返せる借金と返せない借金を知ってカードローンを適切に利用したい

投稿日:

返せる借金と返せない借金

借金には返せる見込みがあるものの、返せる見込みがないものがあります。

もちろん人によっても変わってくるのですが、返せない借金の仕方をしてしまうと、今後の返済がとにかく苦しくなります。

お金がないとなるとカードローンにすがりたくもなるものですが、その借金、本当に返せるかどうかはよく考えるようにしておかなければなりません。

返せる借金とはどういったものか

繰り返しになりますが、あくまで人によります。

それでもカードローンにおける返せる借金というものは、毎月の支出以上にお金が出ていってしまい、今だけお金が足りないときに借りるものです。

例えば冠婚葬祭が続いた場合。

冠婚葬祭がこれからずっと毎月のように立て続けで入るとは考えられず、来月になれば普段通りのお金の流れになります。

それであれば、今月を乗り切るためだけに必要な金額をカードローンで借りても、来月以降に返せる見込みが十分にあるというわけです。

来店不要で最短30分融資!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

返せない借金はお金がない状態が続く場合

対して返せない借金、返すのに苦労をする借金は、お金がないのが今だけでなく今後もずっと続きそう、いつになればお金に余裕ができるか分からないときに借りるものです。

いくつかの例が考えられますが、収入や普段の支出に対して借り入れが多すぎて、既に返済が苦しくなっている場合。

返済によってお金がなくなったからといって新たに借りても、翌月以降はさらに返済が苦しくなります。

それを繰り返していればいつかは返済が滞ることになり、返せない借金となってしまうのです。

カードローン 払えない
カードローンが払えないときの最善の対処法は知っておくべき

お金を借りたのはいいものの、返済ができなくなってしまって払えなくなったとき、どうすべきなのかは知っておきたいところです。 お金を借りる際には返済をしっかりと考えて借りる場合がほとんどで、払えないときに ...

続きを見る

収入が激減するなどの場合にも注意が必要

転職などによって収入が今までよりも大幅に減ってしまった場合、これまでの生活水準を保つために借金をすることもあるかもしれません。

しかしこれは危険で、返せない借金になる可能性が高いです。

収入が激減した中での生活は今後のお金のやりくりにとにかく苦労をするもので、いつになったらお金に余裕ができるかは見えてはきません。

そんな状況でその場しのぎのカードローンによる借り入れを利用しても、何も解決も改善もせず、ただただ来月以降の返済が負担になるだけです。

カードローンによる借り入れは返せる借金のときに限る

カードローンは生計費の範囲内であれば資金使途は問われていないので、

  • 生活費
  • 支払いのお金
  • 趣味や買い物のお金
  • 何らかの目的を持った借り入れ

などなど、自由に使えます。

生活費として借りるとしても、上で触れたように毎月のように足りないならカードローンは危険です。

突発的にお金が多く出ていってしまったときの、一時的に足りなくなった生活費を借りるならカードローンは便利です。

また、毎月の生活には問題はなくても、急に数十万円の教育資金が必要になったなどの場合であっても、返せる借金である可能性が高いのでカードローンは役立ちます。

教育資金 カードローン
教育資金を借りるなら金額次第で教育ローンではなくカードローンもあり

入学金や留学費用など、まとまった金額での教育資金が必要なら、銀行などで借りられる教育ローンが便利です。 金利も低く目的が定まっている分だけ利用がしやすいですが、そこまでの金額ではない教育資金の借り入れ ...

