プロミスの毎月返済額は借り入れ金額によって変動する

更新日:

プロミスの毎月の返済額は、限度額によって固定がされているわけではありません。

借りている金額によって毎月返済額が決まっているので、返済額から借りる金額を考えることもできるようになっています。

単純に多くを借りれば毎月返済額も多くなり、少ない借り入れに留めておけば毎月返済額も少なくなる、というわけです。

プロミス 毎月返済額

プロミスの毎月返済額一覧

プロミスの借り入れ金額ごとの毎月返済額は以下のようになります。

借り入れ金額 毎月返済額
10,000円 1,000円
50,000円 2,000円
100,000円 4,000円
150,000円 6,000円
200,000円 8,000円
250,000円 10,000円
300,000円 11,000円

30万円を超えても借り入れ金額が多くなるごとに毎月返済額も段階的に増えていき、最大限度額である500万円借り入れ時は、毎月返済額が100,000円となっています。

ただ、プロミスで500万円を借りるのは総量規制の関係もあって厳しく、現実的に借りられる範囲の30万円までの借り入れで見ると毎月返済額は上記の通りとなります。

総量規制について

貸金業法で定められている総量規制は、貸金業者からの借り入れを年収の3分の1までに規制をするものとなります。

初回となると難しいですが、限度額の増額によってプロミスでも30万円を超えて借りることもできなくはありません。

30万円超を借りたときの毎月返済額は以下のようになりますが、仮に50万円を借りたとしても、毎月返済額はそこまで無理のない金額に設定がされています。

借り入れ金額 毎月返済額
350,000円 9,000円
400,000円 11,000円
450,000円 12,000円
500,000円 13,000円

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

借り入れ金額が増えても毎月返済額が下がるのはなぜ?

上に挙げたそれぞれの表を見てみると、基本的には借り入れ金額が増えれば毎月返済額も多くなっているのが分かります。

ただ、30万円を借りたときと35万円を借りたときの毎月返済額を見てみると、35万円を借りたときのほうが少なくなっています。

借り入れ金額 毎月返済額
300,000円 11,000円
350,000円 9,000円

これは間違いではなく、返済期間の違いがあるのでこのような毎月返済額になっています。

30万円超を借りたときは返済回数が多くなる

プロミスでは30万円までの借り入れでは36回(3年)、30万円超~100万円以下の借り入れでは60回(5年)の返済回数、返済期間となります。

返済回数が多くなる分だけ毎月返済額が少なくなるので、30万円を借りたときと35万円を借りときでは、毎月返済額となる一回あたりの返済額が少なくなっているのです。

毎月返済額が少なくなったからといってトータルの返済額が少なくなるはずもなく、ただ単に少しずつをより長期に渡って返すことになる、というだけです。

同じことが100万円を境にも起こる

プロミスでは借り入れ金額ごとの返済回数が以下にように分けられています。

借り入れ金額 返済回数
30万円以下 36回
30万円超100万円以下 60回
100万円超 80回

100万円を境に返済回数が変わっているので、100万円を借りたときは毎月返済額が26,000円になっているのに対し、101万円を借りたときは毎月返済額が21,000円になります。

30万円以下と30万円超を借りたときと同じように、返済回数が変わる分で毎月返済額にも違いが生じています。

毎月返済額を確認してから借りる

カードローンの毎月返済額は、金利が低いからといって少なくなるわけでもありません。

あくまで借り入れ金額ごとに決められている毎月返済額に基づくだけなので、借りる前には「いくら借りたら毎月返済額はいくらか」を必ず確認をしなければなりません。

毎月返済額を確認してから借りれば、余裕のある返済もできるようになるのです。

カードローンの返済は月々少しずつの金額で進められる

カードローンと聞くと金利が高い、利息の負担が重い、返済が苦しくなるといったイメージが先行しがちですが、実際には異なるものとなっている場合が多いです。 金利が高い、利息が重いというのは住宅ローンやマイカ ...

続きを見る

毎月返済額が少ないデメリット

返済額が少ないデメリット

プロミスは借り入れ金額ごとの毎月返済額が、他の消費者金融と比べて少なく設定がされているほうです。

特に少額借り入れ時の毎月返済額はアコムなどと比べても少ない部分もあるので、毎月に多くのお金を返済に回せない方でも、プロミスなら無理のない返済計画で借りられるようになっています。

アコムは千円単位で借り入れや返済が利用できる

アコムのカードローンは限度額の範囲内であれば繰り返し自由に何度でも借りられるようになっており、何も限度額を全額いっぺんに借りなければならないわけではありません。 アコムの限度額が100万円あるとしても ...

