キャッシングアローって消費者金融は危ない?闇金?株式会社だけどどうなのよ

更新日:

キャッシングアローとは、愛知県名古屋市に本社を置く正規の貸金業者、消費者金融です。

闇金ではなくちゃんとした消費者金融ですが、大手消費者金融と比べると知名度が遥かに低いため、人によっては闇金と勘違いをしてしまうこともあります。

アローのためにもう一度書いておくと、闇金ではありません。

株式会社アローのキャッシング

アローは平成12年設立の株式会社で、消費者向けのキャッシングローンをメインに扱っています。

貸金業法に基づく借り換えローンも商品にはありますが、いわゆる街金に分類されるアローで借り換えをするというのはあまり現実的ではありません。

基本的に少額を借りるキャッシングの利用となります。

アローは何だか不安…という方に

対応する全国の金融機関宛で24時間振込可
50万円までなら本人確認書類だけでOK!

正規の消費者金融で特に危ないということもない

株式会社アローのキャッシングは正規の消費者金融からの借り入れとなるので、特に危ない、危険といったことはありません。

貸付条件を見ても

限度額 200万円まで
実質年率 15.00%~19.94%
延滞利息 19.94%

となっており、特に違法性があるといった部分も当たり前ですがありません。

ただ、大手消費者金融の金利と比べると、上限でいくらか高いかなというのが、いかにも中小消費者金融、街金かなといった印象です。

大手だと金利上限は高くても実質年率18.0%

キャッシングアローの金利は、上限の適用となると実質年率19.94%となります。

大手はプロミスが17.8%、アコムやアイフル、SMBCモビットが18.0%となるので何だか危険、怪しいと感じられるかもしれませんが、アローの金利は法律の範囲内です。

プロミス 年率
プロミスの年率は4.5%~17.8%でも適用されるのは上限となる場合が多い

プロミスで適用される実質年率は4.5%~17.8%となっており、審査によってどの年率での借り入れとなるかが決まります。 審査の結果が良ければ年率も低く借りられる可能性がありますが、実際にはプロミスで借 ...

続きを見る

以下のように10万円未満の貸付であれば20.0%までは金利が取れるので、アローは融資枠次第では最大に近い金利を設定する可能性がある、というだけです。

上限金利

アローだけに限らず、中小消費者金融では上限金利が大手より高くなっているというところはよくあります。

10万円未満の限度額で貸し付ける場合もある、ということです。

最短45分で審査終了!のキャッシングアロー

株式会社アローの公式サイトから商品案内のページを開くと、「最短45分で審査終了!」と書かれています。

この言葉に特に嘘はありませんが、あくまで「最短」だということは頭に入れておく必要があります。

最短(さいたん) の意味:いちばん短いこと。

最短(さいたん)の意味 - goo国語辞書

カードローンで何かと目にする「最短」は、何もその時間が約束されているわけではありません。

何もかもが滞りなくスムーズに進んだ場合であれば、その時間でできるかもしれませんよというだけです。

アローの場合はどうなのか

ネット上の口コミなので本当かどうかは何とも言えませんが、アローの口コミを見てみると

「当日に借りられた」

というものもある中で、

「翌日に2次審査」

「2日目に書類送信」

といったものや、

「3日目に2次審査完了」

などが出てきます。

これらの信ぴょう性は置いておくとしても、アローのような中小の消費者金融は審査回答に数営業日かかることは珍しくないので、大きく間違った内容ではない、とは言えるでしょう。

最短45分で審査完了と謳ってはいますが、実際にはすべての審査が完了するまで数日程度はかかると見ておいたほうが良いです。

アローは提出書類が何かと増える

大手の消費者金融で借りる場合、一定額までであれば収入証明書類は不要で借りられるところが多いです。

ただ、アローで借りる場合、本人確認書類以外にも

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

などなど、いずれも最新のものに限られますが、収入を証明する書類が必要となる場合が多いです。

これはアローで借りる人の状態、大手ではなくアローで借りなければならない人の状態による部分は大きいのですが。

なぜ大手ではなくアローなのかということ

なぜアローで借りるのか

カードローンやキャッシングを利用するなら、誰でもプロミスやアコムなどの大手消費者金融や、低金利の銀行で借りたいものです。

アコムで3万円とか5万円だけ借りたい方へ、アコムは数万円だけでも借りられます

アコムでお金を借りたいけど必要なのは数万円だけ、こんな方も少なくありません。 みんながみんな10万円を超えるような金額が必要なわけではなく、中には1万円や2万円でいいから今日中に借りたいといった方もい ...

