SMBCモビット

SMBCモビットの毎月の返済額はいくら?10万や20万借りたときの月々の最低額も教えます

投稿日:

SMBCモビットでお金を借りると、毎月の決められた返済期日に決められた返済額以上の入金を行うことになります。

毎月の返済額は借り入れ残高によって変動をするため、大きな金額を借りなければSMBCモビットの月々一回あたりの最低返済額も大きくはなりません。

少しずつの返済額で利用ができるようになっているので、SMBCモビットならあまり多くの返済ができない方でも安心です。

モビット 返済額

金利や限度額ではなく借り入れ残高によって変動する

SMBCモビットの毎月の返済額は、金利や限度額ではなく最終借り入れ後残高によって決まります。

「最終借り入れ後残高」と見ると何だか難しく思えますが、意味としてはそのままで最後に借りたときの残高、ということです。

例えば、10万円を借りて追加でさらに10万円を借りて返済日を迎える場合、10万円+10万円で20万円の残高に応じた返済額になります。

モビット 最終借り入れ後残高による返済額のイメージ

SMBCモビット公式サイトより

追加の借り入れをせず、10万円を借りてそのまま返済日を迎えれば、10万円の残高に応じた返済額になるというわけです。

文字だけで見ると少しややこしく感じますが、特に難しいことはありません。

Web完結申込で電話・郵送物なし!

契約後は対応金融機関宛で24時間振り込み
スマホアプリでカードレスでも借りられます

毎月の返済額はいくらになるのか

上の画像でちょっと出ていますが、SMBCモビットの毎月の返済額がいくらになるかというのは以下の通りです。

借り入れ残高 毎月の返済額
10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超40万円以下 11,000円
40万円超50万円以下 13,000円
50万円超60万円以下 16,000円
60万円超70万円以下 18,000円
70万円超80万円以下 21,000円
80万円超90万円以下 24,000円
90万円超100万円以下 26,000円

借り入れ残高ごとに決まっているので、10万円を借りた場合、20万円を借りた場合、さらに大きな50万円や100万円を借りた場合も一つの表にまとめられます。

また、100万円を超えた借り入れとなると、最終借り入れ残高が20万円増えるごとに返済額が4,000円ずつ追加されます。

100万円超120万円以下の借り入れなら毎月返済額は30,000円、120万円超140万円以下の借り入れなら毎月返済額は34,000円ということです。

ただ、SMBCモビットで100万円超の限度額、借り入れとなるのは難しいので、あまり気にしなくても良いでしょう。

この返済額を月々入金すれば問題はない

SMBCモビットでお金を借りた後は、借り入れ残高に応じたこの返済額を、決められた返済期日までに入金をすれば問題ありません。

毎月少しずつの返済額で利用ができるので、急にお金が必要になった、でも返済に多くのお金は回せないといった方でも利用ができます。

今すぐにお金が欲しい
今すぐにお金が欲しいときはどうする?本当にどうしてもお金が欲しい

お金は誰もが欲しいものですが、緊急でどうしてもお金が欲しい、現金が必要といった状況となると話は変わります。 何となく「お金がほしいな~」と感じるのとはワケが違うので、どうしてもお金が欲しいならお金を調 ...

続きを見る

ただ、気を付けておきたいのは、これはあくまで「最低」の返済額ということです。

最低返済額だけでも問題はないのですが、最終的な利息総額、支払総額という面で見ると、最低返済額の入金だけで月々の返済を進めるのはできれば避けたいのです。

月々の返済額を増やせば負担が軽くなる

返済額を増やして負担を軽くする

毎月の返済に関しては決められた返済額の入金で問題はないのですが、最低額だけの入金で返済を進めた場合、完済までにかかる期間は非常に長くなります。

例えば10万円を借りた場合。

4,000円の最低額の返済だけとすると、完済までにかかる期間は30か月を超えます。

10万円を借りて3年近くも払い続けなければいけなくなり、返済期間が延びればそれだけ利息の支払いも増えてしまいます。

これではもったいないです。

返済が長期化すれば利息が高くつく

SMBCモビットなどのカードローンの利息は、借りている間は常にかかり続けます。

カードローン 利息 高い
カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をしてみる

カードローンの利息ははっきり言って高いです。 住宅ローンなどと比べるまでもなく高く、借りすぎてしまえば利息負担によって返済が苦しくなるのは目に見えています。 しっかりと考えて使わないと、カードローンの ...

