民法改正による成年年齢の引き下げで18歳からでもカードローンは借りられるようになる?

民法改正による成年年齢の引き下げで18歳からでもカードローンは借りられるようになる?

これまで成年(成人)と言えば20歳でしたが、2022年4月1日から、民法の改正により18歳からが成年として扱われるようになります。

 

これまでは親権者の同意等が必要であった例えば銀行口座や証券口座の開設、保険の契約なども、これからは18歳からでも自身のみで行えるように変わります。

 

そこで気になるのが、現在は20歳以上の成人の利用となっているカードローンの契約です。

 

現在は未成年では契約が難しいカードローンも、民法の改正によって18歳からが成年として扱われるのであれば、20歳未満でも借りられるようになる可能性はあります。

 

ただ、2022年1月時点ではまだどのような対応になるかは完全に固まっていないので、現時点で分かっていることについてだけまとめてみます。

 

銀行のカードローンは20歳以上で変わらずか

18歳以上から銀行口座の開設が本人のみで行えるようになる銀行も、カードローンに関しては少し違った対応になりそうです。

 

日本経済新聞の「18歳からカードローン、大手銀行は見送り 民法改正でも」のページにある通り、大手銀行は民法の改正があっても20歳以上の利用という点に変更はないとしています。

 

成人の年齢が20歳から18歳以上となる改正民法の施行を今年4月に控えるなか、大手銀行は親の同意がなくてもカードローンを利用できる緩和策を見送る方針を決めた。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB0516R0V00C22A1000000

 

理由としては、18歳以上を成年とするとはいっても、生活基盤が不十分であること、返済能力を超える貸付に繋がってしまう懸念を考量してとのことです。

 

銀行は大体は大手も地方も足並みを揃えるものなので、大手銀行だけでなく全国各地の地方銀行も大体は同じ対応になるものと考えられます。

 

ただ、無担保で資金使途を問わないカードローンではなく、用途が明確な目的ローンの場合には話が変わりそうです。

 

18歳から住宅ローンとなるとさすがに無理がありますが、例えばマイカーローンや教育ローンなどの使途が明確になっているローンの場合には、18歳~19歳でも利用を認める方針としている銀行があります。

 

3大メガバンクでは、現時点で三菱UFJ銀行と三井住友銀行はその方針のようで、みずほ銀行は検討中となっています。

 

銀行においては民法改正後であっても、無担保のカードローンを18歳から利用をするのは難しい状況はしばらくは変更はなさそうですが、目的ローンなら18歳からでも利用ができるようになりそうです。

 

これであれば、18歳で運転免許を取得して自身で銀行でマイカーローンを契約し、車を購入するということもできるようになる可能性が高いです。

 

消費者金融は対応が分かれそう

現在でも学生ローンなどで18歳以上からの貸付を行っているところもある消費者金融は、各社各サービスによって対応は分かれそうです。

 

とはいえ、大手消費者金融であれば大体は同じ方針としてくると考えられます。

 

例えばプロミス、アイフル、SMBCモビットは利用対象を20歳以上のままとしている中で、アコムだけ18歳以上からOKとするのは考えづらいです。

 

ただ、消費者金融は大手以外にも中小金融があり、これらは民法改正に合わせて18歳以上からの貸付に動いてくるかもしれません。

 

根拠としては、日本貸金業協会が行った貸金業者向けの調査「若年層の顧客に対する 貸付方針・取組状況等に関する調査結果(案)」によります。
https://www.j-fsa.or.jp/doc/material/report/211015.pdf (PDF)

 

同調査の2021年10月15日分においては、およそ4社に1社は18歳~19歳を貸付の対象にすると回答をしています。

 

民法改正による成年年齢の引き下げで18歳からでもカードローンは借りられるようになる?

 

今回調査分の「18歳から19歳 一般の顧客」に対しては、25.0%が「貸付の対象とする」と回答をしています。

 

逆に「貸付の対象としない」のはおよそ半数の49.3%。

 

前回調査とは「貸付の対象とする」、「貸付の対象としない」がどちらも増えており、「未定」が減っていることで、少しずつ各社の方針も固まってきているものと考えられます。

 

学生となると中小でも貸し渋りそうなものですが、18歳以上で仕事に就いている方、安定した収入を得ている方であれば、借り入れ先を選ぶことでお金は借りられるようになる可能性があります。

 

大きな金額を借りるのは難しくなりそう

消費者金融なら、借り入れ先を選ぶことで18歳以上の方でも借りられるようになる可能性がありますが、借りられる金額についてはだいぶ少額に抑えられることも考えられます。

 

同調査内にある「利用限度額の設定」の回答を見てみると、37.1%が18歳~19歳の顧客へは「利用限度額を通常より低く設定する」という方針になっています。

 

民法改正による成年年齢の引き下げで18歳からでもカードローンは借りられるようになる?