続きを見る

でもわざわざ「危ない?」「闇金?」などと不安になるアローを考えなければならないのは、何らかの理由で大手消費者金融や銀行から借りられないからです。

その理由は、

  • 他社での借り入れが多すぎる
  • 過去に返済でやらかしてしまった
  • なぜか分からないけど大手は断られる

などなど。

いずれにしても返済が少し怪しい、アロー側からすればリスクの高い利用者ということになってしまいます。

貸すのはいいけど返済は本当にできるのか、そのためにしっかりと確認をしたいということで、アローでは提出書類が大手に比べると増える傾向にあります。

借り入れが多ければ収入証明が必須になる

これはアローに限らず、消費者金融で借りるならどこでも同じですが、

  • 50万円を超える借り入れ
  • 他社合計で100万円を超える借り入れ

の場合には、収入を証明する書類の提出、確認が貸金業法によって決められています。

他社での借り入れが多すぎて大手では断られる、だからアローのキャッシングを利用したいとなれば、合計で100万円を超えていることが多いです。

そのためにアローで借りる際には、収入を証明する書類が必要になりやすいということもあります。

アローだからといって誰でも借りられるわけではない

大手では借りられない人のアロー、といったイメージですが、たしかにそれは間違ってはいません。

それでもアローなら誰でも借りられる、審査なしでいけると思うのは大きな間違いです。

審査なしカードローン
審査なしでカードローン借りられる?無審査融資で即日お金を借りたい

審査が不安、通るか分からないからと、審査なしのカードローンで借りたいと考える方もいるかもしれません。 最近は異様なまでに長文のサイトが増えていて、知りたいことがどこにあるのか分からず、それでも頑張って ...

続きを見る

アローでも以下に該当をする方は残念ながら利用ができません。

  • 24歳以下、66歳以上の方
  • 年収の3分の1を超えて借りている方
  • 健康保険未加入の方
  • 勤続年数11か月以下の方
  • 他社返済ができていない方
  • 自営業者で収入証明が提出できない方

これは下の画像の通り、キャッシングアローの公式サイト上、申し込みフォームに書かれていることです。

キャッシングアロー 注意

キャッシングアロー公式サイトより

何だか大手よりも厳しいのではないか?と感じられてしまうほどです。

実際の審査基準は大手よりもだいぶ低くなっている傾向にありますが、申し込みのハードルは何だか高く感じられてしまいます。

アローのようなところなら誰でもいけると勘違いをする人もいる

基本的にアローのような中小の消費者金融は、大手では借りられない人の最後の希望ともいえるような位置付けです。

中小なら大手で断られてもチャンスあり、借りられるかも、誰でもいけるのではないかと勘違いをする方もいます。

しかし、いくらアローとは言えども、正規の消費者金融です。

貸金業法は絶対であり、フリーキャッシングで総量規制を超えてお金を貸すことはありません。

総量規制とは
総量規制の基本を知ろう!総量規制を超えてお金は借りられません

「総量規制」というもの、カードローンやキャッシングの利用を考えると必ずと言ってもいいほどに目にする言葉です。 このサイト内でも色々な記事に「総量規制が~」などと書いていますが、総量規制についての基本を ...