続きを見る

生活を助けるものとは考えないほうが良い

カードローンでは生活は改善できない

カードローンは生活費を目的として借りる方が多いです。

生活費として借りられるなら、カードローンは生活に困ったときに頼りになるサービスと感じてしまいがちですが、カードローンは今後の生活を助けてくれるものではありません。

今後の生活ではなく、今の生活やお金のピンチを助けてくれるものに過ぎません。

常にお金がないなら借りてもお金がないまま

収入に対する支出が多すぎてお金がない状況が続いているなら、カードローンでお金を借りたところでどうにもなりません。

例えば収入が毎月20万円で以下のような出費がある場合。

  • 家賃:10万円
  • 光熱費:1.5万円
  • 携帯代:1万円
  • 食費等:5万円
  • その他:2万円

毎月に残る金額は5千円です。

ここをもうちょっと余裕を持たせたいからと、カードローンでお金を借りても何にもなりません。

翌月以降に数千円~の返済金額が乗っかってくるので、ただ単に負担が増えるだけで何も改善はされません。

カードローンは金銭的な生活苦を改善するものではないのです。

普段以上にお金が出てしまったしまったときに使う

これも繰り返しになるのですが、カードローンは一時的にお金を使いすぎてしまった、お金が出ていってしまったときに役立ちます。

本来は毎月の生活が無理なく進められていたとしても、お金を使いすぎればその月、または翌月は苦しくなるものです。

簡単な例を挙げてみると、毎月20万円の収入で以下のような出費がある場合。

  • 家賃:9万円
  • 光熱費:2万円
  • 携帯代:1万円
  • 食費等:3万円
  • その他:2万円

出費の合計は17万円で、毎月に3万円は余裕があります。

しかし、結婚式が重なるなどして追加で5万円のお金が必要になれば、その月の出費は合計して22万円になってしまいます。

収入に対して2万円がオーバーしてしまいますが、その分をカードローンで借りても返せる借金となります。

来月にまた結婚式が重なるなどがなければ、普段通りの生活で3万円は余るので返済も余裕をもって行えるためです。

カードローンは、本来はこういった使い方をすべきなのです。

冠婚葬祭に限らずお金を使いすぎたときにも役立つ

冠婚葬祭のような仕方がないもの以外でも、遊びに夢中になってお金を使いすぎてしまった、ちょっと買い物をしすぎてしまった、勝負をかけて負けてしまった。

その結果として生活費が一時的に足りなくなったのであれば、カードローンで足りない分だけ借りるのは返せる借金、良い借金とも言えます。

ただ、逆パターンの遊ぶためのお金欲しさにカードローンで借りるというのは、できれば避けたいところです。

遊ぶお金で借りると際限なく使う可能性

遊ぶお金欲しさにカードローンを利用してしまうと、限度額いっぱいまで無駄遣いのためにお金を借りてしまうことがあります。

逆にお金を使ってから借りるなら、足りない分だけの借り入れに留められることが多いです。

使いすぎてしまって給料日までの生活費が2万円足りないなら、2万円だけ借りれば良いためです。

借りる金額、必要な金額を明確に決めてから借りるのなら問題はないのですが、遊びでお金を使いたいからといって借りると、限度額いっぱいまですぐに借金が膨らみます。

返せる借金としてのカードローン利用を心掛けたい

カードローンは消費者金融にしても銀行にしても、生活が改善されるものではありません。

一時的な出費をカバーするのが主な用途となるので、カードローンで借りて延々と続く生活苦から抜け出すというのはハッキリいって無理です。

そのような使い方では返済が負担になり、さらに生活が苦しくなるだけなので、それなら借りないほうがマシです。

返せない借金を重ねても何にもならないので、返せる借金としてのカードローン利用を心掛けたいものです。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
30分

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

アイフル

アイフル

申し込み後に受け付け完了メールが届いたら、専用ダイヤルに電話をすると審査を優先して進めてくれます。急ぎの方には助かる、独立系消費者金融ならではの対応が魅力です。初めて借りる方は契約翌日から30日間が無利息で、利息を抑えたい方にもおすすめです。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
25分※
最短
25分※
※Web申し込みの場合

-雑記

Copyright© カードローンやキャッシングを知ろう , 2021 All Rights Reserved.

   プロミス
   プロミス