 

もともと消費者金融は初回契約時の限度額が大きくは出にくいですが、それがさらに低くとなると、18歳~19歳の方は5万~10万円程度の限度額になることが多くなるかもしれません。

 

10万円の限度額が出ることもそこまで多くないことも考えられ、それこそ5万円まで、利用状況等に応じて増額という流れになる可能性が高そうです。

 

増額によって限度額を上げるのは現在でも同じとは言っても、スタートとなる限度額に違いがあります。

 

増額幅もそこまで大きくならないことも考えられるため、18歳~19歳の方が借りられるようになるとしても、まとまった金額をカードローンで借りられるとは考えないほうが良いでしょう。

 

18歳から借りられるようになるとしても気を付けたい点

民法改正による成年年齢の引き下げで18歳からでもカードローンは借りられるようになる?

 

消費者金融では借り入れ先によっては18歳以上から借りられるようになりそうですが、以下の点には注意をしておきたいものです。

 

借り入れの資金使途
返済の計画
借りすぎ
これらは年齢問わずにカードローンやキャッシングの利用者全員が気を付けるべきことですが、18歳以上などの若い世代の方が利用をする場合には、特に気を付けるようにしなければなりません。

 

資金使途に関してもそのお金は本当に必要なものなのか、借りてまで使う必要があるのかについてはよく考えることが求められます。

 

また、怪しいもののためにお金を借りようとしていないか、このあたりは特に気を付ける必要があります。

 

「若年層の顧客に対する 貸付方針・取組状況等に関する調査結果(案)」内でもこれらの調査を行っており、

 

18~19歳の一般の顧客を貸付対象とする者の24.4%(21者)、学生の顧客を貸付対象とする者の28.6%(12者)において、マルチ商法や詐欺商法にかかわっていないかの確認を実施すると回答している。

 

としていますが、正直、確認をする割合が少なすぎると感じます。

 

現在はSNS等を通じてマルチ商法や怪しい情報商材への入り口が非常に多くなってしまっているため、こういったもののためにお金を借りるということは絶対に避けなければなりません。

 

SNSで蔓延るサイドビジネスや怪しい投資、投機話、儲かっていると謳う札束画像や銀行口座の残高画像は全て嘘とも言えるため、これらに引っかかってカードローンやキャッシングを利用する、ということは絶対にないようにしてください。

 

返済計画や借りすぎにも気を付ける

「ご利用は計画的に」の言葉の通り、カードローンの利用は計画的でなければなりません。

 

借りるなら返済の計画はしっかりと立てるようにして、無理のない範囲で借りないと自身が苦しむことになります。

 

特にカードローンは金利が高いため、余計な借り入れを重ねてしまえば利息が膨れ上がり、払っても払っても利息ばかりでなかなか完済が見えないという状態に陥ります。

 

この状態になるとお金が苦しくなって他から借りて気が付けば借りすぎ、多重債務ということにもなりかねないので、若さ故の勢いで多く借りないように、しっかりと計画を持って利用をすることを心掛けてください。

 

甘く考えて軽い気持ちで借りて、返済ができなくなって信用情報に傷が付いてしまうと、その後の何年もの期間に渡ってカードが作れない、ローンが組めないということになります。

 

これはカードローンに限らず、本体代金の分割払いを含む携帯電話料金の支払いにも同じことが言えます。

 

例えば、18歳で借りて返済ができなくなり、債務整理でも親に肩代わりをしてもらうでも何でも借金のカタが付いたのが23歳のときだとすると、そこから5年間は新たなカードを作ることも、ローンを組むこともできません。

 

28歳ぐらいまではその状態となってしまうので、結婚をして家を買おう、建てようとしても、住宅ローンは組めないという絶望的な状態に陥ります。

 

カードローンやキャッシングにはそういった危険性、リスクもあるということは知った上で、18歳から利用ができるようになったとしても、しっかりとした計画を持って利用をするようにしてください。