続きを見る

長い期間を借りることになれば利息が発生し続け、さらに利息は借り入れ残高に対してかかるので、残高が多いままで返済を長期化させてしまえば利息は高くつきます。

そうしないためには、月々の返済額を増やす必要があります。

ギリギリの返済額では借りないようにしたい

月々一回あたりの返済が10,000円ぐらいまでなら何とかなる、という場合。

SMBCモビットなら20万円超40万円以下の借り入れで11,000円の返済額となるので、ちょっと返済を頑張ればいけないことはありません。

ただこれ、ギリギリの返済すぎて危険です。

ちょっとお金の出が多くなれば返済額が足りなくなる可能性があり、さらには月々の返済額を増やすこともできません。

カードローン利息だけ払う
カードローンの利息だけ払うことはできる?今月の返済がどうしても厳しい場合

カードローンの返済は利息と借り入れ金額の一部や全額を合わせた金額を入金しますが、お金がどうしても足り場合などは、利息だけの入金をすることもできます。 毎月の返済金額が本来は10,000円とした場合、利 ...

続きを見る

最低額だけの返済しかできないことになるので、完済までにかかる期間が長くなることが約束されてしまいます。

余裕のある返済額で借りるようにする

もし10,000円ずつの返済なら大丈夫という場合には、ギリギリの返済で借りるのではなく、余裕をもって20万円以下までの借り入れにしておくと良いでしょう。

SMBCモビットで20万円以下の借り入れなら、

  • 10万円以下:4,000円の返済額
  • 10万円超20万円以下:8,000円の返済額

となるので、無理のないペースが返済ができるようになります。

10,000円ずつの返済ができる状態で10万円以下の借り入れ留めるなら、ちょっとお金を使いすぎてしまった月があっても返済額が不足する可能性も下げられます。

また、返済額を増やして入金もできるようになるので、完済が早められる、利息が抑えられるという大きなメリットも生まれてきます。

返済額は増やして入金をするのは自由

SMBCモビットの毎月の、月々の返済額は、その金額しか受け付けないというわけではありません。

その金額は最低額で、それ以上の入金であれば連絡も手続きも不要でご自由にどうぞ、ということです。

返済額から不足をしてしまうとまずいのですが、多めに入金をする分には何も問題はありません。

多めの入金で返済が早まる

毎月4,000円の返済額になっているところを10,000円ずつの返済とすると、増やした6,000円分は丸々元金分への返済に充てられます。

元金が減ればかかる利息も減り、利息が減れば入金額に対する元金分の返済が増えるのでより返済が早まります。

SMBCモビット公式サイト上で行える返済シミュレーションを、10万円の借り入れで4,000円ずつの返済と10,000円ずつの返済で行ってみると、

  • 4,000円ずつの返済:32か月で完済
  • 10,000円ずつの返済:11か月で完済

となります。

返済額は2.5倍となりますが、完済までにかかる期間は3倍の開きがあります。

これだけの返済期間の差があれば、当然ながらかかる利息も変わってきます。

最終的な利息総額がかなり違う

SMBCモビットの返済シミュレーションは使いにくいというか何かイマイチなので、ここでは個人的に分かりやすいと感じているプロミスのシミュレーターを使って計算をしてみます。

プロミス 安全
プロミスは安全?やばいとか悪い噂とかは特にない?

プロミスはアコムと並ぶ消費者金融最大手の一角です。 利用において安全かと言えば当然ながら安全で、金利にしても返済で何かあったときにしても安全です。 業界内でどうなっているかなどは知ることではないですが ...

続きを見る

10万円を18.0%の実質年率で借り入れ、毎月の返済を4,000円ずつと10,000円ずつで進めた場合、最終的な利息総額は以下のようになっています。

  • 4,000円ずつの返済:26,260円の利息
  • 10,000円ずつの返済:9,158円の利息

シミュレーターの違いがあるので参考程度にはなりますが、これだけの利息の差が生まれます。

10万円を借りてのこの金額の差なので、20万円や30万円、さらに大きな50万円などを借りた場合に月々の返済額を増やすと、さらに利息の差は大きくなります。

SMBCモビットで借りる場合、というより他社で借りる場合も含めてですが、カードローンの月々の返済額が増やすようにしたいものなのです。

毎月の負担と最終的な負担も考えて借りたい

SMBCモビットでお金を借りるにあたっては、月々の最低返済額はまず基本としてしっかりと確認をする必要があります。

いくら借りた場合にいくらずつの返済になるかを知らなければ、借りた後の返済で困ることになるのは言うまでもありません。

合わせて確認をしたいのが、その返済額に余裕が持てるかどうかです。

余裕を持った返済計画で借りられればSMBCモビットの毎月の返済、月々の返済額で困ることもなくなるので、毎月の負担、そして最終的な負担も考えるようにしなければなりません。

一言でいうなら、「ご利用は計画的に」というわけです。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく便利に利用ができるのが大きな特徴です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-SMBCモビット

Copyright© カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト , 2020 All Rights Reserved.