SMBCモビット

SMBCモビットの金利は実質年率3.0%~18.0%で契約後に下げることもできる

投稿日:

SMBCモビットの貸付条件に記されている金利は、実質年率3.0%~18.0%となります。

下限と上限で6倍もの開きがあるので何だかよく分かりませんが、審査の結果によって3.0%~18.0%の間のどれかの金利、実質年率が適用されますよということです。

ただ、下手な希望というか願望を持たないためにも、SMBCモビットでは18.0%で借りることが多くなると考えておいたほうが良いです。

モビット 金利

限度額が大きくならないと金利は下がりにくい

これはSMBCモビットだけでなくどのカードローンにも言えることですが、限度額が大きくならないと金利、SMBCモビットであれば実質年率は下がりにくいです。

初回ではなかなか大きな限度額が出ないSMBCモビットでは、18.0%の実質年率で借りることも多くなります。

希望を込めて3.0%で借りられればと考えてしまうと、実際の適用金利との差でがっかりしてしまうので気を付けましょう。

Web完結申込で電話・郵送物なし!

契約後は対応金融機関宛で24時間振り込み
スマホアプリでカードレスでも借りられます

18.0%から金利を下げることもできる

初回契約時には18.0%の金利、実質年率の適用が多くなるSMBCモビットも、ずっと18.0%で利用をしなければならないわけではありません。

利用実績等によっては金利が下がることもあります。

多くは限度額の増額に伴って金利も下がりますが、収入や利用内容に余裕があれば、今よりも好条件で借りられるようになる可能性があるわけです。

返済に遅れてしまったり、他社で借りすぎてしまっていると難しいので、SMBCモビットの金利を下げたいなら余裕のある利用を心掛けてください。

モビット 増額 できない
SMBCモビットで増額ができないと断られた…増額審査に落ちたらどこからも借りられない?

SMBCモビット利用中に追加でお金が必要になり、限度額の増額を申し込んだけどできなかった、断られた…。 そんな悲しい状況もそれなりによくあります。 限度額の増額が断られてしまうと今はSMBCモビットか ...

続きを見る

それでも他社よりは金利は下がりやすい傾向

他の消費者金融でもSMBCモビットと同様に、上限金利での借り入れとなることが多いです。

例えばプロミス。

プロミスは実質年率4.5%~17.8%となっていますが、初回契約時に適用されるのは多くが17.8%です。

プロミスの年率は4.5%~17.8%でも適用されるのは上限となる場合が多い

プロミスで適用される実質年率は4.5%~17.8%となっており、審査によってどの年率での借り入れとなるかが決まります。 審査の結果が良ければ年率も低く借りられる可能性がありますが、実際にはプロミスで借 ...

続きを見る

アコムなども同様に上限金利での借り入れとはなりますが、その中でもSMBCモビットは金利条件はいくらかマシと言えます。

消費者金融を金利で比較するのはあまり意味がないのですが、上限を求めて借りたいならSMBCモビットは適しています。

借り換えやおまとめにも使えるSMBCモビット

SMBCモビットには借り換えローン、おまとめローンといった商品はありませんが、借りたお金を借り換えやおまとめに使えます。

モビット 借り換え
SMBCモビットは借り換えにも人気!借り換えのときに注意をしたい申し込み・審査のポイント

SMBCモビットは通常の生活費としての利用などだけでなく、借り換え先としても人気が高いです。 借り換えとしての利用が認められているので、通常通り契約をして借り換えができるのです。 ただ、SMBCモビッ ...

続きを見る

総量規制があるので年収無関係で大きな金額を借りるということはできないものの、総量規制の範囲内で、それなりの条件で借りられる見込みがあるのがSMBCモビットです。

借り換えやおまとめとして使うのに金利が高い、借りられる金額が少ないとなると意味がありません。

そういった点で見ても、SMBCモビットは他の消費者金融と比べれば、まだ金利条件に優れる可能性があるというわけです。

15.0%ぐらいまでなら十分に現実的

プロミスやアコムなどの他の消費者金融は、初回契約時には17.8%や18.0%の実質年率となる方が多いのに対し、SMBCモビットは15.0%ぐらいなら現実的に適用されうる範囲です。

