プロミス

プロミスと銀行カードローン、借りるならどっちがいいの?

更新日:

消費者金融のカードローンの中でも人気が高いプロミスと銀行で借りるカードローン、どっちを選ぶべきか迷っているそこのあなた。

選び方は簡単です。

どのように借りたいかを明確にすれば迷う必要はありません。

プロミスと銀行カードローン

早くに借りたいならプロミス

即日融資を希望している、なるべく早くに借りたいといった場合なら、迷うことなくプロミスで決まりです。

カードローン 融資 早い
カードローンの融資が早いのは銀行ではなく間違いなく消費者金融

すぐにお金を借りたいときに気になるのが、融資の早いカードローンはどこかです。 とにかく早くに借りたいなら融資の早さは当然ながら重視をしておくべきで、それなら借り入れ先は消費者金融から選ばなければなりま ...

続きを見る

銀行カードローンは即日融資が不可、審査も融資も時間がかかるのに対して、プロミスなら

  • 最短30分審査
  • 最短1時間融資

で銀行カードローンよりかなり早くに借りられます。

すぐ借りたいならプロミスの公式サイトから申し込みをして、早めに手続きを進めておくと良いでしょう。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

低金利で借りたいなら銀行カードローン

カードローンもやっぱり金利が大事だよねと考えるのであれば、プロミスではなく銀行カードローンが向いています。

プロミスは実質年率が4.5%~17.8%となっていますが、初回借り入れ時に適用されるのは大体が17.8%です。

プロミスの年率は4.5%~17.8%でも適用されるのは上限となる場合が多い

プロミスで適用される実質年率は4.5%~17.8%となっており、審査によってどの年率での借り入れとなるかが決まります。 審査の結果が良ければ年率も低く借りられる可能性がありますが、実際にはプロミスで借 ...

続きを見る

対して銀行カードローンは例えば楽天銀行のカードローンである楽天銀行スーパーローンであれば、金利は年1.9%~14.5%。

仮にプロミスと同じように上限金利の適用となったとしても、年14.5%でプロミスよりも3%以上も低い金利で借りられます。

カードローンの金利が安いのは銀行!地方銀行やネット銀行も侮れない

金利の安いカードローンを選ぶとなると、消費者金融ではなく銀行としておくのが基本です。 銀行であれば上限金利の適用となっても、消費者金融よりも3%や4%程度低い金利で借りられる場合が多いです。 金利が低 ...

続きを見る

楽天銀行スーパーローン

面倒な申し込み書類への記入は不要、来店不要でWebで完結ができる銀行ならではの金利のカードローンです。楽天銀行の口座がなくても申し込みが可能で、契約後は対応する金融機関宛なら平日昼間に限らず広い時間で振り込みでの借り入れが利用ができます。

金利 限度額 審査時間 融資時間
年1.9%~
14.5%
最大
800万円
最短
翌営業日
最短
翌営業日

プロミスか銀行カードローンかで迷ったら

項目別にプロミスを選ぶべきか、銀行カードローンを選ぶべきかをまとめてみました。

求める内容で多いほうで借りるようにすれば、間違った選択にもならないのではないでしょうか。

項目・内容 向いているところ
金利・利息 銀行
限度額 銀行
毎月返済額 変わらず
審査・融資時間 プロミス
便利さ プロミス

銀行は審査の厳しさに注意が必要

銀行カードローンは金利や限度額に優れる分だけ、どうしても審査は厳しくなります。

アルバイトやパートの方では審査通過は難しく、銀行カードローンに魅力を感じていても利用ができない、審査に通らないという場合もあります。

カードローン 審査 通らない
カードローンの審査が通らない!お金を借りたいのに審査に落ちる理由と対策

カードローンでお金を借りたいから申し込みをしたのに、審査に通らなくてお金が借りられない…。 そんな結果になってしまう方も少なくありません。 審査に通らないとどうにもならないと諦めがちですが、本当に諦め ...

続きを見る

カードローンは借りられないことには意味がないので、自身にあったところを選ぶ、ということも大事です。

審査通過を考えるカードローンの選び方

あくまで傾向という話にはなりますが、雇用形態や年齢によるプロミスか銀行カードローンかでいえば以下のようになります。

雇用形態や年齢 向いているところ
アルバイト プロミス
パート プロミス
会社員 どちらでも
自営業・事業主 プロミス
20代 プロミス
30代 プロミス
40代 銀行
50代 銀行
60代 銀行

収入状況などによっても変わってきますが、アルバイトやパート、若い世代で収入もそこまで多くない方はプロミス。

年齢が上がってきて収入もそれなりのレベルで安定していれば銀行カードローン。

といった選び方であれば審査もそこまで気にすることはなくなります。

手続きの進め方や契約後の利用方法が大きく異なる

プロミスで借りるか銀行で借りるか

プロミスと銀行カードローンでは、申し込みから契約までの進め方や、契約後の利用方法に大きな違いがあります。

どちらが良いかは人それぞれですが、素早くなるべく手間をかけずに契約まで進められるほうというのであれば、まず間違いなくプロミスです。

プロミスならパソコンでもスマホでも、郵送不要で最短即日契約が行えるので銀行よりも遥かに早いです。

プロミスなら本人確認書類で今日中に借りられる

プロミスは50万円まで、または他社とあわせても100万円までの借り入れなら、原則として本人確認書類で契約が行えるようになっています。

プロミス 免許証
プロミスなら免許証などの本人確認書類でお金が借りられる

カードローンは色々な書類を用意しなければならないと感じている方もいるかもしれませんが、プロミスは免許証などの本人確認書類でお金が借りられます。 免許証などの本人確認書類があればそれで良いので、余計な面 ...