続きを見る

しかし、毎月返済額が少ないのは、じつは良いことばかりではないのです。

返済が長引くことで利息がかさむ

毎月返済額が少ないということは、それだけ完済までにかかる期間が長くなるわけです。

少しずつの金額で長い期間をかけて返済をしていくので、どうしても最終的に支払う利息総額が膨れ上がってしまいます。

カードローン 利息 高い
カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

カードローンの利息ははっきり言って高いです。 住宅ローンなどと比べるまでもなく高く、借りすぎてしまえば利息負担によって返済が苦しくなるのは目に見えています。 しっかりと考えて使わないと、カードローンの ...

続きを見る

プロミスの返済シミュレーションを使って、かかる利息について見てみます。

返済シミュレーションで見る利息総額

例えば、30万円をプロミスの実質年率の上限である17.8%で借り入れ、36回かけて返済をした場合の支払総額は389,345円になります。

30万円の借り入れに対して、89,345円もの利息を支払うことになってしまうのです。

以下は10万円~30万円まで、17.8%の実質年率で借りて36回の返済をした場合のシミュレーション結果となります。

借り入れ金額 支払総額 利息総額
100,000円 129,765円 29,765円
200,000円 259,557円 59,557円
300,000円 389,345円 89,345円

いずれの場合においても、借り入れ金額に対して33%程度もの利息を支払うことになってしまっています。

プロミスの年率は4.5%~17.8%でも適用されるのは上限となる場合が多い

プロミスで適用される実質年率は4.5%~17.8%となっており、審査によってどの年率での借り入れとなるかが決まります。 審査の結果が良ければ年率も低く借りられる可能性がありますが、実際にはプロミスで借 ...

続きを見る

利息を減らすように毎月返済額を調整したい

上記の支払総額や利息総額は、あくまで

  • 毎月返済額を最低額で進める
  • それ以上の返済は一切行わない

とした場合のシミュレーション結果に過ぎません。

返済の仕方を工夫すれば、プロミスで借りた場合においてもここまで多くの利息を支払う必要はありません。

毎月返済額を少し増やす、余裕があるときには多めに返済をするなどして、積極的な返済を心掛ければ支払う利息は大幅に減らせます。

毎月返済額に1,000円だけでもプラスをしてみる

例えば、10万円の借り入れで毎月返済額を最低額の4,000円ずつ返す場合と、1,000円だけ上乗せして5,000円ずつで返す場合、ちょっと頑張って6,000円ずつで返す場合とでは、以下のように支払総額に違いが出ます。

毎月返済額 支払総額 返済回数
4,000円 125,864円 32回
5,000円 119,490円 24回
6,000円 115,720円 20回

※シミュレーション方法が異なるため、4,000円ずつの返済でも32回と上に挙げた結果とは多少異なっています。

1,000円上乗せをして毎月返済額を増やすだけでも、支払総額は6,000円以上安くなり、返済回数は8回も減ります。

4,000円ずつの返済を6,000円とするのは単純に1.5倍なので簡単ではありませんが、1,000円上乗せでの返済ならまだ現実的です。

それだけの上乗せで10万円の借り入れに対して6,000円以上も利息が削減でき、さらに8か月も早くに完済ができるようになるのです。

カードローン 臨時返済
カードローンは臨時返済で元金をどんどん減らしていくようにしたい

カードローンは借りている金額に応じた約定返済金額を、決められた期日までに入金をすれば問題はありません。 ただ、これはあくまで最低限の返済の話です。 より効率的にカードローンの返済を進めるのであれば、最 ...

続きを見る

少しでも上乗せができるようにして借りたい

プロミスをはじめとするカードローンの借り入れは便利ですが、返済時に支払う利息が無駄でしかありません。

なるべく無駄な利息を支払わないためにも、毎月返済額には少しでも上乗せができるようにしておきたいものです。

毎月上乗せをするのが難しいとしてもお金に余裕があるときにだけでも少し多めに返済をするなどすれば、最終的にプロミスに支払う利息も大きく減らすことができるようにもなります。

毎月返済額もしっかりとコントロールをして、計画的なプロミスの利用を心掛けてください。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく便利に利用ができるのが大きな特徴です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

アイフル

アイフル

申し込み後に受け付け完了メールが届いたら、専用ダイヤルに電話をすると審査を優先して進めてくれます。急ぎの方には助かる、独立系消費者金融ならではの対応が魅力です。初めて借りる方は契約翌日から30日間が無利息になるので、返済も安心です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
30分
最短
1時間

-プロミス

Copyright© 個人的カードローン , 2020 All Rights Reserved.