カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト

消費者金融や銀行のカードローン、キャッシングについて個人的に考えています。

カードローン

カードローンの枠は減額されることもあれば減額することもできる

更新日:

カードローンの枠は限度額の増額によって上がることもあれば、逆に下がる、つまり減額となることもあります。

減額となってしまうと借りられる金額が少なくなってしまい、追加でお金が必要になっても借りられない可能性も出てきます。

条件が悪くなる枠の減額とならないように、カードローンの枠が減額される場合について知っておくと良いでしょう。

カードローン 枠 減額

カードローンの枠が減額される主な原因

カードローンの枠は意味もなく減額されるわけではありません。

枠の減額となる場合でも理由は伝えられないとしても、実際にははっきりとした理由があるものです。

その中でも主な減額理由としては以下のようなものが挙げられます。

  • 他社での借り入れが増えた
  • 収入が申し込み時と比べて下がった
  • 返済などの利用状況に問題がある

どれかに該当をしてしまうと枠が減額される可能性があります。

他社での借り入れは信用情報機関で確認がされる

審査の際に確認がされる信用情報機関の情報は、何も申し込みをした際の審査時のみの確認となるわけではありません。

どのカードローン会社においても契約中も信用情報を定期的に確認をしており、他社での借り入れが増えすぎていないか、返済状況に問題はないかを見ています。

ここで何か引っかかる部分があれば、カードローンの枠が減額されるなどの対応がとられてしまいます。

転職などによって収入が変わった場合も注意

今のカードローンには総量規制があるため、収入が減ってしまうと借りられる総額も少なくなってしまいます。

例えば申し込み時には年収が600万円あったとすると、総量規制で定める年収の3分の1までの借り入れでは200万円までの枠が作れることになります。

しかし、転職等によって年収が450万円になってしまったとすると、年収の3分の1は150万円となるため、ギリギリの範囲で借りていれば枠の減額となる可能性があります。

勤務先の変更を伝えないと利用停止となる場合も

転職をした、収入が変わったとしても、伝えなければ枠の減額にもならないと考えるかもしれません。

しかし、勤務先などの申し込み者に関する情報に変更があった場合には、しっかりと伝えないとカードの利用停止となることもあります。

利用停止となれば今後は借り入れはできずに返済のみ、返済が終われば強制的に解約となる場合もあるので、転職などによって勤務先が変わった場合にはしっかりと伝えるようにしましょう。

収入が変わった場合にも連絡をしなければなりません。その際には収入証明書類が必要となる場合が多いので、予め準備をしておいてください。

返済に関するトラブルは枠の減額に繋がる

一度の返済の遅れですぐに枠が減額されるわけではありませんが、何度も返済に遅れてしまったり、長期に渡る返済の滞納となると枠の減額に繋がります。

カードローンの延滞利息はとにかく高いので返済はしっかりと行うように

カードローンは毎月の決められた返済期日に入金を行いますが、期日から過ぎてしまうと延滞利息として通常の利息よりも高い金額を追加で支払わなければなりません。 ただでさえ返済時の利息負担が大きいカードローン ...

続きを見る

理由としては今の枠のままだと返済が正常に行えないと判断されるためで、返済ができると思われる範囲まで枠が減額されます。

あるいは、返済の状況があまりにもよくない、他社でも返済が滞っているなどの場合には、返済を正常化させても枠が復活せずに利用停止となってしまうこともあります。

枠は減額させることもできる

枠の減額となるとネガティブなイメージがありますが、前向きに自身で枠を減額させることもできます。

枠を減額させるメリットとしては以下のようなものが挙げられ、安心してカードローンを利用したいなら枠の減額も考えてみる価値があります。

  • 借りすぎを防ぐため
  • 他社での枠を増やすため
  • 完済を目指したいため

どのケースにおいても計画的な利用のための枠の減額となります。

枠があるとついつい借りてしまうなら減額をする

カードローンは必要最低限の借り入れに留めるのが鉄則ですが、それでも枠があるとついつい借りてしまい、余計な無駄遣いに繋がるなら減額をするのも手です。

減額をした後でも増額をするためには審査を受けなければならず、一度減額をしておけばそこまでして追加で借りて無駄遣いをしなくても、と思うようにもなります。

他社で好条件で借りられるなら減額も考える

カードローンは借り入れの総額が重要なため、低金利などの好条件で他社で借りられるのであれば、総額を増やしてしまっている高い金利の借り入れ先は減額をするのも良いでしょう。

あるいは好条件で借りられるところへ借り換えるなども考えてみるべきです。

カードローンの返済が苦しいなら借り換えで負担を減らすしかない

来店不要でお金が借りられるカードローンは、便利だからと利用に慣れてしまうと余計な借り入れを重ねがちで、気が付いたときには大きな借金総額になっていたというケースも決して少ないわけではありません。 自分自 ...

続きを見る

追加で借りないための枠の減額

カードローンは限度額の範囲内なら何度でも借りられてしまうので、一度返してもまた借りるを繰り返すといつまで経っても返済が終わりません。

追加で借りてしまう癖があるなら枠を減額し、とにかく返済をしっかりと進められるようにすべきです。

枠の減額は電話でもできる場合がほとんど

カードローンの枠の減額手続きは特に難しいものではありません。

コールセンターへの電話でも行えるようになっている場合がほとんどなので、わざわざ店舗や契約機までいく必要もありません。

枠を減額したいとなったらすぐに連絡をして減額手続きをしておくことで、今後のカードローン利用も安心となります。

枠をうまく調整してより良いカードローンにする

減額と聞くと悪いイメージばかりがあるものですが、自身で行う減額は決して悪いものではありません。

むしろ計画的な利用には枠の減額は良い方法とも言えるので、カードローンを契約したものの借りすぎてしまって困っているなどの方は、枠の減額を積極的に考えてみても良いでしょう。

借り入れ先を探すならココ!
消費者金融人気ランキング
cardloan-time.com

借りられる人気消費者金融を比較
初めての方でも安心の大手業者のみ掲載!

-カードローン

Copyright© カードローン・キャッシングを個人的に考えてみるサイト , 2020 All Rights Reserved.