プロミスと他社で一括審査を受けたらどこか一つぐらいは審査に通る?

投稿日:

プロミス 一括審査

プロミスが本命で借りたい、ダメだとしても他でどこかから借りたい、そう考えたときに、色々申し込みをして一括審査を受けようとするかもしれません。

過去には一括審査サービスのようなものがあり、消費者金融各社に同時に申し込みができるようになっていたものもありましたが、現在ではそういったサービスは見かけなくなっています。

理由としては単純で、一括審査を受けても審査に通らないためです。

多重申し込みは審査落ちの原因になる

プロミスに限らずカードローン全般に言えることですが、一括審査を受けるための多重申し込みは、審査に大きな悪影響を与えることになります。

何社も同時に申し込みをすると何社もの申し込み履歴が信用情報機関に立て続けに記録がされることになり、審査をする側としても当然ながら警戒をします。

その結果、申し込みをしたところの全てで審査落ちとなってしまうわけです。

一括審査を受けたところでプロミスでも他社でもどこでも借りられないので、どうしてもお金を借りたいときこそ、一つに絞って申し込みを行うようにしなければならないのです。

来店不要で最短30分融資!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

今と昔では何もかもが大きく異なる

貸金業法が改正される前、総量規制ができる前までの話であれば、一括審査も借りるためには有効な方法ではありました。

いくつか審査を受ければどこかは貸してくれたものです。

しかし今は総量規制があり、さらにはグレーゾーン金利もなくなっているので各社とも審査が厳しくなっています。

総量規制とは
総量規制の基本を知ろう!総量規制を超えてお金は借りられません

「総量規制」というもの、カードローンやキャッシングの利用を考えると必ずと言ってもいいほどに目にする言葉です。 このサイト内でも色々な記事に「総量規制が~」などと書いていますが、総量規制についての基本を ...

続きを見る

一括審査を受けているような方に貸すほど簡単な審査ではなくなっているので、昔のままの知識や情報で申し込みをしてしまうと、どこからも借りられないまさに「全滅」の状態に陥ってしまうわけです。

一つに絞って申し込みをすれば借りられたかもしれないのに、一括で審査を受けようとしたばっかりに、全部が審査落ちとなることは決して珍しくはありません。

過去には複数カードローンの一括審査が自動的に行われていた

今ではなくなっていますが、過去にはグループ企業間での一括審査が自動的に行われていたことがあります。

こちらの記事にも書いていますが、一つのカードローンに申し込みをすると審査基準が異なるグループ間での別カードローンでも審査を行い、どこかからは貸付が行えるようにするというものです。

アットローン 過払い金
アットローンに過払い金はない?当時の消費者金融としては良心的な金利設定

アットローンという消費者金融が過去に存在していました。 グレーゾーン金利真っただ中、総量規制もなかった時代、数多くの消費者金融があった中の1社です。 当時の親会社だったプロミスに吸収され、今はアットロ ...

続きを見る

積極的に貸付を行っていた当時だから考えられることで、今ではこういったサービスを行っているところはありません。

この当時なら、一括審査も有効な手段ではありましたが、今では完全に姿を消しています。

一括審査を受けることに何のメリットもない

一括審査 メリット デメリット

何社も立て続けに申し込みをして一括審査を受けても、現在のカードローンやキャッシングでは何一つメリットはありません。

審査に通りやすくなることもありませんし、一括審査にはデメリットしかないと言えます。

それでも可能性を信じて何社も申し込みをするという方もいるかもしれませんが、今だけでなく後々にもデメリットを引きずることになるので気を付けるべきです。

申し込み情報は一定期間残り続ける

カードローンに申し込みをして審査を受けると、信用情報機関には半年間に渡り、申し込みをしたという情報が残ります。

カードローンやクレジットカードなどに申し込みを行うと、消費者金融や銀行、信販会社は審査の際に信用情報の照会を行います。

その照会履歴が、申し込み情報として扱われるというわけです。

記録がされる情報は様々で、信用情報機関のCICでは個人を特定する情報として以下の内容が記録されます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 電話番号等

合わせて申し込み内容に関する以下の情報も同期間に渡って記録がされます。

  • 照会日
  • 商品名
  • 契約予定額
  • 支払予定回数
  • 照会会社名等

CICの加盟会員から登録される情報

クレジットやローンの新規申し込みの際に登録される「申込情報」、契約締結後に登録される「クレジット情報」、利用途上の際に登録される「利用記録」で構成されています。また、CICに登録されている信用情報は、情報の種類ごとに以下の期間登録され、期間が過ぎた情報は自動的に抹消されます。

CICが保有する信用情報|信用情報とは|指定信用情報機関のCIC
https://www.cic.co.jp/confidence/posession.html

一括審査を受けようと何社も申し込みを行うと、これらの情報が一気に積み上がることになります。

積み上がった情報は半年間に渡ってCICに残ることで、その後に審査を受ける際にも申し込み履歴がマイナス要素になり、審査結果に悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。

また、多くの申し込み履歴があれば「返済を考えていない」と捉えられません。

さらに言えば、多くの申し込みは全てで借りると総量規制を超えることも考えられるため、どこも貸付には慎重になってしまうというわけです。

プロミスで借りたいなら一括審査は避ける

プロミスでお金を借りたいと考えるなら、一括で審査を受けるようなことは避けるべきです。

他での利用を検討するとしても、せめてプロミスでの審査結果が出た後にしなければなりません。

審査結果が出る前に焦って他に申し込みをしてしまうと、先に申し込みをしたプロミスの審査にも影響が出る可能性があります。

その結果、本来は借りられたかもしれない方でも、一括審査申し込みによって審査落ちとなってしまう可能性があるのです。

プロミス 落ちた
プロミスの審査に落ちたらもう二度とプロミスでは借りられないのか

プロミスでお金を借りるためには、当然ながら審査が必要となります。 申し込みをすれば誰でも借りられるといったものではないので、審査に通らないとプロミスではお金は借りられません。 審査落ちとなるとその時点 ...

続きを見る

一括審査は過去の話で、現在ではもはや時代遅れの方法です。

一括審査でお金が借りられるほど簡単ではなくなっているので、申し込みはむやみに行わず、慎重に一つに絞って行うようにしたほうが良いでしょう。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
30分

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

アイフル

アイフル

申し込み後に受け付け完了メールが届いたら、専用ダイヤルに電話をすると審査を優先して進めてくれます。急ぎの方には助かる、独立系消費者金融ならではの対応が魅力です。初めて借りる方は契約翌日から30日間が無利息で、利息を抑えたい方にもおすすめです。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
25分※
最短
25分※
※Web申し込みの場合

-プロミス

Copyright© カードローンやキャッシングを知ろう , 2021 All Rights Reserved.

   SMBCモビット
   SMBCモビット