続きを見る

また、返済能力を超えた方や、返済ができなくなっている方へもお金は貸しません。

アローとしても無駄な審査の手間を省きたい

上に挙げたNGな項目に該当をする方からの申し込みがあっても、アローとしては審査をするだけ無駄です。

絶対に貸せないわけなので、それなら申し込みから審査までを処理する手間を省くためにも、わざわざ申し込みフォーム上に赤字で目立つように書いているわけです。

それを書いていても当たって砕けろと申し込みをする方もいるので、アローとしてもどうにもならない部分はあったりもします。

どんな人がアローで借りられるのか

じゃあ一体どんな人だったらアローで借りられるのよという話ですが、

  • 借り入れが多くても年収3分の1以下
  • 過去にやらかしたせいで大手は通らない

このあたりです。

総量規制によって年収の3分の1までは借りられるようになっていますが、だからと言って大手では年収の3分の1ギリギリまで貸すわけではありません。

借り入れが増えてくれば審査が厳しくなってくるので、

  • 年収:200万円
  • 借り入れ:50万円

といったような状況では、大手の審査に落とされる可能性も上がってきます。

しかし、3分の1の限度まではまだ少し余裕があるので、こういった状況ならアローで少額なら借りられるかもしれないということです。

また、過去に債務整理などをしている場合もです。

大手ではそれが理由と思われる審査落ちを繰り返すとしても、現状に問題がなければアローなどの中小消費者金融なら借りられる可能性があります。

そもそもどうやってアローで借りるのか

キャッシングアローの使い方

前置きというか余計な話ばかりになりましたが、アローは

  1. Webで申し込み
  2. 審査とか書類送信とか
  3. 振り込みで借りる

というのが基本です。

FAXや郵送でも申し込みができますが、インターネット環境があるならWebで申し込みをしたほうが早いです。

早いと言ってもすぐ借りられるとは限りませんが。

アローの返済についても知っておきましょう

キャッシングのアローの返済について知りたい方は、公式サイト上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

が、それよりも契約事前説明書というものを見たほうが、借り入れ金額に対する返済などが分かりやすいです。

借り入れ金額ごとに決められている返済金額

アローの返済金額は借り入れ金額ごとに決められています。

全部を書くと量が多くなりすぎるので10万円~30万円までとしますが、以下のようになっています。

貸付金 回数 返済金額
10万円 32回 4,000円
47回 3,000円
15万円 32回 6,000円
56回 4,000円
20万円 32回 8,000円
47回 6,000円
25万円 32回 10,000円
52回 7,000円
30万円 36回 11,000円
56回 8,000円

なかなか細かくて難しいのですが、大体こんな感じです。

アローで30万円を借りられるかどうかは別として、仮に借りられた場合は毎月の返済金額も大きくなるので、しっかりとした返済計画が求められます。

返済をした後のアローでの借り入れはどうなるのか

大手の消費者金融の場合、限度額いっぱいまで借りてしまっても返済をすればその分は再び借りられます。

しかし、アローの場合にはそうはいきません。

追加で借りる場合、再度利用をする場合には限度額増額、あるいは再利用の申し込みをする必要があります。

アコム 増額 できない
アコムの増額ができない!増額が断られる理由を知ればお金は借りられる

アコムは契約後に一定の利用実績があれば、限度額を今より引き上げる増額ができるようになっています。 できるとはいっても増額の申請をし、増額審査に通った場合に限られます。 増額申請をしても審査に通らなけれ ...

続きを見る

カードローンではなくフリーローンのような使い方

アローはカードローンではなく、キャッシングのアローです。

カードは発行されず、借り入れは基本的に銀行振り込み、返済も振り込みかアローの店舗で行う、または指定のATMで行うことになります。

審査で決まった融資枠も繰り返し使えるわけではなく、一度に全額が振り込まれ、後は返済をしていくだけです。

フリーローンのような使い方になるので、大手消費者金融のカードローンのような便利さはありません。

アローに限らず、中小消費者金融では多い利用の方法です。

大手で借りられるなら大手で借りるほうが良い

言うまでもないことですが、大手消費者金融で借りられるのであれば、わざわざアローを使う必要はありません。

大手消費者金融も借り入れ先によって審査基準が異なっているので、例えばSMBCモビットで審査に落ちたとしても、アコムでは借りられた、ということも少なくありません。

モビット 審査 落ちた
SMBCモビットの審査に落ちたけど他に借りられるカードローンはある?

SMBCモビットの審査に落ちてしまった方、諦めるのはまだ早いかもしれません。 SMBCモビットの審査に落ちた後でも、借りられるカードローンはあります。 状況次第ではあるのですが、最低限の条件を満たして ...

続きを見る

大手全てから借りている、直近で大手は全滅したばっかりとなるとアローなどの中小消費者金融に行くしかないですが、まだ可能性があるなら大手を試してみるべきです。

ダラダラと長くなった割には無理やりなまとめ方となりますが、まずは大手消費者金融で審査を受けてみて、ダメなら渋々アローを検討するといった考え方で良いです。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
30分

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短1時間融資と借り入れまでも早く、楽天銀行宛なら24時間いつでも振り込み可能です。また、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので、返済面でも安心ができます。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

アイフル

アイフル

申し込み後に受け付け完了メールが届いたら、専用ダイヤルに電話をすると審査を優先して進めてくれます。急ぎの方には助かる、独立系消費者金融ならではの対応が魅力です。初めて借りる方は契約翌日から30日間が無利息で、利息を抑えたい方にもおすすめです。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1,000円~
800万円
最短
25分※
最短
25分※
※Web申し込みの場合

-街金

Copyright© カードローンやキャッシングを知ろう , 2021 All Rights Reserved.

   SMBCモビット
   SMBCモビット