それでも15.0%で借りられると思って申し込みをして、審査の結果が18.0%となるとがっかりしてしまうので、基本は18.0%と考えておくべきです。

何かの間違いで15.0%で借りられればいいなぁぐらいに思っておけば、15.0%なればラッキー、18.0%ならやっぱりというわけです。

また、返済の計画を立てる上でも、悪い条件でシミュレーションをしておくほうが良いでしょう。

適用される金利による返済負担の違い

モビットの金利と返済負担

SMBCモビットでは3.0%~18.0%と、金利である実質年率に大きな開きがあります。

これだけの差があると、下限と上限での返済負担の差というものも非常に大きくなってきます。

現実的に考えて適用されるのが難しい下限の3.0%を知ってもあまり意味はありませんが、参考程度に返済負担の差を見てみましょう。

適用金利ごとの利息の違い

SMBCモビットで30万円を30日間借りた場合、それぞれの金利による利息は以下のようになります。

金利(実質年率) 30日間の利息
18.0% 4,438円
15.0% 3,698円
12.0% 2,958円
10.0% 2,465円
5.0% 1,232円
3.0% 739円

18.0%と3.0%では当然ながら大きな差がありますが、18.0%と15.0%でも30日間の利息は700円以上も変わってきます。

だからと言って15.0%やそれ以下の金利、実質年率で借りられるとは限りません。

それでも他社に比べればまだ可能性があるSMBCモビットは、返済を考える上でもいくらか安心、と言えるのかもしれません。

毎月の返済金額から引かれる利息

SMBCモビットの返済時にかかる利息は、毎月の返済金額から差し引かれることになります。

30万円の借り入れなら毎月の返済金額は11,000円となっているので、18.0%の金利、実質年率で借りているなら、

11,000円 - 4,438円 = 6,562円

で、11,000円の入金に対して6,562円が元金分への返済、ということになります。

30万円借り入れ時の毎月の返済金額である11,000円にさらに利息を乗せて、11,000円 + 4,438円で15,438円の返済とするわけではありません。

モビット 返済額
SMBCモビットの毎月の返済額はいくら?10万や20万借りたときの月々の最低額も教えます

SMBCモビットでお金を借りると、毎月の決められた返済期日に決められた返済額以上の入金を行うことになります。 毎月の返済額は借り入れ残高によって変動をするため、大きな金額を借りなければSMBCモビット ...

続きを見る

利息がかかれば元金分への返済が減る

SMBCモビットでお金を借りる以上は利息がかかってしまうのは仕方がないことですが、利息が多くかかれば入金額に対する元金分への返済が減ります。

上の例でいえば入金額に対して4分の1ほどが利息になるわけです。

借りる金額が10万円だとしても毎月の返済金額は4,000円、金利である実質年率18.0%で30日間借りれば1,479円の利息となり、

4,000円 - 1,479円 = 2,521円

こうなるので元金分への返済は減ります。

このペースで返済を続けてもなかなか返し終わらないので、金利が高い場合には積極的に返済を進める必要があります。

上乗せ返済で金利の高さをカバーする

SMBCモビットでは毎月の返済金額が決められてはいますが、その金額以上に返済をするのは自由です。

早めに返済をすることも多めの返済をすることも自由で、積極的に返済をすればその分だけ元金が多く返せるので、完済までにかかる期間が短くなります。

モビット 早めに返済
SMBCモビットは早めに返済をするのも自由なカードローン

カードローンでお金を借りた後は、毎月の決められた返済期日までに決められた返済金額を入金します。 SMBCモビットでも同様に借り入れ残高ごとに決められた返済金額を入金しますが、入金をするタイミングは何も ...

続きを見る

また、返済時にかかる利息は限度額ではなく借り入れ残高から計算がされるので、積極的な返済をして元金を減らしておけば利息も少なくなっていきます。

金利が高いなら返済を工夫するしかない

カードローンは保証人なし、無担保で細かな利用目的も問わずにお金が借りられます。

それだけの自由度があるなら金利が高いのも仕方がないことで、金利が高いなら返済を工夫して返済負担を増やさないようにするしかありません。

SMBCモビットでもどこでもそうですが、自由に借りたいけど金利が高いのは嫌だというなら、カードローンの利用自体おすすめできません。

というより、保証人も担保も不要、書類への記入も捺印も不要、最短即日ですぐ振り込みでもお金を貸してくれて低金利なんてサービスはありません。

そんなものがあればみんな使ってます。

低金利とされる銀行カードローンでも、限度額が大きくならなければ適用金利は14.0%~15.0%あたりです。

いちいち細かな目的を問わずにお金を貸してくれるカードローンは、利用者側での使い方の工夫というものも必要なのです。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく便利に利用ができるのが大きな特徴です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-SMBCモビット

Copyright© カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト , 2020 All Rights Reserved.