アコムのお金の借り方はATMや銀行振り込みが基本になる

更新日:

アコム 借り方

アコムには様々なお金の借り方が用意されていますが、基本となるのはATMや銀行振り込みでの借り入れです。

どちらも申し込み当日に最短即日で利用ができ、すぐにお金を借りたいときでもアコムなら対応可能です。

ただ、それぞれの借り方にはデメリットや注意点もあるので、予めしっかりと確認をしておくと良いでしょう。

3行で分かるこの記事の内容

  • アコムはATMか振り込みで借りるのがメイン
  • 振り込みで借りるなら時間に注意
  • アコム以外に早くに借りられるところ

アコムの借り方①「ATMでの借り入れ」

アコムの借り方としてまず挙げられるのが、ATMでの借り入れです。

ATMでアコムのカードを使ってお金を借りる方法となり、ATMの稼働時間、カードの利用可能時間であれば、いつでもお金が借りられるのが大きなメリットです。

アコムのカードが使えるATMも数多くあり、アコムの店舗や契約機に併設されているアコムATM以外にも、

  • コンビニの提携ATM
  • 全国の金融機関の提携ATM
  • アコムマークのある提携ATM/CD

などが対応をしています。

身近にあるコンビニや銀行の提携ATMでも、お金が借りられるのは大変便利です。

ここから申し込みで最短30分審査!

楽天銀行宛なら平日も土日も24時間振込
初めての方でも安心「はじめてのアコム」

アコムの借り方②「銀行振り込みでの借り入れ」

次に挙げられるのが、指定口座への振り込みによる借り方、借り入れです。

アコムで契約後、会員専用メニューなどから振り込みの指示ができ、最短でその日のうちに口座にお金が振り込まれます。

振り込み先金融機関が狭く限られるということもないので、来店不要でのお金の借り方となると銀行振り込み、ということになります。

ATMで借りる場合の注意点

便利にお金が借りられるアコムですが、それぞれのお金の借り方にはデメリット、注意点もあります。

まずはATMでの借り方から。

ATMでお金を借りる、または返す場合には、アコムATM以外の提携ATM利用時には手数料がかかってしまいます。

一度あたりにかかる手数料は100円か200円と消費税になり、それなりの金額での無駄な出費となります。

金額 毎月
1万円以下 100円と消費税
1万円超 200円と消費税

アコムATMを利用したお金の借り方なら手数料はかかりませんが、アコムATMはアコムの店舗や契約機にしか併設されていません。

手数料をかけたくないからとわざわざ店舗や契約機まで行くのも面倒で、交通費をかけてしまっては意味がないので、提携ATMの利用手数料だけは気にしておく必要があります。

アコム 窓口
アコムの窓口はどこにある?店頭窓口でできること

一昔前は、それこそ街を歩けばいくらでもアコムをはじめとする消費者金融の窓口を見かけたものです。 しかし、現在はグレーゾーン金利の廃止や総量規制の施行などによる業績の悪化に伴い、各社各サービスとも有人の ...

続きを見る

銀行振り込みで借りる場合の注意点

対して銀行振り込みでのお金の借り方なら、余計な手数料はかからない良さがあります。

振り込み手数料が差し引かれることなくそのまま振り込まれますが、振り込みには対応可能時間がある点がデメリットとなります。

アコムの場合、楽天銀行宛であれば平日も土日も24時間、ごく一部の時間帯だけ除けば1分程度で振り込みが可能ですが、その他の金融機関宛だとそうはいきません。

例えば、

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

の場合、平日であれば夜間でも当日中に振り込めるようにはなっているものの、土日祝日の夜間振り込み手続きは翌営業日の扱いとなってしまいます。

また、その他の銀行の場合には夕方で当日中の扱いを締め切ってしまうので、銀行振り込みですぐ借りたいとなっても、時間によっては翌営業日にならないと借りられないのです。

ゆうちょ カードローン
ゆうちょ銀行の口座でお金を借りるカードローンやキャッシングはある?

身近にある郵便局のゆうちょ銀行の口座を使ってお金を借りることは、結論から言えばできます。 ただ、ゆうちょのカードローンやキャッシングといったものは存在しないので、あくまでゆうちょ銀行の口座を使ってお金 ...