続きを見る

収入証明書などを用意、提出する必要はなく、さらにノンバンクとなるので口座開設もありません。

これが銀行カードローンだと、借り入れ先によっては収入証明を求められたりする場合もあります。

また、申し込み時には口座がなくてもOKでも、契約までには口座を開設しなければならない、というところも多いです。

カードローン利用のために、普段は使いもしない口座を開くというのも何だか面倒です。

カードローン 通帳
カードローンは通帳を作らなくても借りられる!ノンバンク系なら口座開設不要

カードローンでお金を借りる際には、そのためにいちいち通帳を作る必要はありません。 そもそもノンバンク系で借りる場合にはその名の通り銀行ではないため、通帳というもの自体が発行されません。 不要な通帳を作 ...

続きを見る

契約後に便利に使うならプロミスはとにかく強い

プロミスは契約後の借り方が豊富なカードローンです。

  • プロミスATMや提携ATM
  • 指定口座への銀行振り込み

まとめると二通りにしかなりませんが、それぞれには違った借り方があります。

例えば提携ATMでの借り入れ。

全国のコンビニや金融機関の提携ATMでプロミスのカードを使って借り入れや返済が行えますが、セブン銀行ATMに限っては、カードを使わずともプロミスのアプリで借り入れ、返済が行えます。

「アプリローン」のサービスで、カードが手元になくても契約が済んでいれば、セブン銀行ATMならカード不要で借りられるのです。

プロミスのアプリローン
プロミスのCMでやけに推してるアプリローンって何?スマホでATMからでもお金が借りられるサービスです

プロミスのCM、昔は「黄色い看板プロミス」やら「いらっしゃいまし~ん」やらと色々とありましたが、今は「アプリローン」を推しています。 CM内容がよく分からない、うざいなどと感じ方は人それぞれですが、そ ...

続きを見る

銀行カードローンにはこういったサービスはありません。

銀行振り込みでの借り入れもプロミスなら24時間

銀行振り込みで借りる場合もプロミスなら早いです。

プロミスは契約後、対応する金融機関宛なら原則24時間、最短10秒で振り込みが可能です。

平日も土日も曜日を問わず、時間も問わずに借りられるので契約後なら素早く来店不要で借りられます。

銀行カードローンはATMと振り込みで借りるのがほとんど

対する銀行カードローンは、自行ATMや提携ATMでカードを使って借りる、指定口座や自行口座への振り込みで借りるといった方法に限られます。

プロミスのように幅広い方法で借りられるわけではないので、利便性という面で見るとどうしても劣ります。

ただ、その利用の仕方で不便をするかといえばそうでもないので、より便利に使いたいならプロミス、というだけです。

安心感を求めるなら銀行、は正しくない?

消費者金融で借りるのは何か不安、銀行なら安心、そう考えて銀行カードローンを選ぶのも少し違います。

銀行はたしかに安心感や信頼性というものがあるかもしれませんが、それは銀行そのものに対してであって、銀行カードローンとなると話は変わります。

そもそもが銀行カードローンは銀行が窓口となっているだけで、実際の審査の多くは保証会社となる消費者金融や信販会社が行っているためです。

銀行カードローンも消費者金融のようなもの

銀行カードローンはほぼ必ず保証会社を利用することになります。

利用するとはいっても特別な手続きや保証料といったものはかかりませんが、保証会社の多くは審査を行う消費者金融や信販会社です。

メガバンクで見てみると、

銀行
カードローン
保証会社
みずほ銀行
カードローン
株式会社オリエントコーポレーション
三菱UFJ銀行
バンクイック
アコム株式会社
三井住友銀行
カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

それぞれ上から株式会社オリエントコーポレーションはオリコカードで有名な信販会社、アコム株式会社はそのままアコム、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社はプロミスのサービスを提供しているところです。

アコム 落ちたら
アコムで落ちたらもうお金は借りられない?アコムで通らない方は必見

一昔前と比べて審査が厳しくなってきているのが今のカードローンです。 たとえ消費者金融であったとしても審査に落ちてしまう場合もあり、お金を借りたいのに審査に通らずに借りられないという場合もあります。 こ ...

続きを見る

安心感、信頼性が高いと思われるメガバンクでさえ、審査の大きな部分を行う保証会社は信販会社や消費者金融となります。

結局、銀行で借りても消費者金融と大して変わらんよね、という話なのです。

金利とかの条件は変わりますが。

どのようにしてカードローンを選ぶか

安心感や信頼性といった部分も大事かもしれませんが、お金に困ってカードローンを利用するなら、その部分というのは重要なものでしょうか。

今すぐにお金が欲しい
今すぐにお金が欲しいときはどうする?本当にどうしてもお金が欲しい

お金は誰もが欲しいものですが、緊急でどうしてもお金が欲しい、現金が必要といった状況となると話は変わります。 何となく「お金がほしいな~」と感じるのとはワケが違うので、どうしてもお金が欲しいならお金を調 ...

続きを見る

今の時代、消費者金融も貸金業法が厳しくなったことで、派手なことはできなくなっています。

大手ならなおさら、昔のような暴力的な取り立てなども起こりません。

もしそのようなことを危惧して希望とは反するカードローンの選び方をしているとしたら、それはもったいないことです。

しっかりと考え、希望内容にあったカードローンが利用できるように、プロミスで借りるか銀行カードローンで借りるかを選ぶようにすると良いでしょう。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく便利に利用ができるのが大きな特徴です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-プロミス

Copyright© カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト , 2020 All Rights Reserved.