クレジットカードの増枠・増額ができないけどもうちょっとカードを使いたい場合

更新日:

クレジットカード 増枠 できない

クレジットカードを使いたいけど枠いっぱい、そうだ増枠をしようと思って連絡をしても、増枠ができない、断られてしまうということもあります。

クレジットカードの利用枠は増枠、増額ができるとはいっても、誰もが必ずできるというわけではありません。

利用状況によっては増枠が断られる、増枠ができないということもよくあります。

増枠ができなければそのカードではどうにもならない

増枠ができないとなってしまうと、現状ではそのカードを使って今以上の枠を使うということができません。

ショッピング枠にしてもキャッシング枠にしても使えないものは使えないので、状況が変わるまで待つか他の方法を考えるしかありません。

状況が変わるまで待つといっても、なかなかに果てしないものがありますが。

それであれば、あまり積極的におすすめはできないものの、他のカードを一時的に作るといったほうがまだ現実的です。

ここから申し込みで最短30分審査!

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

増枠ができなくても他のカードなら作れる可能性

クレジットカードの増枠が断られる理由はいくつか考えられますが、以下に該当をしていなければ他社カードなら作れる可能性が十分にあります。

  1. カードの支払いができていない
  2. 何社も何枚もカードを持っている
  3. キャッシング枠利用が年収の3分の1ある

どれか一つでも該当をしてしまっている場合には、他社で新たにカードを作るというのは難しいです。

3番に該当をしている場合でもショッピング枠だけならカードが作れる可能性はゼロではないものの、まぁ正直なところはかなり厳しいです。

逆にこれらに該当をしていないなら、増枠や増額ができない、断られたといった後でも気にしなくて大丈夫です。

どういう用途でカードを作るかを考えてみる

そもそもの話になりますが、クレジットカードの増枠をしようとした理由は何でしょうか?

  • 買い物をしたくてショッピング枠をもっと使いたかった
  • 公共料金のクレカ引き落としが近いけど枠がない
  • キャッシング枠をもうちょっと使いたかった

大体このあたりだとは思います。

というかクレジットカードの利用なのでこのあたりしかないのですが、これであれば何もクレジットカードにこだわる必要はなかったりもします。

買い物にしても公共料金の支払いにしても、現金があればいいだけです。

キャッシング枠は言うまでもなく。

それであれば、ショッピング利用が主となるクレジットカードではなく、現金として借りられるカードローンを利用してみるというのも一つの方法です。

カードローンなら増枠が断られた後でもOK

増枠落ちでも借りられるカードローン

カードローンの審査はクレジットカードとは異なります。

全てが利用者側に有利になるように異なるわけではなく、例えば

  • カードローンは収入がないとダメ
  • 他社で借りすぎているとダメ
  • 在籍確認が取りづらいとダメ

などなど、厄介な点があるのも事実です。

ただ、アルバイトやパートの方などでも、年収としては多くなくても安定した収入を得ていればカードローンは利用可能です。

プロミス 年収
プロミスは年収いくらならお金が借りられる?嘘をついても審査に通らない!

プロミスでお金を借りるためには安定した収入が必要不可欠です。 ただ、安定した収入とはいくらを指しているのかは、プロミス公式サイトを見ても明記はされていません。 あくまで「安定した収入」としか書かれてい ...

続きを見る

他社で借りているとしても、総量規制で定める年収の3分の1までの借り入れに達していなければ良いだけなので、多少の借り入れなら問題ありません。

ちなみに、ここで言う他社借り入れにはクレジットカードのショッピング枠は含みません

ショッピング枠とちょっとのキャッシング利用なら問題なし

クレジットカードの増枠はできなかったけど、利用をしているのは主にショッピング枠。

キャッシング枠はあるし使ってるけど年収から見れば大した金額ではない、そんな方であれば問題ありません。

ちょっとした例を挙げてみると、

年収 ショッピング枠 キャッシング枠
200万円 30万円 20万円

この場合であれば、カードローンの審査における「他社での借り入れ」はキャッシング枠の20万円だけです。

とは言え、ショッピング枠の利用も信用情報機関を通じて審査の際に見られるので、ショッピング枠の利用は審査において一切無関係、ということはありません。

あくまで総量規制で定める年収の3分の1までの借り入れには含めないというだけですが、それがカードローンの審査では大きな役割を持っています。

総量規制とは
総量規制の基本を知ろう!総量規制を超えてお金は借りられません

「総量規制」というもの、カードローンやキャッシングの利用を考えると必ずと言ってもいいほどに目にする言葉です。 このサイト内でも色々な記事に「総量規制が~」などと書いていますが、総量規制についての基本を ...

