、実際の利率は審査を受けないことには分かりませんが、一つの目安として、消費者金融利用者の平均的な年率を見ておくのも良いでしょう。

日本貸金業協会(https://www.j-fsa.or.jp/)発行の月次実態調査(2022年6月)を見てみると、消費者向けの無担保貸付の約定金利は14.88%とされています。

約定金利とは契約で適用される金利のことであり、消費者金融であれば実質年率となります。

平均で15%を少し下回る年率の適用となっているのが実態で、いくら14.88%が平均とは言え、下限の一けた台の年率で借りるのが現実的ではないのが分かります。

やはりプロミスをはじめとする消費者金融は、年率はいくらか妥協をする必要があるのです。

利息負担に注意して借りるようにする

プロミスの実質年率は下限で見れば一けた台で魅力的に見えるかもしれませんが、消費者金融の実態の通り、その年率で借りるのは簡単ではありません。

年率から来る利息の負担はどうしても大きくなりがちなので、利息をしっかりと知った上で、負担をコントロールして借りるようにするのが最も単純な解決方法です。

上に挙げた利息の計算式、利息の金額を把握し、毎月の返済金額に対する負担を知ることも、プロミスの計画的な利用には欠かせないことになります。

プロミス 毎月 返済額
プロミスの毎月返済額は借り入れ金額によって変動する

プロミスの毎月の返済額は、限度額によって固定がされているわけではありません。 借りている金額によって毎月返済額が決まっているので、返済額から借りる金額を考えることもできるようになっています。 単純に多 ...

続きを見る

また、決して低くない年率からの高い利息負担に繋げないためにも、限度額があるからといって借りすぎないようにすることも重要です。

プロミスは住宅ローンマイカーローンなどとは比べるまでもなく年率が高い代わりに、住宅ローンなどとは比較にならないほどに早くに便利に借りられます。

急な出費があったとき、すぐにお金を使いたいときでも、プロミスなら最短30分で借りられるようになっているので、年率のことをしっかりと知った上で、足りない分のお金を借りるようにしてください。

借りている人が多いカードローン

プロミス

利用者増えてます!! プロミスカードレス契約で郵送物なし!

審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
収入証明 50万円まで不要
アイフル

アイフルWeb申し込みなら最短25分融資!

審査時間 最短25分
融資時間 最短25分
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
収入証明 50万円まで不要
SMBCモビット

SMBCモビットWeb完結で電話も郵送物もなし!

審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
収入証明 -
アコム

アコム初めてなら契約翌日から30日間金利ゼロ!

審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
収入証明 50万円まで不要

-プロミス

Copyright© キャッシングマスター , 2022 All Rights Reserved.

   
   アイフル
   アイフル