続きを見る

状況によってどのような借り方が良いかを変える

選べるアコムのお金の借り方

アコムでは何も契約時にお金の借り方を固定するわけではありません。

契約後、カード受け取り後であればアコムATMや提携ATMで借りても、銀行振り込みで借りても自由です。

使い分けができるようになっているので、今の時間やいつまでに必要かなどによって、アコムでのお金の借り方を変えると良いです。

とにかく急いでいるなら手数料をかけてでも提携ATM

銀行振り込みが使えない時間帯でとにかく急ぎでお金が必要なら、手数料をかけてでも提携ATMを利用するしかありません。

最寄りのアコム店舗や契約機があり、近くにアコムATMもあるならそれを使うのも手ですが、なければコンビニなどの提携ATMを使う以外にすぐ借りる方法はないです。

アコム 最寄り
アコムの最寄りの自動契約機で手続きをする利点と欠点について考えてみる

アコムは言わずと知れた大手の消費者金融です。 消費者金融=アコムとイメージするほどにその知名度は高く、お馴染みのフレーズ「はじめてのアコム」は大人だけでなく子供ですら口ずさむほどです。 そんなアコム、 ...

続きを見る

急ぎでなければ銀行振り込みが便利

そこまで急ぎではない、明日までには借りられれば問題ないというのであれば、手数料がかからない銀行振り込みは便利です。

ただ、いくら急ぎではないとは言っても、明日の朝一番でお金が欲しいとなると間に合わないかもしれません。

アコムの時間外の振り込み手続きは、すべて翌営業日の朝9:30頃の扱いです。

朝9時までに必要、10時までにはお金を引き出して備えたいといった場合には、9:30頃の入金では間に合わない可能性があるのです。

手数料はかけたくないけどすぐ借りたいならどうするか

アコムATMは近くにない、銀行振り込みで手数料をかける借り方は嫌だとなれば、時間によってはアコムではない他の借り入れ先を考えてみる必要があります。

例えばアコムとよく比較がされるプロミス。

プロミスでは全国の非常に数多くの金融機関宛で、契約後は原則24時間最短10秒で、振り込み手数料無料の借り入れが可能となっています。

また、アプリローンを使った一部提携ATMでのカード不要の借り方もできるので、アコムではすぐに対応が厳しい時間でもプロミスなら対応が可能となる状況も多々あります。

プロミス アプリローン
プロミスのCMでやけに推してるアプリローンって何?スマホでATMからでもお金が借りられるサービスです

プロミスのCM、昔は「黄色い看板プロミス」やら「いらっしゃいまし~ん」やらと色々とありましたが、今は「アプリローン」を推しています。 CM内容がよく分からない、うざいなどと感じ方は人それぞれですが、そ ...

続きを見る

それでもアコムで借りたいなら

それでもアコムがいい、「はじめてのアコム」以外は考えれないというなら、とにかく早めに申し込みをしてください。

早くに申し込みをしてサッと契約を済ませておけば、当日中の借り入れが間に合うようにもなります。

アコムは審査が最短30分、借り入れまで最短1時間と早くはなっていますが、それでも審査や契約には時間がかかる場合があります。

多少は手間取っても問題がないように、当日中にアコムで借りたいなら早めの申し込み、早めの手続きが欠かせないのです。

よく見られているカードローン

プロミス

プロミス

契約後は対応する金融機関宛で平日も土日も、原則24時間最短10秒での振り込み融資も可能です。振り込み以外にもスマホアプリを使って提携コンビニATMでお金が借りられるなど、とにかく早く借りたい方からの人気が高くなっています。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
最短
1時間

SMBCモビット

SMBCモビット

Web完結の申し込みなら電話なし、郵送物なしで契約ができます。本人宛には確認のための連絡が入る場合がありますが、勤務先への電話はありません。周りに知られずに借りたい方には特におすすめです。
※審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日

アコム

アコム

「はじめてのアコム」の通り、初めての方にも人気のカードローンです。最短30分審査、最短1時間融資と借り入れまでも早く、初めての方なら契約翌日から30日間は金利ゼロになるので返済も安心です。また、楽天銀行宛の振り込みなら24時間いつでも対応が可能です。

実質年率 限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答
最短
1時間

-アコム

Copyright© 審査通らない?最短で借りられるカードローン , 2020 All Rights Reserved.

プロミス
プロミス