続きを見る

総量規制にかからなければカードローンは利用できる

現在におけるカードローンの審査に落ちる大きな理由は、

  1. 総量規制でダメ
  2. 他社への返済ができていなくてダメ
  3. 破産などの債務整理履歴があってダメ

これらがほとんどです。

ショッピング枠だけのクレジットカードを作る場合においては、2番以外は何とかなるカード会社もあります。

それでもどれも審査では不利になる内容です。

カードローンにおいても同じで、これらに該当をしていないならカードローンは利用できる可能性が高まります。

クレジットカードの増枠ができない、増額が断られた、クレジットカード自体が作れなかったという方でも、カードローンならOKとなることも十分にあり得ます。

クレジットカードよりカードローンのほうが便利な場面も多い?

クレジットカードより便利なカードローン

クレジットカードはショッピングや、サブ的にキャッシング枠の利用となりますが、カードローンは現金としてお金を借りるだけの使い方となります。

クレジットカードは色々なお店や支払いに使えるので便利に感じるものの、それでも最強なのは現金です。

現金さえあればどこで買い物をするにも、どこで支払いをするにも対応可能です。

また、カード払いが利用できない結婚式のご祝儀などにおいても、現金で借りられるカードローンなら対応ができてしまいます。

カードローンって高いんじゃないのという間違ったイメージ

そうはいってもカードローンは金利が高い、クレジットカードより支払いがキツくなると感じている方もいるかもしれません。

それは間違っています。

クレジットカードの金利であるリボ払い手数料もカードローンの金利や実質年率は、どちらも大きな違いはありません。

以下は主なクレジットカードのリボ払い手数料とカードローンの金利、実質年率を比べたものです。

カード 金利(実質年率)
楽天カード 15.0%
ヤフーカード 18.0%
ニッセンマジカルクラブカード 13.2%・18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

下3つのプロミス、アコム、SMBCモビットがカードローンとなりますが、どこも大して変わりません。

それに、ここに出している金利手数料はクレジットカードのショッピング枠利用時のリボ払い手数料です。

キャッシング枠を使った際の金利となる実質年率を見てみると、

  • 楽天カード:18.0%
  • ヤフーカード:18.0%
  • ニッセン:8.95%~17.95%

カードローンと何も変わりがありません。

プロミス 年率
プロミスの年率は4.5%~17.8%でも適用されるのは上限となる場合が多い

プロミスで適用される実質年率は4.5%~17.8%となっており、審査によってどの年率での借り入れとなるかが決まります。 審査の結果が良ければ年率も低く借りられる可能性がありますが、実際にはプロミスで借 ...

続きを見る

クレジットカードの増枠ができないならカードローンも一つの選択肢

カードローンだから特に高いということもなければ、クレジットカードの増枠ができなかった後でも行ける可能性あり。

となれば、増枠、増額が断られらた後のカード利用にはカードローンも選択肢に入ります。

ただ、持つカードが増えればそれだけ返済の負担も大きくなってしまうので、新たにカードを作るなら返済の計画はしっかりと立てるようにしてください。

カードローンを作るなら急ぎの方は消費者金融へ

今のカードローンは消費者金融なら申し込み当日から使えますが、銀行は不可です。

銀行は借りられるまでに長い日数がかかったり、口座開設が必要になったりと面倒ですが、消費者金融なら最短即日でいけます。

カードローン 通帳
カードローンは通帳を作らなくても借りられる!ノンバンク系なら口座開設不要

カードローンでお金を借りる際には、そのためにいちいち通帳を作る必要はありません。 そもそもノンバンク系で借りる場合にはその名の通り銀行ではないため、通帳というもの自体が発行されません。 不要な通帳を作 ...

続きを見る

提出書類も借りる金額が大きくならなければ本人確認書類があればOKなので、多くの書類を用意する必要もありません。

急ぎでお金が必要、クレジットカードの増枠ができなかったけどすぐにお金を用意したいという場合には、大手有名消費者金融のカードローンに申し込みをしてみるのも良いでしょう。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-お金

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2020 All Rights Reserved.

プロミス
プロミス